FC2ブログ

ULTRA-ACT/キンググリッドマン

毒ガスなんてかまうもんか!さっき弱気になるなって言ったろ!

これ以上カーンデジファーの思い通りにさせるわけにはいかない!

早くあの怪獣を倒さないと俺たち…いや人類が滅ぼされてしまうかもしれないじゃないか!

直人…私も覚悟はできている!

キングジェットが鎧になるのね!

ああ、それがグリッドマンを守る!


DSC_0091 (2)
「合体竜帝!キンググリッドマン!!」
ULTRA-ACTから、合体竜帝キンググリッドマンを紹介。
別売りのULTRA-ACT/グリッドマンと組み合わせてキンググリッドマンを再現できるアイテムです。
単体でディスプレイできる非可動素体も付属。
魂ウェブ商店限定販売されたアイテムで、2013年8月に発送されました。

1993年に放送された円谷プロダクション創立30周年記念作品「電光超人グリッドマン」から、グリッドマンとアシストウェポン・ダイナドラゴンが分離したキングジェットが合体して誕生する合体竜帝キンググリッドマンをアクションフィギュアとして再現したこのアイテム。
別売りのULTRA-ACT/グリッドマンにアーマーを着せることで竜帝合体を再現。
劇中の合体バンクを再現できる合体再現用頭部パーツや、胸から放たれる必殺の炎、キンググリッドファイヤーを再現したエフェクトパーツが付属しており、劇中シーンを再現できるようになっています。
(ダイナドラゴンへの分離・変形は再現されていません)

DSC_0084_20190205001438d0d.jpg
改めて別売りのULTRA-ACT/グリッドマンと組み合わせたフロントビュー。
「ULTRA-ACT キンググリッドマン」単体ではサンダーグリッドマン同様非可動素体にアーマーの装着をした状態でパッケージングされていますが、首ジョイントが緩くなるのが怖いので今回は省略。
プロポーションはかなりアレンジを加えられた造形となっており、小顔でスマートなプロポーションとなっておりかなり格好良くアレンジされています。各部の塗装なども非常に丁寧。
サンダーグリッドマンで難点だった脚部アーマーのグラつきは、固定方法が見直されているのかそこまで緩くなくしっかり保持することが出来ます。

DSC_0085_20190205001439327.jpg
リアビュー。腰アーマーには別売りの魂Stageに対応した3mm経のジョイントが空いています。
肩アーマーはバックパックからアームで接続される方式にアレンジされています。
設定どおりアーマーを肩に取り付けるためのジョイントパーツも付属しますが、保持力が低くアーマーの装着が不安定になるので使用していません。

DSC_0083_20190205001519ea7.jpg
バストアップ。胸のクリスタルコンバーターはクリアパーツにメタリック塗装が施され質感十分。
頭部が小さめにアレンジされており、メリハリの効いた造形でかなりかっこいいです。

DSC_0046_20190204130615c29.jpg
DSC_0047_20190204130616042.jpg
DSC_0048_201902041306187c1.jpg
合体バンクの最後をヘルメットを被るシーンを再現できる交換用頭部が付属。
ULTRA-ACTグリッドマンの頭部の上から被せることが出来ます。
角が可動し画竜点睛、キンググリッドマンの完成を再現可能。
造形の緩さはともかく頭部の大きさ自体はこちらの頭部の方がスーツには近い感じです。

DSC_0092_2019020510233107b.jpg
「合体竜帝!キンググリッドマン!!」

DSC_0093_20190205102334923.jpg
アーマーは極力干渉しない用に作られており肘や膝の二重関節はそのまま活かせます。
ある意味スピード重視のキンググリッドマンという設定を再現している感じ?

DSC_0081_20190205001435cf6.jpg
両腕に装備されたビーム砲・ペネトレーター砲が可動します。

DSC_0082_20190205001808ef5.jpg
「キンググリッドランチャー!」
両腕のペネトレーター砲を同時に発射するキンググリッドランチャー!

DSC_0094_20190205102335252.jpg
「キンググリッド…ファイヤー!」
胸のクリスタルコンバーターは中央のパーツを差し替えてキンググリッドファイヤーを再現したエフェクトパーツを取り付けることが出来ます。
キンググリッドファイヤーの炎はかなり大きめに造形され迫力満点。
結構重いので魂Stageで支えたほうがいいかもしれません。

DSC_0096_201902051023366cb.jpg
交換用手首は平手と武器持ち手の二種類付属。

DSC_0100_201902051023374fb.jpg
武器持ち手が付属。
別売りのULTRA-ACT/ゴッドゼノンに付属するドラゴニックキャノンを持たせることが可能です。
ダイナドラゴンのパーツをフルに使った、当時のDX玩具やアクション合体ではおなじみのスタイル。
劇中映像ではこの組み合わせでは使用されませんでしたが、もともと想定されていたのであろう組み合わせだけに非常に似合っています。

DSC_0104_201902051023382f7.jpg
プラズマ火炎ドラゴンファイヤーで邪悪な怪獣を焼き尽くす!

DSC_0086_20190205001442e64.jpg
「だあああああ…ッ!」

DSC_0090_201902051024517f9.jpg

DSC_0106_201902052237464ec.jpg
「キンググリッド…ビームッ!!」
エネルギーを集中し、右腕から放たれる最強技・キンググリッドビーム!

DSC_0087_20190205001443554.jpg

DSC_0097_20190205102452108.jpg
というわけでULTRA-ACTのキンググリッドマンでした。
造形は非常に優れており、フィギュアならではのアレンジされてメリハリの効いたプロポーションがかなりかっこよく、また可動もサンダーグリッドマンと比べると干渉箇所や部品のぽろりもなく動かしやすい印象でした。この商品単体では遊びにくいですが、グリッドマンやゴッドゼノン付属のドラゴニックキャノンと組み合わせるとなかなか楽しいです。









私の使命は終わったのだ。

もう君は独りじゃない。これからは、みんなと力を合わせ、未来を切り開いていくんだ。

私は君たちから教えられた。

それは、本当に信頼できる友達を持つことが、最強の武器だということを!

それじゃあみんな、元気で!

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こそこそ生きるおもちゃ好き。

新しい記事は写真をクリックすると大きなサイズで見ることが出来ます。

当ブログはリンクフリーです。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ブログはリンクフリーなのでリンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

相互リンクをご希望の方はブログ拍手からご連絡いただければ追加致します。

コメント欄クローズについてご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR