超ロボット生命体 トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ/情報員 バンブルビー

DSC_8821.jpg
今日は新たに始動したアームズマイクロンシリーズより、オートボットの情報員バンブルビーを紹介。

4月より新たにスタートする最新アニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」に登場するキャラクターたちが放送に先駆けおもちゃで登場。武器に変形する小型のトランスフォーマー・アームズマイクロンが付属しており、アームズマイクロンを武器に変形させ装備(アームズアップ)させることが出来ます。さらに複数のアームズマイクロンを集めればそれらを合体(リンク)させ、さらに巨大な武器を造り出す事が可能。
そんなアームズマイクロンシリーズの第1弾アイテムの一つとしてバンブルビーが登場。

バンブルビーは小柄な身体に類まれな勇気と意思を秘めたオートボット戦士。
過去の戦闘で発声機能を失っており、電子音や愛嬌あるジェスチャーでコミュニケーションを行います。
スピードを生かし偵察や伝令に活躍する彼は、地球に最も長く潜伏していたため、人類の事にも詳しいです。

それではパッケージからプロフィールを引用。

バンブルビーは年若いオートボットである。正しいことには全力を尽くし、決意を持って常に進んで行動する。
その小さなサイズから生み出される素晴らしいスピードは、彼を優れた偵察員及び伝達員とさせている。
他のオートボットと比べて地球での生活が長い彼は、地球人を愛し、理解するようになった――特に天才少年”ラフ”・エスキベルを。バンブルビーは小さく、話すことも出来ないが、戦闘で発声機能を破壊されても戦いを続けるという強い意志と、どんな危険でも恐れない勇気を持っている。

DSC_8744.jpg
DSC_8749.jpg
このアームズマイクロンシリーズの特徴は、完成品の本体にシールを貼り付けることで完成すること。
というわけでまずはシールを貼り付けていない状態でのビークル・ロボットモードの写真を掲載。

DSC_8789.jpg
DSC_8791.jpg
シールを張り付けた状態のビークルモード。スポーツカーに変形しています。
特徴である黒のストライプはシールを貼り付けて再現。もちろん転がし走行が可能になっています。

DSC_8795.jpg
ボンネットのエンジン部分とルーフ、ドアに5つの5ミリジョイントが存在。

DSC_8796.jpg
ガラスとフロントライトはクリアパーツで再現。

DSC_8754.jpg
アームズマイクロンシリーズのもう一つの特徴、それは付属のアームズマイクロンが組み立て式キットになっていること。というわけでランナー状態を掲載。中央にはエネルゴンクリスタルを表現するクリアパーツがあります。
ランナーの番号順に部品を切り取り、組んでいけば完成する旧ゾイドみたいな方式。

DSC_8797.jpg
DSC_8798.jpg
アームズマイクロン・ビーツー。
名前の由来は「Bumble Bee」の頭文字のB二つをとって。

アームズマイクロンとは、TFのエネルギーの源、エネルゴンの欠片であるエネルゴンクリスタルがTFの武器に宿ることで進化した小型のトランスフォーマー。TFの武器に変形し、フィギュア王に掲載された開発者インタビューによればTFたちは自分たちの武器がマイクロンになっていることには気づいてもいないとのこと。

DSC_8799.jpg
ビーツーは肘が可動し、ポーズ付けが可能です。
胸のエネルゴンクリスタルは丸型の「スピードポイントクリスタル」。属性は青色のピュア。

DSC_8800.jpg
ビーツーは二連装の銃に変形。
5ミリ穴が三つ開いているので、他のアームズマイクロンとの合体(リンク)の幅も広いです。

DSC_8801.jpg
銃に変形したビーツーをビークルモードの5ミリジョイントに武装(アームズアップ)させることが可能。
ここではルーフのジョイントにアームズアップ!

DSC_8802.jpg
エンジン部分のジョイントにアームズアップさせることももちろん可能です。

DSC_8803.jpg
他の商品を持っていれば、それに付属するアームズマイクロンも一緒にアームズアップさせることが可能。
ここではオプティマスプライムのオーピーと、ラチェットのアルエを同時にアームズアップ!!

DSC_8846.jpg
先行して発売されたファーストエディション版バンブルビーとビークルモードで比較。
大きさも変わっていますが、やはり一番目を引くのはアームズアップ用のジョイント。

DSC_8805.jpg
DSC_8806.jpg
DSC_8808.jpg
ビークルからロボットへの変形の際、両腕を動かすと連動して頭部と胸部が自動変形するギミックがあります。
これ以外の変形も非常にシンプルで、何度も変形させて遊びやすい仕様になっています。
説明書に載っている、変形タイムアタックの目標タイム・30秒にチャレンジ!

DSC_8813.jpg
DSC_8814.jpg
ロボットモード。
自動変形ギミックの影響かやや首が浮いて見えますが、プロポーションはおおむね良好。
胸のオートボットエンブレムなどがシールで処理されています。

DSC_8816.jpg
バストアップ。

DSC_8818.jpg
頭部アップ。顔の造形は特徴的なデザインを見事に再現しています。

DSC_8819.jpg
眼には集光ギミックがあり、上から光を当てると眼が光って見えます。

DSC_8822.jpg
手足の付け根、肘、膝、首が可動し、ポーズを付けることが可能です。
肘の関節にはクリックが入っており、しっかり保持が可能。

DSC_8823.jpg


DSC_8826.jpg
腕のジョイントに、銃に変形したビーツーを装備(アームズアップ)させることが可能。
ちなみにビーツーが変形した銃は、アニメ劇中でバンブルビーが装備している武器に近いデザイン。

DSC_8830.jpg

DSC_8840.jpg
ダブルバレルのブラスターでディセプティコンを撃て!

DSC_8832.jpg
また、ビーツーは手に直接持たせたり、羽の部分のジョイントに装備することも可能。

DSC_8834.jpg
他のアームズマイクロンを多数アームズアップさせ、バンブルビーをさらにパワーアップ!
君の手で最強のバンブルビーを作り出せ!

DSC_8844.jpg
先行して発売されたファーストエディション版バンブルビーとロボットモードで比較。
変形がタイトな代わりに、ビークル・ロボット両モードのスタイルを高いレベルでまとめたファーストエディション版。
一方、自動変形ギミックによる変形の面白さ・小気味よさやアームズマイクロンとの連動など、遊びの要素を追求したアームズマイクロン版。どちらも秀逸な出来のアイテムです。

DSC_8837.jpg
というわけでアームズマイクロン版のバンブルビーでした。
TFは実際に触ってみて初めてわかる魅力があるといいますが、このAMバンブルビーも、自動変形などを駆使したストレスフリーな変形、アームズマイクロンの武装など、とても遊びやすくなっており、ガチャガチャ遊び倒すにはもってこい。かなり気に入っています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>自動変形ギミックによる変形の面白さ・小気味よさやアームズマイクロンとの連動など、遊びの要素を追求したアームズマイクロン版

自分はこちらです
オモチャなんだから変形の難しさなんていらない
どうせスタイルなんて大差ないんだし
しかしバンブルビーも乱発ですなぁ
日本のママの必殺技「それもう持ってるでしょ!別のニしないさい」攻撃が発動しちゃうよ?

顔はもうちょっと格好よくして欲しかったですね
丸顔過ぎるし眉毛もいらない、ロボットなんだから

アームズアップ!

ピンポインター用に、何を買うか悩んでますがバンブルビー中々によいですねぇ。

黒いラインがシールというのも、割りきっちゃえば気にならないかも?

Re: No title

>エアトスさん
そうですかー、なるほどー。

Re: アームズアップ!

>寮スバルさん
自動変形ギミックも楽しく、なかなかいい感じですね~。
シールというのもいざ貼りつけてみれば、そんなに気にならなかったりでおススメですw
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR