ROBOT魂/ウイングガンダム(EW版)


今日はROBOT魂から、ウイングガンダム(EW版)を紹介。
ウイングガンダムは、5機のコロニー製ガンダムのうち、ドクターJが開発した汎用性の高い機体。主なパイロットはヒイロ・ユイです。最大の特徴は背中に備えた巨大な翼で、バード形態への可変機構を持ちます。主武装のバスターライフルはMSを一撃で貫通するほどの威力を持っています。そんなウイングガンダムがROBOT魂に登場。
ウイングガンダムゼロ(EW版)のリデコレーションアイテムで、「ENDLESS WALTZ~敗者たちの栄光~」に登場した姿を立体化しており、造形の良さと広い可動範囲を両立しています。
このアイテムは魂ウェブ商店で、2011年6月10日から2011年8月3日まで受注販売されました。


フロントビュー。鮮やかなカラーリングを再現しています。
バード形態への変形は再現されていません。ウイングが重いためやや立たせにくいです。


リアビュー。特徴的なウイングは新規造形。
ウイングの根元に可動部があるため自由に動かすことが可能です。


バストアップ。私の個体は眼の塗装の下地の銀がはみ出していたのでスミ入れペンで修正しています。


マシンキャノンはカバーを開閉することが出来ますが頭部に引っかかるのも相変わらず。
両腕の爪パーツは可動します。


付属品一覧。バスターライフル・ビームサーベル・シールドといった武装は一通り付属しています。
その他、交換用手首2種類と魂STAGE接続用パーツが付属。


シールド。本体に接続するジョイントパーツに可動部があるので本体の可動を妨げません。


シールドの裏側にはビームサーベルの柄を取り付けておくことが出来ます。


腕にエネルギー・カートリッジ・ポッドを取り付けることが出来ます。
カートリッジ・ポッドは2つ付属しており両腕に装着可能。


バスターライフルは大きく、迫力のある造形になっています。


ライフルのカバーガードが可動し、やはり本体の可動を妨げません。


バックパックに魂STAGE接続用パーツを装着すれば、別売りの魂STAGEを使って飾ることが出来ます。


可動範囲はかなり広く、肘や膝は二重関節でかなり深く曲げることができます。
また、肩の関節は引き出し式。


ビームサーベルの刃はクリアパーツ。






ウイングガンダムゼロ(EW版)との比較。
本体の形状は同一ですが、ウイングガンダムは鮮やかなカラーリングでかなり派手な印象です。


というわけでウイングガンダムでした。
ベースになったウイングガンダムゼロが広い可動範囲と曲線主体のデザインを再現した造形の良さを両立していただけに、リデコレーションアイテムであるこのウイングガンダムも良好な仕上がり。鮮やかなカラーリングを塗装で再現しているのはさすがは限定アイテムといったところでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このカラーは派手でいいですよね

Re: No title

>エアトスさん
そうですね、テレビ版ウイングガンダムとはまた違った魅力があると思います。

後悔先に立たず

はじめまして。
限定なのが残念です><
変形がオミットされているから買わなかったのですが、今ではちょっと後悔してます。
通常販売されるのを待っている状態です(´Д`;)
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR