FC2ブログ

シン・ゴジラ/ネカ シン・ゴジラ2016フィギュア

現実対虚構。

DSC_0519_20170526190801b25.jpg
海外メーカーネカからリリースされたアクションフィギュアのゴジラ2016を紹介。
歴代のゴジラを次々リリースしているネカのアクションフィギュアシリーズに、超メガヒットした最新作「シン・ゴジラ」からゴジラ2016が登場。所謂第4形態をフィギュア化したアイテムです。
6インチ(約15cm)ながら細かいディティールまで再現されており、塗装の質感で溶岩が固まったような皮膚などのシン・ゴジラならではの雰囲気を忠実に再現したアイテムとなっています。


続きを読む

ゾイド ZA(ズィーエー) ライガーゼロ

DSC_0183_20170520220135ddb.jpg
コトブキヤのゾイドのアクションフィギュアシリーズ、ZAのライガーゼロをご紹介。
「ZOIDS AGGRESSIVE」を意味するブランド名のZA(ズィーエー)とは、1/100スケールの手のひらサイズでフルアクションを実現、アクションフィギュアとして遊びやすさを追求したシリーズ。
そんなZAに「ゾイド新世紀スラッシュゼロ」の主人公機として高い人気を誇るライガーゼロが参戦。
四肢のフル可動はもちろんのこと、頭部コクピットの開閉やストライクレーザークローの発光状態を再現したパーツへの差し替え、さらに特徴である装甲の交換(CAS)を再現できるように装甲を取り外し素体状態にすることが可能です。

ガイロス帝国が完全な野生状態で異変を生き延びた西方大陸のライオン型ゾイドをベースに開発し、野生の本能を色濃く残したまま戦闘装備を後付するCAS(チェンジングアーマーシステム)を採用することで野生と武装の両立を果たした戦闘ゾイド、ライガーゼロ。
西方大陸撤退戦においてヘリック共和国軍に奪われたこのゾイドは、その後量産され、高速機動戦を展開する特殊部隊閃光師団(レイフォース)の主力ゾイドに。共和国において開発された三種類のCASによって様々な戦術を可能とするこのゾイドの前に、ガイロス帝国は苦しめられることになります。

続きを読む

MAFEX DARTH VADER (REVENGE OF THE SITH Ver.)

DSC_0163_2017051717134912a.jpg
「YOU DON'T KNOW THE POWER OF THE DARK SIDE.」
MAFEXから、シスの暗黒卿 DARTH VADER (REVENGE OF THE SITH Ver.)を紹介。
説明不要のSF映画の金字塔、スター・ウォーズからシスの暗黒卿ダース・ベイダーがMAFEXに登場。
ベイダー卿、MAFEXからの二度目のリリースとなる今回はエピソードⅢ「シスの復讐」のラストで登場した姿を立体化したアイテムとなっています。マスクの塗装や各部の造形を本編に合わせ仕様変更。
また、アナキン・スカイウォーカーの素顔も惑星ムスタファでの戦いで大火傷を負った直後の姿を再現したものが新規造形で付属しています。

「フォースにバランスをもたらす者」として予言された選ばれし者、アナキン・スカイウォーカー。
しかし愛する者を守りたいという純粋な願望と若さ故の激情から、ジェダイの掟を何度となく破ってきた彼は、妻を救う力を得たいと願うあまりにシスの暗黒卿ダース・シディアスの甘言に屈し、シスの暗黒卿へと転向して「ダース・ベイダー」という名前を与えられました。
暗黒面に魅了され、銀河を支配するという野望に取り憑かれた彼は、かつての師であり親友であったオビ=ワン・ケノービと激突し、敗北。
火山の熱で全身を焼かれた彼は、ダース・シディアスによって救われ一命をとりとめ、サイボーグ化手術を受け現在我々が知る「ダース・ベイダー」としての漆黒の暗黒卿の姿へと変貌したのでした。

続きを読む

S.H.Figuarts/ウォーグレイモン 『ぼくらのウォーゲーム!』

DSC_0950.jpg
「アグモン!ワープ進化ーっ!!ウォーグレイモン!!」
今日はS.H.figuartsから、ウォーグレイモン 『ぼくらのウォーゲーム!』を紹介。
「デジタルモンスター」を題材にし、物語の壮大なスケールと子供たちの成長で多くのファンを魅了したアニメ「デジモンアドベンチャー」の中で、主人公格として活躍した究極体、ウォーグレイモンがS.H.Figauartsで登場。
魂ウェブ商店限定で受注販売され2016年5月に発送されたアイテムです。
以前発売されたD-arts版がゲームのイラストのイメージを重視した造形・塗装だったのに対し、こちらは2000年春の東映アニメフェア内で公開された映画「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」での作画をイメージした造形・塗装で完全新規造形されています。
劇中シーンのイメージを、パソコン越しでしか戦いを見守れなかったパートナーの八神太一のクリアプレートが付属し、ネット空間で死闘を繰り広げるウォーグレイモンの姿を再現することが出来ます。

ウォーグレイモンはアグモンがワープ進化したワクチン種・竜人型の究極体デジモン。
両腕からエネルギーを放つガイアフォースやきりもみ状態で敵に突っ込むブレイブトルネードなどの技を持ちます。

続きを読む

動物戦隊ジュウオウジャー/ファイティングアクションロボ勇動 ジュウオウキング

DSC_0524_201605071358157c4.jpg
今日は食玩で販売されている、ファイティングアクション勇動 ジュウオウキングを紹介。
ジュウオウジャーの1号ロボが大胆なアレンジを加えたプロポーションで立体化。
食玩ながら全身フル可動・塗装済み完成品となっており、縦横無尽のアクションポーズを取らせることが可能。
そのアレンジはかなりアニメロボットよりになっており、引き締まった腰や太もも、末端肥大な造形など実写ロボとは思えない素立ちでの格好良さを追求した造形となっています。

キューブイーグル、キューブシャーク、キューブライオンの三体のジュウオウキューブが動物合体したジュウオウジャー最強の戦力、ジュウオウキング。キングソードを手に繰り出すキングソード・ジュウオウ斬りが必殺技です。


続きを読む

FIGURE COMPLEX キャラクターリボ コリラックマ

コリラックマノヤンチャナマイニチ。

DSC_1001_2016040119465005b.jpg
今日はリボルテックの新シリーズ、FIGURE COMPLEX キャラクターリボの第2弾、コリラックマをご紹介。
リラックマと一緒に過ごすくまのこ、やんちゃないたずら好きのコリラックマがなんとリボルバージョイントを使用したリボルテックのアクションフィギュアとなって登場!全身5箇所が可動(頭部の付け根と両腕の付け根にはリボルバージョイントを使用)し、立ちポーズや座りポーズを再現することが出来るアイテムとなっています。さらに、コリラックマ愛用のピンクのクッションやおきにいりのおもちゃであるアヒルのラジコンが付属しており、コリラックマのやんちゃな毎日を手のひらサイズで再現することが出来ます。

コリラックマはある日、リラックマとキイロイトリのところにやってきたちいさなくまのこ。
マイペースな性格でいたずら好き、やんちゃな性格のコリラックマは、リラックマとキイロイトリのところで一緒に暮らすようになり一緒にダラダラごろごろ時にはいたずらをする、リラックマ生活の一員になりました。
お気に入りのおもちゃで遊んだり、キイロイトリのお世話を焼くおままごとをしたり、リラックマのまねをしてゴロゴロしたり…。コリラックマのやんちゃな毎日は、いつも暖かな雰囲気に包まれています。

続きを読む

FIGURE COMPLEX キャラクターリボ リラックマ

Everyday feels happy like a Rainbow.

DSC_0654_20160219191515048.jpg
今日はリボルテックの新シリーズ、FIGURE COMPLEX キャラクターリボの第1弾、リラックマをご紹介。
あのリラックマがなんとリボルバージョイントを使用したリボルテックのアクションフィギュアとなって登場!
全身5箇所が可動(頭部の付け根と両腕の付け根にはリボルバージョイントを使用)し、立ちポーズや座りポーズを再現することが出来るアイテムとなっています。さらに、リラックマお気に入りの黄色いクッションや仲間のキイロイトリが付属しており、日常をごゆるりと過ごすリラックマ生活を手のひらサイズで再現することが出来ます。

リラックマはOLのカオルさんの家にいきなりおじゃましたままお世話になり続けているきぐるみのくま。
中に入っているのは誰なのかは不明です。
いそうろうですが、特に役に立つわけでもなく毎日だらだらゴロゴロしています…が、いつでもそばにいてくれる、あったかい空間は、カオルさんの心を癒やしているようです。一番の関心事は毎日のごはんとおやつ。

続きを読む

ゾイド ZA(ズィーエー) ムラサメライガー

DSC_0503_201602071341292cf.jpg
今日はコトブキヤから発売されたゾイドのアクションフィギュアシリーズZAの第1弾、ムラサメライガーをご紹介。
「ZOIDS AGGRESSIVE」を意味するブランド名のZA(ズィーエー)とは、1/100スケールの手のひらサイズでフルアクションを実現、アクションフィギュアとして遊びやすさを追求したシリーズ。
その第1弾に選ばれたのは「ゾイドジェネシス」で主人公機として活躍して人気の高いムラサメライガーでした。
四肢のフル可動はもちろんのこと、頭部コクピットの開閉や前脚のパイルバンカーの可動、そして最大の特徴である背中に装備したムラサメブレードの可動・展開ギミックなどを搭載し、アクションフィギュアとして遊びがいのある可動ギミック満載のアイテムとなっています。

ムラサメライガーは背中に背負った巨大な日本刀「ムラサメブレード」を武器とするライガー系ゾイド。
その機体は非常に軽量で、ブースターなどの増設なしに、巨大なムラサメブレードを背負ってなお高速で活動することを可能としています。ムラサメブレードはエネルギーを使用せずとも厚い装甲を一刀両断できる切れ味を誇るだけでなく、基部の部分が自由に可動することによって斬撃や刺突など様々な立ち回りを可能とした優れた武装で、高い運動性と相まってムラサメライガー最大の武器となっています。
戦況に合わせ機体の形を変化、全く異なる姿に「変身」するエヴォルトというシステムを搭載していることが特徴。

続きを読む

烈車戦隊トッキュウジャー/ファイティングアクション トッキュウレインボー

DSC_5175.jpg
今日は食玩で販売されたトッキュウジャー最強ロボ、ファイティングアクション トッキュウレインボーを紹介。
全ての烈車が合体した最強ロボが大胆なアレンジを加えたプロポーションで立体化。
食玩ながら全身フル可動・塗装済み完成品となっており、縦横無尽のアクションポーズを取らせることが可能。
ある意味では劇中以上に動きまくる、元デザインが元デザインだけに衝撃的なプロポーションとなっています。
それだけでなく、DX版でもミニプラ版でもなにかと揃えるまでお金がかかるトッキュウレインボーの勇姿をワンパッケージで再現できるということも見逃せないポイントになっています。

ハイパーレッシャターミナルに、レインボーライン全ての烈車の先頭車両、計13両が連結しハイパー烈車合体した特別合体モード巨大烈車ロボ。それがトッキュウレインボー。13両全ての攻撃ダイヤや特殊運行プログラム、イマジネーションエネルギーを常にシンクロさせることができ、様々な強力技を繰り出して闘います。

続きを読む

S.H.フィギュアーツ/両津勘吉

DSC_0163.jpg
今日はS.H.フィギュアーツから、日本一有名な警察官?ご存知両さんこと、両津勘吉を紹介。
週刊少年ジャンプの超々長期連載マンガ、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」ことこち亀の主人公、両さんがまさかまさかのS.H.フィギュアーツとしてまたまたアクションフィギュア化!両さんならではの胴長短足の日本人的体型と広い可動範囲を両立した関節構造で、両さんらしいポーズの数々が具現化可能。
交換用表情違いの頭部や交換用手首も駆使すればいろいろなシチュエーションで遊ぶことが可能に。
さらに趣味が広い両さんのためにフィギュアーツと同スケールのジャンプや競馬新聞、ラジコンといったオプションパーツが付属。かつてバンダイから発売されていた「アクションドール 両津勘吉」や「超合金 両津勘吉」のフィギュアーツスケールのミニチュアまでも付属する充実の内容で、遊びまくることができます。

続きを読む

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
あるはずの正義を探して、荒野を羽撃くおもちゃ好き。

当ブログはリンクフリーです。

リンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR