トランスフォーマーダークサイド・ムーン/サイドスワイプ

玩具いじりの隠れ家-サイドス1
今日は実写映画第3作、「ダークサイド・ムーン」より、オートボットの白銀の戦士、サイドスワイプを紹介。
新機構メックテックウェポンを装備することが可能な完全新規設計の玩具となっています。
また、ビークルもダークサイド・ムーン本編に登場するものに合わせたデザインになっています。
それでは付属のメックテックカードからプロフィールを紹介。

古代サイバトロニアン剣術のスペシャリスト。接近戦で彼にかなうものはいない。
仲間たちはディセプティコンとの戦いに備えて、サイドスワイプから剣術の訓練を受けている。
[メックテックウェポン]コードネーム:サイバトニウムソード。
サイドスワイプのブレードをN.E.S.T.がショットガンと融合させた新兵器。近接戦闘で威力を発揮する。

さらに箱裏のキャラクターバイオを翻訳。

サイドスワイプが2フィート先のディセプティコンと直面した時には既に磨き上げた2振りのサイバトニウムブレードの準備ができている。彼にとって射撃武器は簡単な相手だ。ブレードを打ち負かせるものなどはない。彼のオートボットの仲間たちはディセプティコンに遭遇した時のため、彼に古代サイバトロニアン剣術の訓練を求めている。




玩具いじりの隠れ家-サイドス2
玩具いじりの隠れ家-サイドス3
ビークルモードはコルベット・スティングレイコンセプトモデル。
前作とは異なりオープンカーとなっています。座席やハンドルはもちろん再現。転がし走行も可能です。
前作のものとは異なり塗装がされていないため高級感は欠けますが、その分塗装剥げを気にせずいじりやすいというメリットもありなかなか難しいところであります。

玩具いじりの隠れ家-サイドス4
上部にメックテックウェポンを装備可能。武器を取りつけていないときは穴がふさがります。
また、側面にも武器を取りつけるポイントがあります。

玩具いじりの隠れ家-サイドス5
メックテックウェポンはレバーを押すことでソードが展開!レバーを離すとまた元に戻ります。
ここではギアのかみ合わせをちょっくらいじって固定してありますが、破損の可能性もあるので実行は自己責任でお願いします。

玩具いじりの隠れ家-サイドス6
フロントバンパーには何かをはめ込めそうなくぼみがあり、腕のパーツには何かにハマりそうな突起があります。
この2つはちょうどかみ合います。

玩具いじりの隠れ家-サイドス7
これを活かし、ブレードを展開したビークルバトルモードに!この状態でもしっかり転がし走行が可能です。
説明書には書かれていない隠しギミック的な感じ?

玩具いじりの隠れ家-サイドス8
$玩具いじりの隠れ家-サイドス9
ロボットモード。変形の際、ボンネットのパーツが外れやすいので注意が必要です。
プロポーションは非常に良好で、逆関節もしっかりと再現。
爪先の変形はパッケージでは前後逆になっていますが説明書準拠ではこれが正解。
踵が大きいのでしっかり自立します。

玩具いじりの隠れ家-サイドス10
頭部アップ。相変わらずのカッコいいデザイン。

玩具いじりの隠れ家-サイドス11
眼はクリアパーツで、後ろから光を当てると光って見える集光ギミックがあります。

玩具いじりの隠れ家-サイドス12
両腕のブレードを前に向けることが可能。サイドスワイプの特徴ともいえる武器だけに再現されているのは嬉しいですね。

玩具いじりの隠れ家-サイドス13
各部関節が可動。腿の部分にロール軸が仕込まれており、細かいポーズ付けが可能。
デザインの都合上、顎を引いた状態で首を横に向けなかったり、膝が逆関節のため曲げにくいというところはあります。
ただし、膝は足を伸ばした状態にすることで二重関節チックに動かせます。
前作と違い、股関節のチューブが省略されたため、可動範囲は広くなっています。

玩具いじりの隠れ家-サイドス14

玩具いじりの隠れ家-サイドス15
ローラーダッシュ風に。

玩具いじりの隠れ家-サイドス16
メックテックウェポンを手に持たせることができます。

玩具いじりの隠れ家-サイドス17
メックテックウェポンはレバーを押すことでショットガンからサイバトニウムソードに変形!
ソードの刃はパッケージではメタリックブルーでしたが実際は成型色。
また、通常はソードの刃を展開した状態で固定できません。

玩具いじりの隠れ家-サイドス18

玩具いじりの隠れ家-サイドス19
新たなる武器・メックテックウェポンで射撃・格闘どちらもこなせるようになったサイドスワイプ!
もはや彼に死角はない!?

玩具いじりの隠れ家-サイドス20

玩具いじりの隠れ家-サイドス21
付属のメックテックカードは「サイドスワイプ」と「サイバトニウムソード」の2枚。
重ねることで武器を装着(メックアップ)した状態を再現可能です。

玩具いじりの隠れ家-サイドス22
というわけでサイドスワイプでした。
前作の玩具が塗装され質感がよかっただけに、成型色丸だしというだけで評価を下げている感があるこのアイテム。
しかし股関節の可動範囲の向上や、爪先の形状の進化により自立が容易になっている点など、進化している点があるのも見逃せません。変形が難しいオープンカーからの変形を実現していながらプロポーションも良好と、実はけっこう出来がいいアイテムだと思います。それだけに塗装がなく、安っぽく見えてしまうのが残念ではあるんですけどね……。

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

剣格好いいですね、リペしてトリコロールに塗り替えればかなり勇者シリーズっぽくなりそうです

2 ■初めまして

>塗装がなく、安っぽく見えてしまうのが残念

まぁ、子供向け玩具としては正しい在り方なんじゃないですかね
対象年齢を考えると、コレクターマニアの為の商品ではないですし
個人的には前作よりも遊び易くて気に入ってます

3 ■Re:無題

>エアトスさん
前作の時に考えましたw>トリコロール 
ブレードが大きくカッコいいと思いますね。

4 ■Re:初めまして

>すゐさん
はじめまして。
そうですめ、遊びやすさでは今回の仕様が適しているとわたしも考えています。
今回の玩具はかなり遊びやすくて気に入っていますね。
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR