FC2ブログ

トランスフォーマーリベンジ/ディセプティコンバリケード&フレンジー

さてさて、2月もおしまいですよ。

玩具いじりの隠れ家-HAバリケード1
「バリケード急行中」
今日はリベンジのヒューマンアライアンス最新作、ディセプティコンバリケード&フレンジーを紹介。
ヒューマンアライアンスと言えば、これまでは人間との共闘をイメージし、オートボット戦士がリリースされました。
今回、初のディセプティコン側のキャラクターとして映画第1作に登場し、サムを襲ったバリケードが登場。
人間のミニフィギュアの代わりに相棒のフレンジーのミニフィギュアが付属しており、連動して遊ぶことが出来ます。
それでは箱裏の解説を翻訳。

バリケードとフレンジーは幾世紀にわたって共に働き続けてきた。彼らは完璧なパートナーシップを持ち、メガトロンの指示によっていかなる標的でも追い詰め破壊するように設計されている。フレンジーは情報への抑えられない執着心を持っており、バリケードが得意とする容赦ない追跡を誘導するためにその情報を使う。


続きを読む

S.H.フィギュアーツ/仮面ライダーW サイクロンジョーカー

朝一でザラスに行ってきました。HAバリケード3つしか入荷してないんでやんの……。

$玩具いじりの隠れ家-サイクロンジョーカー1
「俺たちは」「僕たちは」「二人で一人の仮面ライダーだ!」
今日はS.H.フィギュアーツから、二人で一人の仮面ライダー、仮面ライダーWサイクロンジョーカーを紹介。
仮面ライダーWとは、風の街「風都」で活動する探偵・左 翔太郎とその相棒・フィリップが二人で変身するライダー。
彼らはガイアメモリの力で変身し、ガイアメモリの力を悪用し風都で事件を起こす怪人・ドーパントと戦います。

サイクロンジョーカーは素早さの「サイクロン」と技の「ジョーカー」が組み合わさった最もバランスの良いフォーム。
高い運動能力とスピードを併せ持つこのフォームはパンチやキックなどの格闘戦で得意としています。
必殺技はジョーカーメモリのマキシマムドライブを発動させ、竜巻を発生させ宙に浮かび上がり、Wが半分に分割され、両半身が連続して飛び蹴りを放つ技・ジョーカーエクストリーム
また、データカードダス「仮面ライダーバトル ガンバライド」においては暴風と共に真上に高くジャンプし、全身を回転させ頭から相手に突撃しキックを繰り出すジョーカーサイクロンキックを必殺技に持ちます。

そんなWサイクロンジョーカーが満を持してフィギュアーツに登場。
広い可動域の関節と豊富な交換用手首で劇中のアクションを完全再現できます。
(BGM「Cyclone effect」でどうぞ)

続きを読む

トランスフォーマーザ☆ヘッドマスターズ/忍者参謀シックスショット

$玩具いじりの隠れ家-シックスショット1
「地球の支配者は拙者一人!地獄への片道切符持参した!!」
今日はザ☆ヘッドマスターズより、六段変形のデストロン忍者参謀、シックスショットを紹介。
シックスショットは当時として革新的な6段変形を実現したアイテム。
当時、説明書にはシールで封がなされており、説明書を読まずに変形させるというパズルのような仕掛けがありました。
CMでもシックスショットのトランスフォームの謎を、いくつ解けるかという挑戦までされていたほど。
後に金型流用でトランスフォーマーVでグレートショット、勇者警察ジェイデッカーでシャドウ丸として発売されました。

シックスショットはかつて宇宙を股に掛け、エネルギー略奪を行う宇宙のギャングでした。
その後彼は忍者参謀としてガルバトロンによって呼び寄せられ、ダイノベースの指揮官に任命されます。
六段変形能力だけでなく6つの分身を生み出す能力まで持ち、多数の敵をも圧倒する実力で活躍しました。
かつてクロームドームの親友・アベルを殺害したため彼からは敵として激しい憎悪を向けられています。
基本的にデストロンに忠誠を尽くしていますが、自分を犠牲にしようとしたガルバトロンから離反しメガザラックにつきます。
しかしその諫言をはばからない性格からメガザラックから疎まれ、暗殺されかけてしまいます。
デストロンからはぐれた彼は人間の少年ダニエルと奇妙な友情を結び、デストロンから決別し宇宙に去って行きました。
冷酷な性格ながら子供には銃を向けず、宿敵と認めたウルトラマグナスとの戦いに死力を尽くす誇り高き戦士です。

続きを読む

S.H.フィギュアーツ/モモタロスイマジン(DXセット)

段々あったかくなってきました。いいぞいいぞ、このまま春になれ。

玩具いじりの隠れ家-モモタロス1
「言っとくが俺に前置きはねえ。最初から最後までクライマックスだぜぇ!!」
今日はフィギュアーツから戦い好きのイマジンにして良太郎の親友、モモタロスイマジン(DXセット)を紹介。
モモタロスは良太郎に最初に憑依した未来からの侵略者・イマジンの一人。
野上良太郎が持つ『桃太郎』に出てくる赤鬼のイメージが具現化されたもので、名付け親も良太郎です。
イマジンの過去改変に興味はなく、特異点である良太郎に憑依したことをきっかけに「強くカッコよく戦う」という信条の為に良太郎の協力者となり、彼に憑依することで電王はソードフォームに変身できます。
口が悪く、短気で直情的な性格でしたが、戦いの中で次第に良太郎とは強い信頼で結ばれていきました。
カナヅチで、犬が苦手、さらに人情に厚いなどと、物語が進むにつれて愛すべき点が強調されていきました。
決めゼリフは「俺、参上!」「俺は最初から(最後まで)クライマックスだぜ!」などなど。
そのキャラクターが大人気となり、電王は続編が数多く作られ、後輩のキバやディケイドとの共演も果たしています。

フィギュアーツは通常版と充実したオプションが付属したDXセットの2種類が販売されています。
DXセットは通常版の内容にデンライナー食堂車内のテーブルと椅子のミニチュアが付属しているもの。
フィギュア本体とミニチュアを組み合わせることでデンライナー内のシーンを再現することが出来ます。

続きを読む

トランスフォーマーユニバース/パワーグライド

犬が本の端っこを食べてた……(((( ;°Д°))))ヒィー

玩具いじりの隠れ家-パワーグライド1
「これからのスターは空を飛べなきゃ始まらないね!」
今日はUSAエディションとして発売されたユニバース版のパワーグライドを紹介。
日本限定カラーとなっておりアニメに近い赤を基調にした配色です。(海外版は白基調のカラーリング)
元々はミニボットの一人であり、数あるトランスフォーマーでも小さい部類だったのですが……。
なんとこのユニバース版ではウルトラクラスの巨大キャラクターとなり、新規開発商品としては最も大きい部類になりました。タカラトミーの開発陣によれば元々大型爆撃機に変形するからこのくらいの大きさが正しいのではないかとのこと。うーん、複雑な気分。

さて、G1でのパワーグライドはミニボットの一人で、陽気で目立ちたがり屋な性格の戦士でした。
小型ながらにかなりの飛行テクニックを持ち、自分より大型のジェットロンを翻弄していました。
まるでアクロバット飛行のような命知らずの飛行で戦闘・偵察・救助、何でもお任せの頼れるやつです。
また、照れ屋な一面もあり、地球人の令嬢アストリアに惚れた時には何も言えなくなってしまいました。
それでは箱裏を翻訳。

デストロンの飛行士のように速くも強くはないが、パワーグライドは彼自身の戦闘パイロットとしての天性の技能を信頼している。彼の敵はアフターバーナーと先進的な武器機能に頼っているが、彼はループ、水平きりもみと、無鉄砲なデストロンでさえ、恐怖から不測の事態をおこしてしまうような様々な空中操作を実行する。
悪人が闊歩する空の中でも、敵の砲撃の中に飛び込み曲芸飛行でミサイルを避ける、多くのデストロンの航空兵士にすら優っているパワーグライドの姿を簡単に見つけることができるだろう。

デストロンの航空兵士と言えばジェットロン。
技量で負けて、このユニバース版には体格でも負けるジェットロン……彼らに明日はあるのか。

続きを読む

S.H.フィギュアーツ/仮面ライダークウガ ライジングアルティメット

この記事を書くために改めて「オールライダー対大ショッカー」を見なおしました。
これはこういう映画だと思ってから見れば楽しめるような気がする、そんな映画でした。

玩具いじりの隠れ家-ライジングアルティメット1
「違うわ。この子は最も邪悪なライダー、ライジングアルティメットクウガ」
今日はS.H.フィギュアーツから、究極の闇にして凄まじき雷神、仮面ライダークウガ ライジングアルティメットを紹介。
仮面ライダークウガライジングアルティメットとは、「劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」において初登場した仮面ライダークウガの新たなる姿。門矢小夜=大神官ビシュムの持つ「地の石」の力で発現した「究極の闇」をもたらす存在です。当初は意思を奪われ、小夜によって操られており、その瞳は漆黒の闇に染まっていました。
手から放つ暗黒の波動は歴代ライダーたちを一撃で吹き飛ばすほどの威力を誇り、小夜の怒りのまま士に向かって行きました。しかし、士の説得によって小夜が「地の石」を砕いたことによって、闇の呪縛から解き放たれます。
解き放たれた小野寺ユウスケが再びこの姿に自我を持ったまま変身した時、その瞳は赤く輝いていました。
その後、「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦2010」内の「仮面ライダーディケイド 完結編」にも登場。
この時はディケイド コンプリートフォームの力でクウガが最強変身を遂げた姿としてドラスと戦いました。

そんなライジングアルティメットがフィギュアーツで登場。……したのはよかったのですが。
なんと自我を持つ赤眼と操られている黒眼が別売りというどうしようもない事態に。
黒目=ダークアイズver.は「魂ウェブ商店」で、赤目=レッドアイズver.は「東映ヒーローネット」で販売されました。
別のネットショップでの販売だったため2種類買おうと思ったら送料が余計にかかることに。
ちなみに差異点は眼の色と付属の魂ステージの色のみ。まさに販売方法でも最も邪悪なライダーということに。
バンダイさん、今回は許してあげるけど次にこんなことやったら許さないよ?(#^ω^)ビキビキ

続きを読む

S.I.C.極魂/仮面ライダーブレイド

フィギュアーツ仮面ライダークウガライジングアルティメットダークアイズver.ーーーー!!!
はやくきてくれーーーー!!

玩具いじりの隠れ家-極魂ブレイド1
「相手が何でも、誰かを助けるために走る!それが仮面ライダー!!」
今日はS.I.C.極魂から、青き融合戦士仮面ライダーブレイドを紹介。
仮面ライダーブレイドはライダーシステムの適合者として選ばれた剣崎一真が変身する仮面ライダー。
人々を襲う不死生物・アンデッドをラウズカードに封印するため戦いに身を投じています。
武器・醒剣ブレイラウザーにアンデッドを封印したラウズカードをスラッシュし、アンデッドの力を解放して戦います。
必殺技はブレイラウザーに複数のラウズカードをスラッシュして放つ「ライトニングブラスト」「ライトニングソニック」など。
剣崎は自分で選んだ仕事である「仮面ライダー」に誇りを持っており、人々を守ろうとする強い思いで戦い続けます。
そんなブレイドが極魂にラインナップ。手のひらサイズに可動と細かいディテールが詰め込まれています。

続きを読む

SDフレクション/阿修羅丸

忍者カウンター復旧遅すぎだぜ……。

玩具いじりの隠れ家-阿修羅丸1
「わが名は阿修羅!天宮の国より参った、その名も阿修羅丸~!!」
今日はSDフレクションから騎馬王丸の一番刀にして怒れる鬼神、阿修羅丸を紹介。
阿修羅丸は騎馬王丸に仕えダークアクシズと共闘する天宮の武者頑駄無。
元は爆熱丸と同門の親友・孔雀丸でしたが、五聖剣を巡る決闘において情けをかけられ屈辱を感じ、爆熱丸への復讐を誓っています。騎馬王丸の軍門に下った際新たな名前・阿修羅丸と4本の腕を授かり、爆熱丸の二刀流を超える六刀流を我がものとしました。騎馬王無情流の技を使いこなし、必殺技はきつ突きと阿修羅電影斬。

復讐の念からか五聖剣ノ道を折るほどの実力を身につけていますが、爆熱丸との戦いでは傷ついた爆熱丸を奮い立たせるなど、復讐と友情の念両方を抱いていた模様。また、ダークアクシズと共闘する騎馬王丸に仕えているのは天宮の統一を願ってのことで、大将軍の御前試合で爆熱丸に敗れた後は天宮の未来を爆熱丸に託し散って行きました。
それでは箱裏からプロフィールを紹介。

騎馬王丸に心酔する若き荒武者。3つの頭、6本の腕を持つ奇怪な姿だが3人前以上の戦闘力を発揮する。
爆熱丸に敗北した過去があり、一対一で爆熱丸を倒すことに執念を燃やしている。

続きを読む

魔弾戦記リュウケンドー/ミクロアクションリュウケンドー

時流から外れたアイテムの紹介は任せろー!(バリバリ)

玩具いじりの隠れ家-リュウケンドー1
「闇に抱かれて眠れ!!」
今日は「魔弾戦記リュウケンドー」からミクロアクションシリーズでリリースされたリュウケンドーを紹介。
ミクロアクションシリーズとは、ミクロマンの可動素体を用いて様々なキャラクターをリリースしたシリーズ。
当時放送されていたリュウケンドーももちろんリリースされました。

リュウケンドーは鳴神剣二が変身する剣とマダンキーの力を用いて戦う魔弾戦士。
日本のどこにでもありそうな町、あけぼの町。しかしこの町はジャマンガという魔物達に狙われていました。
そんなあけぼの町にやってきた新任刑事の鳴神剣二は、ゲキリュウケンに選ばれ、魔弾剣士リュウケンドーに変身してしまいます。こうして剣二は、魔弾剣士リュウケンドーとして、SHOTと共にジャマンガと戦うことになったのでした。


続きを読む

トランスフォーマーリベンジ/N.E.S.T.スカウトブレークダウン

寒さが帰ってくる……おしまいだ……(((゜д゜;)))

玩具いじりの隠れ家-ブレークダウン1
今日はN.E.S.T.グローバルアライアンスから、N.E.S.T.スカウトブレークダウンを紹介。
G1でのブレークダウンは、スタントロン部隊の一人としてメガトロンに生み出されたデストロン兵士でした。
他人は全て自分に注目していると思っている自意識過剰な性格だった斥候がリメイクされN.E.S.T.の世界に登場。
その能力はスピード特化しており、オートボットの情報を盗み出そうとしています。
それでは箱裏を翻訳。

ディセプティコンの斥候、ブレークダウンはどんな犠牲を図ろうと敵との接触を避ける。
彼の仕事は戦いではなく、偵察し、報告することだ。それが、彼が戦いをせず、スピードを手にした理由である。
しかし、彼にとって不幸な事だが、マッドフラップには異なる策があった。
気が付いた時には、彼は発見したオートボットから遠く離れた場所に向けて突進していたのだ。

マッドフラップによって混乱させられている模様。

続きを読む

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
あるはずの正義を探して、荒野を羽撃くおもちゃ好き。

当ブログはリンクフリーです。

リンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR