FC2ブログ

S.H.MonsterArts/ゴジラ(2019)

DSC_0057_20200118095537a4a.jpg
王の覚醒。
S.H.MonsterArtsから、ゴジラ(2019)を紹介。
2019年に公開された「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に登場したゴジラを立体化したこのアイテム。ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏によって映画のデータ資料を元に精密な造形を施され、さらにS.H.MonsterArtsの可動機構を生み出してきた細川満彦氏の手により、プロポーションを崩すことのない可動を実現。
パーツの差し替え無しで、ポスタービジュアルのように頭部を上に向けることが可能です。
熱線エフェクトパーツも付属し、劇中で印象的な天に向かって熱線を吐くポーズも可能。

DSC_0043_20200118095654fe0.jpg
フロントビュー。
どっしりとした日本のゴジラに近づいたプロポーションを精密な造形で再現しています。
体表のディテールの精密さや、日本のゴジラに近づいた背びれの形状などの再現度は高いです。

DSC_0044_20200118095655cd1.jpg
リアビュー。

DSC_0045_20200118095658af1.jpg
真正面から見た図。
尻尾は節ごとに分割され、ボールジョイントで動きをつけることが出来ます。

DSC_0046_20200118095702dda.jpg
DSC_0047_202001180957064a0.jpg
口は開閉可能。

DSC_0051_20200118095713f00.jpg
各部関節が自由に可動。
口や首、腕の関節が可動することで劇中同様の王としての存在感を再現可能です。

DSC_0052_20200118095716b65.jpg
首は大きく上に向けることで、劇中で印象的な熱線を天に向かって吐くポーズも再現可能。
ここまでの可動域を確保しながら造形は崩れていないのが流石の技術。

DSC_0054_20200118095716833.jpg
差し替え用の顎パーツが付属し、熱線エフェクトパーツと組み合わせることが可能。

DSC_0055_20200118095715ab2.jpg
熱線エフェクトパーツには3mm経の穴が開いているので、魂Stageで保持することも出来ます。

DSC_0058_20200118095716ff3.jpg
というわけでS.H.MonsterArtsのゴジラ(2019)でした。
映画のデータ資料を元に、精密な造形が施されたこのアイテム。
怪獣の「王」として君臨するその姿をアクションフィギュアとして自然に立体化しており、動かすことでその迫力はさらに頂点に。シエルエットを崩すことなく仕込まれた関節パーツで、天空に向けて熱線を放つポーズや尻尾を振り回すポーズなども違和感なくキマリます。

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
あるはずの正義を探して、荒野を羽撃くおもちゃ好き。

当ブログはリンクフリーです。

リンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR