FC2ブログ

トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN GT-R/ウルトラマグナス

連載企画「トランスフォーマー オルタニティ」を振り返る、最終回!

玩具いじりの隠れ家-ウルトラマグナス1
「不可能なことなどない、サイバトロンの責任と…ウルトラマグナスの名において!」
今日はオルタニティからサイバトロンの不屈の戦士、NISSAN GT-R/ウルトラマグナスを紹介。
日産のスポーツカー・GT-Rがウルトラマグナスに変形。GT-Rを1/32スケールで忠実に立体化されています。
車体のカラーはブリリアントホワイトパール。玩具としてはオルタニティ・コンボイのリカラーアイテムです。
上海でのイベント・サイバトロンコンで会場限定先行販売され、日本ではe-HOBBY SHOP限定アイテムとして受注販売されました。e-HOBBY SHOP販売分にはオリジナルのコミックが付属しており、オルタニティウルトラマグナス誕生の経緯が描かれています。また、パッケージも特製のものが作り起こされています。そのかわり、説明書の設定紹介は今回は記載されていません。

とある世界のウルトラマグナスがコンボイと同型のオートアバターと接触し、オルタニティとして覚醒したこの姿。
オルタニティメガトロン率いるデストロンの侵攻に立ち向かいます。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/光岡 オロチ/スカイワープ

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第10回!

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ1
今日は衝撃の実車変形シリーズ・オルタニティから、デストロンのクエスター兵士・スカイワープを紹介。
光岡のハンドメイド・スポーツカー、オロチ(ウィッチハープルパール)がスカイワープに変形します。
同型のスタースクリームと2010年5月に同時発売され、スタースクリームとは頭部とカラーが異なっています。
メガトロンの直属部隊<クエスターズ>の一員となった姿です。

玩具としてはこれまでのシリーズと同様、モデルカーとしての高い完成度を追求しているビークルモードが最大のウリ。
さらに、破綻のないプロポーションのロボットモードへの変形や、中間形態のフライトモードへの変形もこなします。
それでは説明書からプロフィールを紹介。

デストロン・オルタニティの候補者に選抜されたスカイワープは、メガトロンの直属部隊<クエスターズ>の一員になるとともに、陸上車両に変化する特製ボディを与えられた。
この機体は、いずれ彼が高次の存在に進化したのち、引き続き3次元世界で活動する際の<オートアバター>となるべく設計されたものである。単独での星間航行と次元移動を可能とし、様々な高次戦闘を展開するポテンシャルを備える。
また、彼の持つ瞬間移動スペシャルパワーに「現実を操作・湾曲する」リアリティ・ワープ能力が付加され、彼はデストロン屈指の卑劣さをもって、これを活用する。知性の欠如ゆえに高次元世界の概念を殆ど理解しておらず、新たに得た能力を使うにも、メガトロンや部隊指揮官の指示を欠かす事ができない。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/光岡 オロチ/スタースクリーム

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第9回は銀の蛇(シルバースネーク)登場!

玩具いじりの隠れ家-スタスク1
「多くの神話はラグナロクを迎え、終わるのだ」
今日はオルタニティからデストロンのクエスター指揮官・スタースクリームを紹介。
光岡のハンドメイド・スポーツカー、オロチ(ホワイトパール)がスタースクリームに変形します。
この姿はスタースクリームがメガトロンによって時の野獣ハイセリオンの体組織を身体に組み込まれた姿。
怪物的な強化を施されており、それを表すかのように4つもの眼を持ちます。

玩具としてはこれまでのシリーズ同様、モデルカーとしての高い完成度を追求したビークルモードが最大のウリ。
さらに、破綻のないプロポーションのロボットモードへの変形や、中間形態のフライトモードへの変形もこなします。
それでは説明書からプロフィールを紹介。

メガトロン直属のエージェント組織<クエスターズ>の指揮官に任命されたスタースクリームは、オルタニティ・メガトロンの力の源である<ハイセリオン>の体組織を多量に組み込まれ、怪物的な強化を施された。
野心家で裏切りの常習者の彼がこのような処遇を受けている事は、他の誰よりも彼自身が最も不可解に感じており、自分が何らかの実験台にされている可能性を、常に疑っている。
かような状況にありながらスタースクリームは、あらゆる罠を回避してメガトロンを打倒する道を模索する。
彼の新たな変化形態は、飛行モードと星間航空機関を搭載しつつ、それらを凌駕するティマイオス・ドライブ発動のための、オートフォームで全体が構成されており、その外観はかつて「銀の蛇」の異名で呼ばしめた、彼の狡猾さをより鮮明に表している。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/SUZUKI SWIFT SPORT/クリフ

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第8回!

玩具いじりの隠れ家-クリフ1
「オルタニティってのは、つくづくデタラメな連中だよ」
今日は実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティからSUZUKI SWIFT SPORT/クリフを紹介。
スズキの新世代小型ハッチバック車、スイフトスポーツの最新車ZC31Sがミニボットの戦闘員クリフに変形します。
これまでのシリーズと違い、カラーバリエーションが別キャラ(バンブル)として発売されています。
ちなみにこのクリフのカラーはシュプリームレッドパール
「トランスフォーマージェネレーション2010」のインタビューによれば設計者が他のオルタニティとは違う模様。そう言われるとスプリングを使った連動変形など、他のアイテムとはやや趣が異なるところもあります。

同型のバンブルやコンボイ・アルティメイトメタルシルバーメガトロン・プレミアムルマンブルーと同じく「トランスフォーマー バイナルテック」の世界のクリフが進化した姿と設定されています。
設定ではこのクリフはオルタニティではなく、その支援組織「プロテクターズ」の一員であるとのこと。

それでは説明書からキャラクターの設定を紹介。

第一世代オルタニティと同じ90万年後の<BT世界>出身のクリフは、彼が望みさえすれば、すぐにでもオルタニティ種への進化が可能な立場にいる。しかし、昔ながらの戦闘スタイルとシンプルな価値観を好む彼にとって、オルタニティの世界はあまりにも複雑で超現実的に感じられた事から、いまだ参加に至っていない。その代わりに、彼はオルタニティの支援組織<プロテクターズ>の一員となって彼らに協力し、特にオルタニティの立ち入れない時間領域でのミッションを進んで請負っている。彼の現在のボディは、バンブルのオートアバターと共通のフレームを”深過去”活動用にチューンした機体を用いており、また両者はトランスワープ・イオン束によって、時空を超えてリンクしている。メガトロンがハイセリオンの力を手に入れて高次進化を遂げ、オルタニティの世界にもかつての「サイバトロンVSデストロン」の対決構図が再び持ち込まれる可能性が生じた事から、クリフは徐々に新たな戦いへの移行に、心を動かしつつある。

>オルタニティの世界はあまりにも複雑で超現実的に感じられた
自虐ネタかよてめーっ!

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第7回!

玩具いじりの隠れ家-バンブル1
「ハエはひどいなあ。せめてハチとか、妖精さんみたいと言ってよ」
今日は実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティからSUZUKI SWIFT SPORT/バンブルを紹介。
スズキの新世代の小型ハッチバック車、スイフトスポーツの最新車ZC31Sがバンブルに変形します。
これまでのシリーズと違い、カラーバリエーションが別キャラ(クリフ)として発売されています。
ちなみにこのバンブルのカラーはチャンピオンイエロー
「トランスフォーマージェネレーション2010」のインタビューによれば設計者が他のオルタニティとは違う模様。そう言われるとスプリングを使った連動変形など、他のアイテムとはやや趣が異なるところもあります。

コンボイ・アルティメイトメタルシルバーメガトロン・プレミアムルマンブルーと同じく「トランスフォーマー バイナルテック」の世界のバンブルがオルタニティとなったと設定されています。バイナルテックではバンブルは登場しなかったので、ある意味待望の登場だったかも?それでは説明書から設定を紹介。

オートアバター”ラディウス 903”を使用するバンブルは、オルタニティとなる以前からサイバトロン屈指の鋭敏な眼力の持ち主であったが、現在その力は更に磨きがかかり、多世界の複雑な重ね合わせ構造をも見極める感覚器をもって、オルタニティの有用な先触れ、メッセンジャー、あるいはスパイとして活躍している。
”BT世界”での過酷な90万年を経て、念願の進化を果たした彼は、この力を分不相応なものと感じる仲間もいる中で、誰にも増してオルタニティである事に喜びを感じ、その偉大な力を誇らしく思っている。
この事はしばしば彼を浮き足立たせ、仲間達が大事に守っている能力規範を少々逸脱し、いたずら者じみた態度で力を行使しがちである。しかし、持ち前の陽気さと友情の厚さも相まって、下位次元世界の多くの種族から、もっとも親しみやすいオルタニティと見なされている。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN フェアレディZ/メガトロン ダイヤモンドブラック

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第6回は黒の武神見参!


玩具いじりの隠れ家-黒メガ1
「では始めるとしよう!!死と苦しみに満ちたゲームをな……!!」
今日は、衝撃の実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティより、第2弾のメガトロンを紹介。
日産のスポーツカー・フェアレディZがメガトロンに変形。フェアレディZを1/32スケールで忠実に立体化しています。
シリーズ通して3色のカラーバリエーションが発売されたこのアイテム。
今回は2009年10月に発売された3色目のカラーバリエーション・ダイヤモンドブラックを紹介します。

このダイヤモンドブラック、注目すべきはその設定。
このメガトロンは我々が既に知っているとある世界のメガトロンがオルタニティ化したものでした。
ではその設定を説明書から引用します。

この常闇のごとき黒のメガトロンは、かつて他に類を見ぬほど強力なデストロン軍を擁した世界の出身である。
その苛烈きわまる攻撃力ゆえに「理不尽な強さ」とも称された自軍の強力さはしかし、当時のメガトロン自身にとっても理解を超えた現象であり、長きのだった。遥かな時を経てオルタニティの一員となった彼は、メガトロン集合体の征服戦略の一つとして「地上のデストロンをオルタニティの力で増強・進化させる」という実験的プランが持ち上がった時に、全てを理解した。かつての超戦力の秘密は、天上の力を得たメガトロンがみずからの過去に介入し、手を加えた結果だったのだ。彼自身のたどった歴史では、最終的に”強化デストロン”の天下は不屈のサイバトロン戦士・ウルトラマグナスの反撃によって打ち砕かれたが、今や多次元にまたがる視野を持つ彼にとって、それは可能性の1ルートに過ぎない。勝利への正しき結末を見届けるべく、メガトロンはゲームの黒幕となって神の初手を繰り出したのである。

……そう、このメガトロンの出身はトラウマゲームの急先鋒「コンボイの謎」の世界。
あの容赦なく降り注ぐ極小弾などなどはオルタニティの介入によるものだったんだよ!!
……という、驚きの設定がされており、このアイテムの魅力を高めています。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN GT-R/コンボイ スーパーブラック

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第5回は3色目のGT-R!闇の騎士見参!

玩具いじりの隠れ家-GT-R黒1
「神と呼ぶな、『闇の騎士』と呼んでくれ」
というわけで今日は実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティより、コンボイを紹介。
日産のスポーツカー・GT-Rがコンボイに変形。GT-Rを1/32スケールで忠実に立体化しています。
限定アイテムを含め4色のカラーバリエーションが発売されたこのアイテム。
今回紹介するのは2009年6月に発売された3色目のカラーバリエーション・スーパーブラックです。
後から発売されたカラーバリエーションということもあり、説明書は新規に作り起こされ、その活躍を描いたミニコミックが掲載された特別仕様となっています。

黒いコンボイと言えば、「トランスフォーマー カーロボット」に登場したブラックコンボイや、「マイクロン伝説」に登場した闇の怪物・スカージ、「トランスフォーマー ユニバース」に登場したユニクロンの眷族・ネメシスプライムなど、悪の存在として登場することが多いですが、このオルタニティにおける黒いコンボイは他の平行世界のコンボイたちと共にデストロンと戦う正義の戦士という設定。
しかし黒いコンボイが悪の存在として登場してきた過去を踏まえてか、このオルタニティコンボイ・スーパーブラックはかつてユニクロンによって作られたコンボイのコピー、すなわちネメシスプライムであったと暗示されています。
それでは説明書から設定を引用。

このオートアバターを使用するコンボイは、かつて悪の使徒であった者が救済され、オルタニティの一員となった特異な存在である。彼はユニクロンにより滅んだ世界のコンボイから複製され、数千年間にも渡る責め苦により心を破壊された攻撃兵器として作り変えられた。激闘の果てにサイバトロンに破れた彼は、その後オルタニティの拠点である90万年後の未来において、コンボイの集合体に迎え入れられた。超越者の総力と慈悲をもって朽ちた心を癒され、再起動を果たした彼は、オルタニティの使命の忠実な担い手となって、現代の地球に降り立ったのである。現在の彼は思慮深く熟練した戦士であるが、過去の戦闘経験から他のアバターと異なる非道な戦法を無意識に取ってしまうことがある。また彼は、憎きユニクロンとの対決をひそかに望んでいるが、目下の任務であるハイセリオン、そしてその力を手にしたメガトロンとの戦いに専念するため、彼個人の悲願を心の奥底に封じている。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN フェアレディZ/メガトロン プレミアムルマンブルー

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第4回は蒼き破壊大帝の登場!

玩具いじりの隠れ家-蒼メガ1
今日は、トランスフォーマーオルタニティより、第2弾・メガトロンを紹介。
日産のスポーツカー・フェアレディZがメガトロンに変形。フェアレディZを1/32スケールで忠実に立体化しています。
2009年5月にブレードシルバーとの2つのカラーバリエーションが発売されました。
今回はプレミアムルマンブルーを紹介します。設定的にはオルタニティの前身であった実車変形シリーズ「バイナルテック」の世界のメガトロンがオルタニティ化した姿と設定されています。
同じくバイナルテックの世界出身であるコンボイ・アルティメイトメタルシルバーとは宿敵同士なのでしょうか。
それでは説明書からプロフィールを紹介。

武神のごとき風貌と、スポーツカーへの変形機能を備えたこのトランスフォーマーは、高次の生命体・オルタニティへと進化を遂げたメガトロンが、地上にてその力を振るうための化身である。オートアバターと呼ばれるこのボディは、天上の存在となったメガトロンの超越性を体現しており、事実オルタニティとリンクした際は、想像を絶する異能力を発揮する。コンボイと同様、メガトロンのオルタニティもまた「他次元の様々なメガトロンの集合体」から成っており、それらメンバーと同数のオートアバターが存在する。代表的な固体として、”BT世界”出身の<ブルー>と、彼の最初の同盟者である<シルバー>の2体が知られている。彼らは征服者の野望実現とサイバトロン・オルタニティの打倒のため、”メガトロン集合体”を拡充し力の増強をはかっている。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN フェアレディZ/メガトロン ブレードシルバー

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第3回!

$玩具いじりの隠れ家-銀メガ1
「貴様達の治める平和の日々もこれまでだ!」
今日は、衝撃の実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティより、第2弾のメガトロンを紹介。
日産のスポーツカー・フェアレディZがメガトロンに変形。フェアレディZを1/32スケールで忠実に立体化しています。
2009年5月にブレードシルバーとプレミアムルマンブルーの2つのカラーバリエーションが発売されました。
今回はブレードシルバーを紹介します。

まずはメガトロンのオルタニティ化について説明書から引用。

オルタニティが誕生したバイナルテック世界のメガトロンが凍結から目覚めたとき、その世界のデストロンはオルタニティの進化から取り残され、衰退の一途を辿っていた。メガトロンはその現状を打破するため、時空を超えた長い探究の旅に出た。自己を鍛え、科学技術を極め、別世界の自分と同盟を結んだメガトロンは時の野獣ハイセリオンをとある世界に呼び込み、オルタニティコンボイたちをおびき寄せることに成功する。オルタニティコンボイがハイセリオンに決定的な一撃を与えた時、メガトロンはとある装置を使い自分を「存在コード」に変換。
そのコードをハイセリオンの中枢に刻みつけ、ハイセリオンと一体化することで、メガトロンはついにオルタニティの力を手に入れたのだった。

それでは説明書からプロフィールを紹介。

武神のごとき風貌と、スポーツカーへの変形機能を備えたこのトランスフォーマーは、高次の生命体・オルタニティへと進化を遂げたメガトロンが、地上にてその力を振るうための化身である。オートアバターと呼ばれるこのボディは、天上の存在となったメガトロンの超越性を体現しており、事実オルタニティとリンクした際は、想像を絶する異能力を発揮する。コンボイと同様、メガトロンのオルタニティもまた「他次元の様々なメガトロンの集合体」から成っており、それらメンバーと同数のオートアバターが存在する。代表的な固体として、”BT世界”出身の<ブルー>と、彼の最初の同盟者である<シルバー>の2体が知られている。彼らは征服者の野望実現とサイバトロン・オルタニティの打倒のため、”メガトロン集合体”を拡充し力の増強をはかっている。

続きを読む

トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN GT-R/コンボイ バイブラントレッド

「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」連載第2回!

玩具いじりの隠れ家-GT-RVR1
「約束の時が来た」
今日はTF25周年を記念してスタートした実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティより、コンボイを紹介。
日産のスポーツカー・GT-Rがコンボイに変形。GT-Rを1/32スケールで忠実に立体化しています。
限定アイテムを含め4色のカラーバリエーションが発売されたこのアイテム。
今回紹介するのは第1弾アイテムとして発売されたうちの1体、バイブラントレッドです。
彼らオルタニティは超物質オルタニウムによって誕生し、次元を乱す者と次元を超えた戦いを繰り広げています。
コンボイはオルタニティの一員となって多次元宇宙の守護者として全次元制覇を目指すメガトロンと戦います。
で、肝心のオルタニティとは一体何なのかはアルティメイトメタルシルバーの記事を参照してください。
それでは説明書からキャラクター設定を紹介。

GT-Rスポーツカーに変形するコンボイの新形態は、体内に組み込まれた超物質フレームを通じて、未来の高次元存在”オルタニティ”とリンクする、極めて異色の変化形である。
”オートアバター”と呼ばれるこのボディは、高みの存在に進化したコンボイの、いわば化身なのだ。
オルタニティは「他次元の様々なコンボイの集合体」を表しており、それらの数だけアバターも存在しうる。
現在まで、オルタニティ発祥の地”BT世界”で造られた銀色の1号機体、通称”ベクター01”と、赤い伝統的な配色の”ベクター109”の、2種のオートアバターが確認されている。いずれも両腕に遠隔時空兵器タキオンブラスターを装備し、カーモードでは超空間の扉を開くティマイオス・ドライブを発動する。
地上の平和と自由の防衛を不変の使命とするコンボイは、この新たな力をもってメガトロンの野望に立ち向かうのだ。

続きを読む

FC2カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
あるはずの正義を探して、荒野を羽撃くおもちゃ好き。

当ブログはリンクフリーです。

リンクされる際は特に告知なくリンクしていただいて結構です。

コメントはお返事ができないのでクローズ中です。ごめんなさい。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

また、これまでコメントをしてくださった方々、本当にありがとうございました。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR