トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN フェアレディZ/メガトロン ダイヤモンドブラック

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第6回は黒の武神見参!


玩具いじりの隠れ家-黒メガ1
「では始めるとしよう!!死と苦しみに満ちたゲームをな……!!」
今日は、衝撃の実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティより、第2弾のメガトロンを紹介。
日産のスポーツカー・フェアレディZがメガトロンに変形。フェアレディZを1/32スケールで忠実に立体化しています。
シリーズ通して3色のカラーバリエーションが発売されたこのアイテム。
今回は2009年10月に発売された3色目のカラーバリエーション・ダイヤモンドブラックを紹介します。

このダイヤモンドブラック、注目すべきはその設定。
このメガトロンは我々が既に知っているとある世界のメガトロンがオルタニティ化したものでした。
ではその設定を説明書から引用します。

この常闇のごとき黒のメガトロンは、かつて他に類を見ぬほど強力なデストロン軍を擁した世界の出身である。
その苛烈きわまる攻撃力ゆえに「理不尽な強さ」とも称された自軍の強力さはしかし、当時のメガトロン自身にとっても理解を超えた現象であり、長きのだった。遥かな時を経てオルタニティの一員となった彼は、メガトロン集合体の征服戦略の一つとして「地上のデストロンをオルタニティの力で増強・進化させる」という実験的プランが持ち上がった時に、全てを理解した。かつての超戦力の秘密は、天上の力を得たメガトロンがみずからの過去に介入し、手を加えた結果だったのだ。彼自身のたどった歴史では、最終的に”強化デストロン”の天下は不屈のサイバトロン戦士・ウルトラマグナスの反撃によって打ち砕かれたが、今や多次元にまたがる視野を持つ彼にとって、それは可能性の1ルートに過ぎない。勝利への正しき結末を見届けるべく、メガトロンはゲームの黒幕となって神の初手を繰り出したのである。

……そう、このメガトロンの出身はトラウマゲームの急先鋒「コンボイの謎」の世界。
あの容赦なく降り注ぐ極小弾などなどはオルタニティの介入によるものだったんだよ!!
……という、驚きの設定がされており、このアイテムの魅力を高めています。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ2
玩具いじりの隠れ家-黒メガ3
ビークルモードはフェアレディZ(ダイヤモンドブラック)。
最新モデルであるZ34型を1/32スケールで精密に再現しています。
フレームには合金部品が使用され重量感も抜群、塗装は光沢のある黒で塗装されています。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ4
もちろんドア開閉や内部のハンドル・ダッシュボードの再現、ボンネットの開閉とエンジンルームの再現など、カーモデルとしてのギミックも抜かりなし。詳しくは同型のブレードシルバーの記事を参照してください。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ5
かつて「理不尽なまでの強さ」の軍勢を擁しながら不屈の戦士ウルトラマグナスに敗れたこのメガトロン。
オルタニティとなった今、デストロンが勝利するルートへ世界を導くべく神の初手を繰り出す!

玩具いじりの隠れ家-黒メガ6
玩具いじりの隠れ家-黒メガ7
ロボットモード。黒一色だったビークルモードからは思いもよらない赤のアクセントが重厚なイメージです。
これは初代メガトロン玩具の前身・「ミクロチェンジシリーズガンロボ・ワルサーP38」をイメージした配色とのこと。
単なるカラーバリエーションのため、連動変形シンクロテックなども健在です。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ8
頭部アップ。鎧武者の意匠を取り入れたデザインは健在です。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ9
眼には集光ギミックがあり、上から光を当てると光って見えます。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ10
ブレードシルバー・プレミアムルマンブルーにはなかったポイントとして、腰にはデストロンマークがあることが挙げられます。肩の鎧など塗り分けが増えているのもディテールが引き立ち嬉しいところ。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ11
可動範囲は当たり前ですが以前のものと同一。広い可動範囲でアクションポーズを再現可能。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ12
両腕に内蔵された、エキゾチック粒子を浴びせる武装「グラビタルブレード」も健在。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ13
腰に下げた二本の刀「テセラクタルソード」は手に持たせられます。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ14

玩具いじりの隠れ家-黒メガ15
玩具いじりの隠れ家-黒メガ16
ついに3つの世界のメガトロンが集結。
より力を増していく「メガトロン集合体」をオルタニティたちは倒すことができるのか……!?

玩具いじりの隠れ家-黒メガ17
付属コミックのようにコンボイ・アルティメイトメタルシルバーと対決。

なぜ2009年の時代にメガトロン集合体は居座るのか、その目的を探ろうとするコンボイにメガトロンはあるゲームを申し出ます。それは、自分の力を分け与えた強化デストロン軍団をただ一人の戦士のみに力を貸し与え撃破しろというもの。撃破する前に100の敗北ルートが発生してしまえばコンボイの負けとなってしまいます。
コンボイが勝利すれば質問に一つだけ答えるというのです。

……要するに「コンボイの謎を100機以内でクリアして見せろ!」と言っているわけです。
コンボイはその世界の命を守るためゲームを受けウルトラマグナスに3つの光を通して力を与えます。
コンボイの謎のスタート画面を思わせる場面です。
そういえばあのゲームに登場するコンボイの顔はアルティメイトメタルシルバーのように銀色でした。

玩具いじりの隠れ家-黒メガ18

玩具いじりの隠れ家-黒メガ19
というわけでオルタニティメガトロン・ダイヤモンドブラックでした。
ミクロチェンジシリーズ・ガンロボワルサーP38モチーフという配色の妙や、ある意味伝説のゲーム「コンボイの謎」と絡めた設定などが、このアイテムを単なるカラーバリエーションに終わらせず新たな魅力を付与しています。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR