FC2ブログ

S.H.MonsterArts/ゴジラ(2014)

DSC_1086_20190331113856893.jpg
世界が終わる、ゴジラが目覚める。
S.H.MonsterArtsから、ゴジラ(2014) を紹介。

2014年に公開されたハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」に登場したゴジラを立体化したこのアイテム。ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏によって映像のイメージを取り入れつつ日本のゴジラを思わせるボディバランスで造形されているのが特徴です。
体表のディテールなどは緻密に再現され迫力満点。
広い可動域で劇中の咆哮シーンなどのポーズを再現することが可能です。
後にリペイントアイテムとしてブルーレイディスク特典のポスターイメージカラーver.や、魂ウェブ商店限定で背ビレの発光を再現したSpit Fire Ver.などが発売されました。

DSC_1080_201903311142282b3.jpg
フロントビュー。
プロポーションは下半身がどっしりとした、日本のゴジラを思わせるバランスに。
体皮や爪、背びれの造形も非常にシャープなものに。

DSC_1081.jpg
リアビュー。
尻尾は節ごとにジョイントで可動しますが、保持力が低く垂れ下がってしまいます。
後に発売されたリペイントアイテムでは改善されていたので、初版ならではの欠点。

DSC_1083_2019033111423223c.jpg
正面から見た図。

DSC_1084.jpg

DSC_1085_20190331114236a67.jpg
口は開閉可能。舌も独立して可動します。

DSC_1090_20190331114238504.jpg
各部関節が自由に可動。
口や首、腕の関節が可動することで迫力の咆哮シーンを再現可能です。

DSC_1091_201903311144506da.jpg

DSC_1094.jpg

DSC_1095_20190331114456e76.jpg

DSC_1097_201903311145018f6.jpg
Spit Fire Ver.に付属する熱線でMUTOの体内を焼き尽くし頭部をもぎ取った手首を使えば、MUTOを倒したラストバトルを再現可能。

DSC_1099_2019033111450167a.jpg

DSC_1100_20190331114504260.jpg

DSC_1101_201903311145045ed.jpg
というわけでS.H.MonsterArtsのゴジラ(2014) でした。
尻尾の垂れ下がりなどはやや難点ですが、日本のゴジラを意識したボディバランス、精密なディテール、広い可動域など怪獣アクションフィギュアとして優れた出来栄えになっています。

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こそこそ生きるおもちゃ好き。

新しい記事は写真をクリックすると大きなサイズで見ることが出来ます。

当ブログはリンクフリーです。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ブログはリンクフリーなのでリンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

相互リンクをご希望の方はブログ拍手からご連絡いただければ追加致します。

コメント欄クローズについてご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
25位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR