トランスフォーマーユニバース/情報参謀サウンドウェーブ

だいぶ夜が涼しくなり、秋の気配が近づいてきましたね。
……8月が暑すぎて感覚が麻痺してるだけ?

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ1
「メガトロン様、コンドルが戻ってきた」
今日は海外で展開するトランスフォーマーユニバースの限定アイテム、デストロン情報参謀サウンドウェーブを紹介。
G1の商品を復刻したもので、サンディエゴコミックコンベンション2009の会場で販売されたそうです。
日本で復刻されたアンコール版とほぼ同等のものですが、相違点としてカセットロン達が4体付属していることがあります。
私はサウンドウェーブを所有していなかったので今回輸入ショップで入手しました。
海外版アイテムですが、紹介は日本版の名称で行います。あしからず。

サウンドウェーブはデストロンの情報参謀。胸から発進させるカセットロンを使って諜報活動を行います。
無口で無表情、何を考えているかわからないところもありますが、リーダーであるメガトロンには忠実です。
エネルゴンキューブを作りだすことができる数少ない存在で、ブレインスキャンで他人の考えを読み取ることもできます。
戦闘時は強烈な振動波を生みだすオーディオディスラプターで敵を蹴散らします。スタスクより有能じゃねえか……
それでは箱裏。

「恐怖と悲鳴こそが俺の耳には音楽だ」
サウンドウェーブは蝿のくしゃみさえ聞き取ると噂されている。
聞いたこと全てを出世のため恐喝の材料に使う陰険な日和見主義者で、他のデストロン全員から嫌われている。
そのセンサーはどんな弱い回路のエネルギーでもキャッチし、相手の電子頭脳の電気的振幅をモニタして心を読む。
他のデストロンと電波通信ができ、サイバトロンを発見しだい通報を行なう。振動銃の使い手でもある。
彼の最大の敵は報復を企むかつての仲間たちなのだ。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ2
パッケージ。ちなみにシールは最初から貼られていました。海外の25周年記念マークがついています。
背面の写真には胸部にサウンドブラスターの金型が使用されていますが、実際はサウンドウェーブのままです。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ3
カセットレコーダーモード。ちなみに日本版の当時品に付属していたヘッドホンは付属していません。
元々はミクロマンのミクロチェンジシリーズとして発売されており、その完成度は高いです。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ4
左右にはボリューム調節用のダイヤルと電源スイッチを模したパーツがあります。芸が細かい……。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ5
さらに背面には電池ボックスがあり、電池を模したパーツを入れられます。
そのパーツはロボットモードでは武器となります。この辺の細かさはさすがタカラといったところ。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ6
また、電池ボックスのふたにはベルトホルダーが存在し、ベルトに装着して持ち運びが可能。
……いやまあ、特に意味はないけどさ、雰囲気作りって大切じゃん? こういうこだわりはまさにタカラのお家芸。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ7
さらに、付属しているカセットを収納し、イジェクトボタンを押して蓋が開閉。
変形させる対象の特徴をギミックに落とし込んだナイスなギミックです。こんなものを25年以上前に作ってしまうとは……

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ8
ロボットモード。当時の商品としては非常にプロポーションが優れています。
当時の商品の中では最もアニメでのイメージに近いキャラクターではないでしょうか。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ9
シークレットエンブレム(温めると所属する軍団のエンブレムが浮かび上がる)は左肩に存在。
夏の間は浮かび上がりっぱなしです。(;´Д`)

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ10
下半身こそ動きませんが、上半身は変形機構の都合で可動部が多く、割と自由なポーズ付けが可能。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ11
顔。さすがにここは今の眼では厳しいかも。眼の色が黄色いですが、これは発売当初から。
(アニメではデストロンは原則赤い眼でした。)
ていうかこれって黄色い所が眼なのかそれともその下の青い部分が眼なのかどっちなんだろ……Σ(゚д゚;)

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ12
手持ち武器からはミサイルを発射可能……のはずですが、バネが非常に弱く、発射は不可能でした。
これってアメリカの安全基準のせいなのかな(´Д`;) ちなみに、肩の武器からは何も発射できません。

それではここからサウンドウェーブのもう一つの魅力、カセットロン達について紹介しましょう。
この商品には4体のカセットロンが付属しています。
レーザービーク(日本名:コンドル)
バズソー
ラヴィッジ(日本名:ジャガー)
ラットバット
の4体です。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ13
レーザービーク(日本名:コンドル)
普段はカセットモードでサウンドウェーブの胸に収まっていますが、命令を受けると発進し諜報・偵察を行います。
臆病な性格ゆえに一撃離脱戦法を得意としており、その実力はコンボイやスタースクリームを打ち負かすこほど。
的確に任務をこなし、標的に素早く襲いかかる姿からデストロン最強では?との声も。
ただしその強さは奇襲の素早さによるもので、対空能力に長けた戦士には弱いです。
設定によるとモットーは「俺がサイバトロンで好きなところは融点だけだ」とのこと。かっこいい……(*´Д`)=з

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ14
バリアケースが付属しており、収納することが可能。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ15
サウンドウェーブの胸に収納。そして……

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ16
「コンドル、イジェェェクト」
「イジェクト」の指令で胸から発進します。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ17
カセットが展開、武器を装着し変形完了。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ18
鳥にしか見えないそのフォルムはお見事。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ19
アニメのように、腕や肩に乗せることもできます。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ20
バスソー
コンドルの色違いです。海外の当時品ではサウンドウェーブに付属していました。
コンドルだけでは任務を果たせないときに発進しますが、影は薄いです……
カセットモードではコンドルとほとんど一緒です。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ21
変形してもやはり色違い。ちなみに設定ではいつも気に入らないような仏調顔でいるそうです。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ22
コンドルと一緒に出動。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ23
ラヴィッジ(日本名:ジャガー)
黒いマイクロカセットです。普段はサウンドウェーブの体内に入っています。
主に諜報活動・破壊工作に力を発揮し、また、サウンドウェーブに入ることで、言葉を伝えることができます。
また、デストロン基地の警備をこなす番犬としても働きます。(ネコ科だけど)

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ24
サウンドウェーブの中に収納。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ25
変形し、武装を装着。平面ながら獣のシルエットをうまく再現しています。
4本の脚は自由に可動し、獣らしいポーズをとらせることが可能。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ26
なんだろう……すごくかわいい……:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ27
ラットバット
後から追加されたカセットロンの一人で、ザ・ムービーから登場しました。
日本ではスクランブルシティ発動編で登場し、メトロフレックスの情報をデストロンにもたらしました。
アメコミではディセプティコン(あえて海外名)のリーダーに一時期なったことで無駄に有名。
後発だけにカセットモードでの分割線が少な目になり完成度が上がっています。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ28
サウンドウェーブの中へプリーズカムイン(ぉ

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ29
変形。耳・顔・手などが内部から引き出され変形する機構が非常に凝っています。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ30
二つ折りになっていた羽が広がりコウモリのシルエットを形成されます。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ31
ヘケヘケメガトロンと。ヘケヘケでリメイク、してほしかったなあ……
しかし遜色のないプロポーションは流石。可動はさすがに差がありますけど……
忠実な情報参謀の登場で我が家のメガトロン様も安心です。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ32
ミュージックレーベルのサウンドウェーブ(ブラスターブラック)と。
ミュージックレーベルは音楽再生機能が付いて小型化しているんですね。MP3ってすげえな……。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ33
リベンジ版と。リベンジ劇中未登場のロボットモードとは顔のデザインなどが相似しています。
まあそれ以外はムービー勢の他に違わず似てないんですけども(・∀・)
しかしリベンジ版にもスピーカーを意識したクリアパーツが存在しており、なんとか繋がりがありますね。

玩具いじりの隠れ家-サウンドウェーブ34
「サイバトロンを倒せ~♪」
「地球は、デストロンのものだ~♪」
サウンドウェーブの日本版のCMは面白いですよね。悪役も主役級なTFならではって感じで。

というわけで雨にも風にも負けない燃焼を叫んでるサウンドウェーブさんのユニバース版でした。
日本で復刻されたアンコール版との違いはほとんどないので、アンコール版を所有している人は必要ないかと。
ただ、カセットロンが多く付属しイジェクト遊びを存分に楽しめるため、これまでサウンドウェーブを入手していなかった人にはおススメです。25年以上経ってもなお色あせない魅力を持つ傑作商品だけに、是非一度は触れてほしいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR