FC2ブログ

ULTRA-ACT/グリッドマン

アクセース・フラーッシュ!!

アクセスコードを!

「GRIDMAN」!


DSC_0955_201902021512346d2.jpg
「私はハイパーエージェント、グリッドマン。君たちの協力を要請する!」
今日はULTRA-ACTより、夢のヒーロー、電光超人グリッドマンを紹介。

1993年に放送された円谷プロダクション創立30周年記念作品「電光超人グリッドマン」。
2018年には「SSSS.GRIDMAN」としてまさかのアニメ化をして話題になったグリッドマンを、アレンジを効かせた造形とフル可動のアクションフィギュアとして立体化したのがこのアイテム。
円谷プロつながりで、ウルトラシリーズからウルトラヒーローを立体化してきたULTRA-ACTから商品化されたという経緯を持ち、ULTRA-ACTならではのアレンジの効いた造形と、広い可動範囲を両立。
付属のアシストウェポンやエフェクトパーツで様々なシーンを再現可能です。
さらに、グリッドマンの特徴であるアシストウェポンとの合体も考慮された設計になっており、後に発売されたサンダーグリッドマンやキンググリッドマンのアーマーを装着することが出来ます。



DSC_0936_20190202152210d37.jpg
フロントビュー。
プロポーションは小顔かつマッシブな、ULTRA-ACTならではのアレンジの効いた造形。
瞳や胸部にはクリアパーツが使用され質感を再現しています。
左腕のグラン=アクセプターも精密な造形。
赤い部分も全塗装で質感を再現していますが、それだけに太ももの白い部分との癒着に注意が必要。

DSC_0937_201902021522110a7.jpg
リアビュー。

DSC_0940_201902021522121a7.jpg
バストアップ。
複雑な形状のマスクは放送当時のスーツの造形を担当した人が造形しているとのこと。

DSC_0941_20190202152214e64.jpg
交換用手首3種類6個が付属。
さらに、グリッドビームを再現したエフェクトパーツや、アシストウェポン・バリアーシールドとプラズマブレード、その2つが合体した電光雷撃剣・グリッドマンソードが付属しています。
プラズマブレードやグリッドマンソードの刀身や、バリアーシールドの中心には銀メッキが施され輝きを表現。サンダーアックスはその後のラインナップでも補完されませんでした…。

DSC_0943_20190202152216cfe.jpg
下腕にもロール軸があり、グラン=アクセプターを前に向けることが出来ます。
巨大化プログラムで巨大化するポーズも再現可能。

DSC_0951_201902021531280b4.jpg
後の合体のことを考慮したためか、腰の関節は固定されておりややポージングは不自由。
しかしファイティングポーズは決まります。

DSC_0957_201902021531291e5.jpg
平手はかなり力の入った造形で迫力があります。

DSC_0952_2019020215313148c.jpg
腰部分には魂Stageに対応した3mm経の穴が空いており、グリッドマンの身軽な蹴り技を再現可能。

DSC_0956_20190202153133288.jpg
鋭い跳躍からの超電導キックで怪獣を粉砕するぞ!

DSC_0953_2019020215313495a.jpg
「ネオ超電導…キック!」
両足にエネルギーを集中して怪獣を貫く必殺技・ネオ超電導キック!

DSC_0954_20190202153136a39.jpg
「グリッド…ビームッ!!」
必殺光線、グリッドビームのポーズも可能。

DSC_0959_201902021536505f1.jpg
グラン=アクセプターの中央のパーツを取り外し、そこにエフェクトパーツを装着可能。
エフェクトパーツはかなりシャープな造形でグリッドビームの威力を表現しています。

DSC_0961 (2)

DSC_0964_20190202153652b44.jpg
バリアーシールドとプラズマブレードは持ち手を使って手に持たせる事が可能。

DSC_0966_20190202153654c90.jpg
プラズマブレードの刀身はメッキパーツで輝きを再現。

DSC_0968_20190202153655105.jpg
「電光雷撃剣、グリッドマンソード!」
アノシラスとユニゾンのエネルギーでバリアーシールドとプラズマブレードが合体した電光雷撃剣・グリッドマンソードも持たせることが出来ます。
こちらも刀身はメッキパーツ。かなり大振りで迫力満点です。

DSC_0967_201902021536560ef.jpg
ライトニング・サンダーボルトでカーンデジファーの怪獣を一撃だ!

DSC_0970_2019020215365860f.jpg
というわけでULTRA-ACTのグリッドマンでした。合体の都合上、可動範囲こそやや不満がありますが、力強いプロポーションでグリッドマンの魅力を見事に表現しているこのアイテム。
アシストウェポンも使用頻度の高いものは網羅されておりプレイバリューは単体でも高いです。
再現度の高いマスクの形状など飾っていて非常に映えますね。

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こそこそ生きるおもちゃ好き。

新しい記事は写真をクリックすると大きなサイズで見ることが出来ます。

当ブログはリンクフリーです。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ブログはリンクフリーなのでリンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

相互リンクをご希望の方はブログ拍手からご連絡いただければ追加致します。

コメント欄クローズについてご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
25位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR