DXポピニカ トライゴウラム

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム1
今日はDXポピニカとして発売された仮面ライダークウガが駆るマシン、トライゴウラムを紹介。
トライゴウラムとは、警視庁が都市用の特殊白バイとして開発したスーパーマシン、トライチェイサー2000と、古代戦士クウガのしもべとして古代リント族が作りあげた装甲機、ゴウラムが融合合体することで誕生する戦闘マシン。
最高時速400kmのスピードを誇り、立ちはだかるものはその強固な装甲で粉砕します。
「仮面ライダークウガ」放送当時に発売されたこのDXポピニカは、この融合合体を完全再現しています。
また、別売りの装着変身が搭乗可能という高いプレイバリューを誇るアイテムでした。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム2
玩具いじりの隠れ家-ゴウラム3
トライチェイサー2000。警視庁が開発したスーパーバイクで、一条刑事を介して五代雄介=仮面ライダークウガに渡され、その愛車となりました。優れた登坂機能と超スピードを併せ持ち、怪人の追跡に活躍します。
玩具はクウガが乗る時の車体カラーバージョン、ゴールドヘッドを再現しています。
ちなみに限定版として雄介が平常時に乗る時のカラーバージョンであるブラックヘッドバージョンも存在しています。
車体にはダイキャストが使用され、重量感があります。ゴウラムとの合体の都合上、ハンドル及び前輪部は回転しません。また、右グリップを引き抜いてトライアクセラーに、というギミックは再現されていません。


玩具いじりの隠れ家-ゴウラム4
玩具いじりの隠れ家-ゴウラム5
各部マーキングはしっかり再現されています。

$玩具いじりの隠れ家-ゴウラム6
後部のアンテナは伸縮させることが可能です。
また、後輪にはサスペンションが仕込まれており、上から押せは縮めることが可能。
押し縮めた状態でロックボタンとなっているエンジンの丸いパーツを押すと、サスペンションを縮めた状態で固定できます。
これはゴウラムとの合体のためのギミック。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム7
別売りの装着変身を乗せることができます。
ここでは、近年発売されたS.H.フィギュアーツの仮面ライダークウガを乗せてみました。
元々このトライチェイサーの方が装着変身と比べると大きめのスケールだったので、むしろ装着変身より大きめのサイズのフィギュアーツとの相性がいいかも。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム8
華麗なトライアルアクションも魅力だった仮面ライダークウガ。
というわけでウィリーをとらせてみたり。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム9
今、アクセルを解き放て!

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム10
玩具いじりの隠れ家-ゴウラム11
バトルゴウラム。クウガのしもべとして古代リント族が作りあげた甲虫型の装甲機で、人工知能を持ち、クウガの命令にしたがって戦いを支援します。玩具は非常にボリューム感ある造形となっています。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム12
玩具いじりの隠れ家-ゴウラム13
羽を広げることができます。各部の塗装も非常に丁寧。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム14
ゴウラムを飾るためのディスプレイスタンドが付属しています。
台座は「戦士」を表すリント文字があしらわれており、凝った作りです。
また、装着変身仮面ライダークウガをぶら下げるためのグリップパーツが付属しており、ゴウラムに装着することでクウガを空中に運ぶシーンを再現することができました……が、私は中古で入手したためこのパーツは欠品でした。あうう;

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム15
ゴウラムを真上から見るとこんな感じに(この写真ではスタンドに立てかけていますが……)。
頭部には「来たれ 甲虫の姿を型どりし 馬の鎧となる 僕よ」と書いたリント文字が再現されています。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム16
近年のゴウラム関連アイテムであるクウガゴウラムと。
仮面ライダークウガから変形する、というギミックがありながらクウガゴウラムはよく元のゴウラムのシルエットを再現していると思います。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム17
それではいよいよトライゴウラムに融合合体!

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム18
トライチェイサーの前輪を前にスライド、後輪のサスペンションを縮めた状態でロックボタンとなっているエンジンの丸いパーツを押し、縮めた状態で固定します。この変形で車高が低くなります。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム19
ゴウラムは前後に分割し、それぞれ変形させます。
変形したゴウラムをトライチェイサーに合体させることで融合合体完了!

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム20
玩具いじりの隠れ家-ゴウラム21
トライゴウラム。トライチェイサー2000とゴウラムが融合合体することで誕生する戦闘マシンです。
玩具は元々大きかったゴウラムがトライチェイサーにくっついているので、さらに大きな迫力ある造形です。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム22
もちろん装着変身やフィギュアーツを乗せることが可能。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム23
角の先端に封印エネルギーを集中、体当たりして敵を粉砕するトライゴウラムアタックが必殺技だ!

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム24
クウガゴウラムを乗せてみました。背中のゴウラムの甲羅(?)は取り外す必要があります。

玩具いじりの隠れ家-ゴウラム25
というわけでトライゴウラムでした。
劇中ではベース車両が違い、形が大きく変わっているトライチェイサーとトライゴウラムの2形態を見事な工夫で両立しているには驚きです。ゴウラムのディスプレイスタンドなどのオプションも充実しており、非常に出来の良いアイテムです。
フィギュアーツにも見事にフィットするのでフィギュアーツ仕様での再販があってもよさそうですが……。

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

これは懐かしい!
俺もブラックヘッドバージョンを持ってましたよ。
凄い細かくて良く出来てましたよね~。

http://twitpic.com/42kypx
↑そして今はこの有様だよ!

2 ■無題

 私は「ビート」の方を所持してます。
 フィギュアーツ・クウガとの相性はバッチリですね(^^)
 ただ、こっちのは「トライ」との差別化の為かゴウラムの色が違うのがちょっと不満…(^^;)

3 ■Re:無題

>だびでさん
10年以上前のアイテムとは思えない精密さですよね~。
ブラックヘッドバージョン、販売期間が短かっただけに今ではなかなかレアだったもかも?w

4 ■Re:無題

>影丸さん
装着変身用でありながらむしろフィギュアーツとの相性がいいことには驚きましたw
ビートゴウラムのゴウラムはエンシェントカラーと称したカラーになってるんですよね。
あのカラーリングも一瞬本編に登場したとのことですがなんとも……w
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR