トランスフォーマーアニメイテッド日本版玩具展開を振り返る

玩具いじりの隠れ家-振り返り1
さて、今日12月25日、とうとう最終回を迎えた「トランスフォーマー アニメイテッド」。
といっても未放送地域在住で、カートゥーンネットワークで遅れて視聴している私にとってはあまり実感がないのですがw
そこで今回はアニメ放送終了記念!トランスフォーマーアニメイテッド玩具の日本展開を振り返りたいと思います。
ただ、私個人の視点で振り返る、個人的な内容なので、事実関係に誤りがあるかもしれないことを先にお詫びしておきます……。

さて、「トランスフォーマー アニメイテッド」は海外においては2007年から2009年にかけて展開していたシリーズです。
カートゥーン・アニメーション風のキャラクターデザインなど、これまでのシリーズから印象を一新した作品でした。
玩具もカートゥーン調のキャラクターたちを劇中のイメージそのままに立体化するのはもちろん、可動やギミックも良く練られており、非常に完成度の高いものでした。
予算の都合もあって海外版を基本的に買わないようにしている私は、海外版を入手してレビューをなさっていた偉大なる先人たちのレビューを見て、早く日本でも販売されないものかと歯噛みしていたものですw

そんな中、海外では2009年の第3シーズンを持ってアニメの放送終了、玩具展開も縮小……という報を聴き、残念に思うと同時にアニメが完結したならば日本展開もあり得るか……と淡い期待を抱いたものです。

玩具いじりの隠れ家-振り返り2
さて時は流れて2009年の暮れ、11月ごろ。
映画「トランスフォーマー リベンジ」の玩具展開も、決定版と言えるバスターオプティマスプライムの発売をもって一段落。
映画の世界観を踏襲した玩具オリジナルシリーズ「N.E.S.T.グローバルアライアンス」の情報もネット上に流れており、私もリーコンアイアンハイドやブラジオン、マインドワイプなど、魅力的な新作TFの情報に来るべき2010年のTFの展開を楽しみにしていたものです。

玩具いじりの隠れ家-振り返り3
そんな2009年12月、ネット上に突然TF好きにとって衝撃的なニュースが流れました。
「トランスフォーマーアニメイテッド」の玩具が3月に日本で発売決定……何故か(笑)海外ショップから具体的なラインナップと共に流れてきたこの情報は、当時TFファンには驚きをもって迎えられた、という印象があります。
もちろん公式発表ではなかったため、その真偽を問う声も大きかったですね。
なにより話題となっていたのは、当時海外でも未発売だったアーシーがさっそく4月に発売されるということでした。
私としては、3月発売となると、3月には前述の「N.E.S.T.グローバルアライアンス」シリーズ新作も発売される予定があったので、本当だとしたらお金のやりくりが大変だなあ……とは思っていましたねw

2009年12月18日、「トランスフォーマーリベンジ」のBD/DVDが発売されました。
私はAmazon.co.jp.限定のオプティマスプライム ブラックヴァージョン付属のものを注文したため、発売日からだいぶ到着が遅れたのですが……w
それはさておき、このBD/DVDには初回封入特典として「特製ステッカーシート」が付属していました。
このステッカーシート、発売までは一切詳細不明で、恐らく誰もその存在を気に留めていなかったと思うのですが……。
ところがである!

玩具いじりの隠れ家-振り返り4
なんとステッカーシートには実写版オプティマスプライムと並んで、アニメイテッド版オプティマスプライムの姿が!
アニメイテッド玩具日本展開についてはこれがおそらく最初の公式発表であったと思います。
人気の実写映画版と絡めた宣伝については賛否両論ありましたが、新シリーズの導入としてはなかなか盛り上がる仕掛けだったと私は思います。

玩具いじりの隠れ家-振り返り4
裏面には「新たな玩具シリーズ登場予定!」との言葉が。同時に、「これが新しいオプティマスプライムだ!」との言葉もあり、名前は海外版名称に準拠したものになることもわかりました。

数日後には公式サイトにもアニメイテッドの情報が載り、弥が上にも盛り上がりましたね。
公式サイトの情報でもムービーシリーズとの連動が謳われ、「あの映画がアニメになった!」という売り文句でした。
これは以前からのファンから観れば「?」なところもあったと思うのですが、絶大な知名度を誇るムービーシリーズとの連動を謳うことで、実写映画からのファンに違和感なく移行してもらおう……という考えがあったのだと思います。
ホビー雑誌でも、ムービーに合わせて設定を変更するという記述があり、はたして、これはどういうことなのか!?とファンの間では不安の声が上がったものです。

12月も終わろうとする頃。タカラトミーアーツからガチャで「トランスフォーマーアニメイテッド フィギュアキーチェーン」が登場する、という情報が流れました。
そのラインナップ表には、海外で人気を博したキャラクター「バルクヘッド」が「アイアンハイド」に改名して掲載されていました。ムービーシリーズの人気キャラ、アイアンハイドに合わせた改名がなされた、というわけです。
ですが、海外版アニメイテッドにはバルクヘッドとは別にアイアンハイドというキャラクターが存在していたため、その辺の整合性をどうとるつもりなのか、疑問の声が上がりました。
(結局は海外でのアイアンハイドがアーマーハイドに改名する、ということで決着を見たのですが)

2010年1月、Amazonでついにアニメイテッド3月~6月までのラインナップの予約が開始されました。
日本版玩具は全体にメタリック塗装が施されており、非常に豪華なイメージでしたが、アニメ劇中のイメージからはやや遠いかな?という印象はありましたね。

このころ、ホビー雑誌にタカラトミー担当者のインタビューが掲載されたのですが、そこでは「1キャラにつき1つの商品しか発売しない」という商品展開の方針が明かされました。つまり、バルクヘッド=アイアンハイドの場合、海外では小型のアクティベータークラス、中型のボイジャークラス、大型のリーダークラスの3つの商品が発売されていましたが、日本ではボイジャークラス以外の商品を発売しない、ということだったようです。
この商品展開の方針はかなりの落胆を持って迎えられた記憶がありますね……。
蓋を開けてみれば、アニメイテッド玩具は想定以上の売り上げだったようで、後にこの「1キャラにつき1つの商品しか発売しない」という方針は撤回され、リーダークラスのアイアンハイドなども無事日本で発売されました。

というわけで発売までの紆余曲折を振り返ってみたのですが、私としては、次々に出てくる情報に一喜一憂しながらもなんだかんだでこの日本での玩具展開が楽しみだった覚えがあります。
それでは、ここからは毎月怒涛のように発売された玩具展開について、振り返ります。

3月 ~ ついにオールスパークの秘密に迫る時がきた! ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り5
アニメ放送開始に先駆けて3月に発売された玩具は以下の通り。
オプティマスプライム
バンブルビー
アイアンハイド
ラチェット
プロール
クリフジャンパー
メガトロン
スタースクリーム
ディセプティコンロックダウン
ブラックアラクニア
ダージ
・トランスフォーマーEZコレクションVol.3
第1弾となるだけあって、オートボット側はアニメのレギュラーキャラであるオプティマス部隊を中心に、ディセプティコンはメガトロンやスタースクリーム、ラチェットと連動するロックダウン、人気のビーストウォーズを思わせるブラックアラクニアなどの人気キャラを配した初っ端から大胆不敵フルスロットルなラインナップでしたね!

3月発売されたキャラクターは特にメタリック塗装が派手なものが多く、オプティマスやメガトロンのように似合っているものもあれば、アイアンハイドやスタースクリームなど劇中のイメージからは遠ざかるものもあり、まさに賛否両論でしたね……。

カタログのキャッチフレーズでは実写映画とアニメイテッド、双方でキーアイテムとなった「オールスパーク」というキーワードを用いることで、実写映画のファンに、アニメイテッドへの移行を促しています。
また、アニメイテッド玩具の購入者に実写映画版のTFのEZコレクションを配布するなど、実写映画版のファンにアニメイテッド玩具を購入してもらおう、という試みがなされていました。
バルクヘッドのアイアンハイドへの改名など、この実写映画との関連を持たせる、ということがアニメイテッド玩具日本展開のキーワードの一つと言えると思います。

玩具いじりの隠れ家-振り返り6
3月のトピックといえば、日本では「ビーストウォーズメタルス」以来の対決セットの発売が挙げられます。
発売されたセットは以下の3種類。
・「最強の対決」オプティマスプライムVSメガトロン
・「音速の対決」バンブルビーVSスタースクリーム
・「因縁の対決」ラチェットVSロックダウン


4月 ~ 幹部集結!!ディセプティコンの逆襲が始まる… ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り7
アニメ放送が始まった4月、発売された玩具は以下の通り。
アーシー
ブリッツウイング
ディセプティコンショックウェーブ
ディセプティコンラグナッツ
サウンドウェーブ
この月のトピックは海外では限定発売だったアーシーが一般販売されたことでしょう。
女性キャラということか生産数も少なく、需要過多だったのかすぐに店頭から姿を消したのが印象的です。
また、サウンドウェーブは発売日にアニメで活躍する回が放送されました。

この月に発売されたディセプティコン陣営の4体は「ディセプティコン4幹部」とカタログでは呼ばれ、CMでも「4幹部登場!」とその登場がフィーチャーされていました。しかしこれはアニメ劇中で触れられることはない玩具オリジナルの展開。
TFの歴史を振り返ってみれば、初代アニメ放送時の「スクランブルシティ」や2010時期における「デストロンの逆襲」など、アニメ劇中とは関係のない、玩具展開独自のプロモーションが何度か展開されています。
この「ディセプティコン4幹部」もそういった映像媒体だけに頼らない、TFならではのプロモーションと言えます。
それが今回功を奏したかどうかまではわかりませんが……w

また、「トランスフォーマーアニメイテッド ゴールデンウィークキャンペーン」と称し、一部店舗ではアニメイテッド玩具購入者にクリアカラーのEZコレクションが配布される、というキャンペーンが実施されました。
私が所有しているのはトイザラスで配布されたオプティマスプライムクリアレッドver.のみです。

玩具いじりの隠れ家-振り返り8
3月に引き続き、4月にも対決セットが発売されました。
・「剛音の対決」 アイアンハイドVSサウンドウェーブ
・「暗闇の対決」 プロールVSブリッツウイング
剛音の対決セットはアニメでの対決を再現したものになっています。

5月 ~ 謎の恐竜軍団ダイノボット出現!! ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り9
5月は4月までの怒涛の発売ラッシュから一休みするかのように、商品数は少なめでした。ラインナップは以下の通り。
グリムロック
スナール
オートボットスワープ
ブラックアウト
この月のトピックはやはり、恐竜軍団ダイノボット部隊の登場でしょう。
アニメのダイノボット初登場回放送に合わせる形で発売されたこれらダイノボット部隊。
箱裏のストーリーではオートボット軍団の要請に従い出動するなど、G1ダイノボット部隊に近い玩具オリジナルの物語が描かれていたのが印象的です。
また、この月唯一のディセプティコンであるブラックアウトはアニメ登場に先駆ける形で発売されました。
このブラックアウト、結局海外では現在に至るまで発売されておらず、日本でのみ発売されたアイテムとなっています。

6月 ~ オートボットに初の合体戦士参戦!その名は超速戦士セーフガード ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り10
6月に発売されたラインナップは以下の通り。
ジェットファイアー
ジェットストーム
スカイワープ
サンタークラッカー
サウンドブラスター
セーフガード(ジェットファイアーとジェットストームのセット)
この月のトピックはやはりカタログでも大々的にフィーチャーされているアニメイテッド初の合体戦士セーフガードの登場です。アニメでの登場に大幅に先行して単品売りとセット箱の2通りで発売されました。
また、アクティベータークラスで登場したサウンドブラスターは海外では未発売に終わった、日本独自のアイテムです。

7月 ~ パワーアップをとげたメガトロンがエリートガードと激突!~
玩具いじりの隠れ家-振り返り11
夏休み目前ということで、3月に匹敵する量で発売された7月のラインナップは以下の通り。
メガトロンライト&サウンド
ウルトラマグナスライト&サウンド
オートボットセンチネル
オートボットジャズ
オートボットブラー
エリートガードバンブルビー
レックガー
・トランスフォーマーEZコレクションVol.4
この月のトピックは満を持して発売されたメガトロンとウルトラマグナス、2体のリーダークラスです。
メガトロンはアニメのメガトロンの復活回に合わせて発売されました。アニメではついに直接対決することがなかったウルトラマグナスとメガトロンですが、カタログなどでは2大リーダーの対決が大々的にフィーチャーされています。
このリーダークラスの2体には台詞を喋るサウンドギミックがありましたが、この喋る声がちゃんとアニメの声優さんの声だったことも嬉しいポイントでした。
ファイヤーコンボイやゴッドマグナス、マイクロン伝説版メガトロンなど、台詞を喋るTFは過去にもありましたが、アニメとは声が違いましたからね……。

この月発売されたオートボット側のキャラクターはほとんどがエリートガード所属でした。
また、EZコレクションではオプティマス部隊のメンバーがエリートガードver.としてリリースされており、この月はあえて言うならエリートガード祭りでしたねw

玩具いじりの隠れ家-振り返り12
さて2010年、「トランスフォーマー2010」に関連したアイテムをリリースしていく2010キャンペーンが展開していました。
それに合わせてこの月、アニメイテッドでも2010キャンペーン関連アイテム「SONS OF CYBERTRON 司令官セット」が発売されています。日本では当時未発売だったデラックスクラスのオプティマスプライムと、世界最速発売であったロディマスの2体のクリアバージョンをセットにした商品です。
また、東京おもちゃショー2010会場において限定アイテム「プロール エリートガードver.」が発売されました。
このプロール エリートガードver.は後にe-hobby SHOPでも限定発売されています。
地方在住の私はもちろん東京おもちゃショーに行けなかったので、e-hobby SHOPに全てをかけましたw

玩具いじりの隠れ家-振り返り13
7月は「トランスフォーマーアニメイテッド 夏のEZキャンペーン」と称し、スタースクリームのクローン軍団をクリア成型で再現したものが店舗限定で配布されました。
私が持っているのはスカイワープ クリアver.のみです。隣にいるのは4月に配布されたオプティマスプライム。

8月 ~ もう1人の部隊司令官がついに登場! ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り14
夏休み真っ最中の8月に発売されたのは以下の通り。
ロディマス
サムライプロール
ディセプティコンサンストーム
スィンドル
ワスピネーター
カタログでも大々的にその登場をフィーチャーされているもう一人の部隊司令官、ロディマスの登場が話題となりました。
既にクリアカラー版が発売されていたとはいえ、ロディマスが好きな私は通常版の発売も嬉しかったです。
さらに、メインキャラの一人、プロールのパワーアップ形態サムライプロールやスィンドルといったキャラは発売に合わせる形でアニメにも登場しました。

玩具いじりの隠れ家-振り返り15
そして8月には「始まりの対決セット」も発売されています。
これはアニメ第1話に登場したオプティマスプライム サイバトロンモードメガトロン サイバトロンモードのセットです。
メガトロンは単品発売されていたボイジャークラス版と異なるデラックスクラス版となっていました。
どちらも一時は日本未発売に終わるかと思っていたので対決セットとして発売されたのは嬉しかったですね。

この月、「トランスフォーマーミュージアム」というイベントが開催されました。
その会場限定アイテムとして、「オプティマスプライム ブラックVer.」が発売されています。
このアイテム、イベント会場以外での販売がなかったため、地方在住である私はもちろん入手不可能でした……。
こういう時に地方在住は困る……w プロール エリートガードver.のようにネットでも売ってほしかったですね。

玩具とアニメ情報満載のムック本「トランスフォーマーアニメイテッド大百科」が発売されたのも8月です。
この本では、誌上限定アイテムとして「オプティマスプライム エリートガードver.」が登場。
私ももちろん注文し、3月到着予定です。

玩具いじりの隠れ家-振り返り16
この月より、「金のオプティマスプライムキャンペーン」が開始されました。
玩具のバーコード1枚、セガのカードゲームのダブりカード5枚、DVDについてくる応募券1枚のうち、どれか一つを送ることで応募できるこのキャンペーン。デラックスクラスのオプティマスプライムに金メッキを施した金のオプティマスプライムがプレゼントされました。私も送ったのですが、残念ながら……w

9月 ~ オートボットがパワーアップ!ディセプティコンと空中戦で大激突! ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り17
9月。オプティマスプライムとバンブルビーがパワーアップするという盛り上がる展開です。ラインナップは以下の3体。
ウイングブレードオプティマスプライム
ジェットパックバンブルビー
ラチェット サイバトロンモード
この月に発売されたアイテムはウイングブレードオプティマス、ジェットパックバンブルビーが海外未発売、ラチェット サイバトロンモードは海外では限定アイテムでした。そんなアイテムが日本では通常販売されたことがまず嬉しかったです。
特にウイングブレードオプティマスは最終決戦におけるパワーアップ形態、ジェットパックバンブルビーは完全新規設計だったということで、日本展開で日の目を見たことはファンにとって幸せなことだったと思います。

10月 ~ ついに登場!究極のオプティマスプライム ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り18
えー、究極のオプティマスプライム登場!といいながら写真にオプティマスがいないのはご容赦ください。
「1キャラにつき1つの商品しか発売しない」という方針が撤回され、オプティマス部隊の大型アイテムがリリースされた10月のラインナップは以下の通り。
オプティマスプライム ライト&サウンド
オイルスリック
アイアンハイド ライト&サウンド
アーマーハイド
ディセプティコンショックウェーブ オリジナルver.
アニメイテッド玩具でも最大の大きさを誇るオプティマスプライム ライト&サウンドや、ヘッドマスター装着前後で音声が変わるアイアンハイド ライト&サウンドや、OPで毎回登場しているアーマーハイド、やはり海外では限定アイテムだったショックウェーブ オリジナルver.など、ファンには見逃せないアイテムばかりでした。

また、10月には「スーパーコレクション」というセット箱が2種類登場しました。
これは、アクティベーター版のメインキャラ4体セットという豪華なセットです。

玩具いじりの隠れ家-振り返り19
この月、ファミリーマート限定で「たからとみぃくじ」がスタートしました。
1回500円で1回引けるというシステムで、景品として日本ではクリアカラー版のみがリリースされていたデラックスクラスオプティマスプライムの通常カラー版や、アクティベーター版のスカイワープ、クリアカラーのEZコレクション、特製のストラップやグラスなどが当たりました。
このたからとみぃくじ、ストラップやグラス、デフォルメフィギュアなどの所謂ハズレ的アイテムにはアクティベーターシリーズ版のラムジェットを購入できる応募券がついていました。私もデラックスクラスのオプティマスを狙っていたらグラスが当たりまくったため、簡単に応募することが出来ましたよ、はい……。

11月 ~ 新たな力を手にしたディセプティコンの刺客たち! ~
玩具いじりの隠れ家-振り返り20
さて、いよいよアニメイテッド玩具一般販売分ラストとなった11月に発売されたのはこの2種類。
ブレイジングロックダウン
サウンドウェーブ エレクトロスタティック
以前に登場したディセプティコンがパワーアップして登場!という触れ込みで登場したこの2体。
ブレイジングロックダウンはアニメに登場しない姿であったので、日本で発売されたのは驚きでしたね。
サウンドウェーブ エレクトロスタティックも、同様のカラーリングであったサウンドブラスターがアクティベーター版で登場した6月にはこのまま日本未発売に終わるのでは?と思っていたので、無事リリースされたのは嬉しかったですね。

玩具いじりの隠れ家-振り返り21
この11月より、「金のメガトロンキャンペーン」が開始されました。「金のオプティマスプライムキャンペーン」同様、玩具のバーコード1枚、セガのカードゲームのダブりカード5枚、DVDについてくる応募券1枚のうち、どれか一つを送ることで応募できるこのキャンペーン。
デラックスクラスのメガトロン サイバトロンモードに金メッキを施した金のメガトロンがプレゼントされる予定です。

また、11月発売となったハイパーホビー12月号では、誌上限定アイテムとしてブラックロディマスが登場しました。
これは徳間ECモールで12月31日まで注文可能です。

玩具いじりの隠れ家-振り返り22
ということで、非常に駆け足で振り返ってきたアニメイテッド玩具が日本展開された9カ月。
わずか9ヶ月で50種を超えるアイテムが発売されたという、怒涛の発売ラッシュでしたね……。
完全なリカラーアイテムを除けば、海外で発売されたアイテムはほぼすべてが発売され、それどころか海外未発売のアイテムまでもしっかり発売してくれた、玩具的には非常に充実したシリーズだったと思います。

玩具いじりの隠れ家-振り返り23
もちろん玩具1体1体の出来も非常に満足できるものだったと思います。
アニメ通りのカートゥーン調のデザインを再現しながら、遊んで楽しいギミックも搭載されていたのは本当に驚きでした。

さて、アニメイテッドはここで終了しましたが、すでに新シリーズ「トランスフォーマー ユナイテッド」もリリースを控えています。次はどんなTFが登場し、私たちを驚かせてくれるのか……今から非常に楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 分かりやすい玩具展開まとめお疲れ様でございます。
 こうして見ると本当に怒涛のシリーズでしたね。数もですが、一つ一つのクオリティも総じて高いという、凄いシリーズでした……

2 ■無題

クリスマス特集記事ついにキタ━(゚∀゚)━!!
気合い入りまくりのさすがのボリューム!(文量的にも玩具の分量的にもw)
※さりげなく女の子座りのアーシーを見逃さなかったおいらです。アーシー先生のはちみつ授業♪

毎回記事が更新される度に「コレクションの量ぱねぇ!」と思うわけですが、こうして一度に記事になると一段とスゲェー!と思うわけ、ですよねェ~

アニメイテッドは旧ファンが思わずニンマリするネタがてんこ盛りで、某所の海外版をゴニョる度に大盛り上がりでした。
ザ・ムービーのレックガーゆかりの(?)アル・ヤンコビックがレックガー役で登場したり♪
(※あと某所の訳字幕職人は、その翻訳センスと幅広い知識を含めてプロとして余裕で飯が食えるレベルだと思った。制作スタッフ以上にTFに詳しいんじゃないだろか)

さらに日本語版も負けず劣らず、旧TF声優をバンバン投入し、満を持して石丸さんや玄田さんまで登場する始末ww
惜しむらくは、ロディマスにもっと活躍してほしかった(ノ∀`)


あと、こうして改めて玩具をみると、アニメイテッドってTF玩具にありがちな「色が変われば別人」パターンはスタスク軍団くらい?でしたね。
リデコはいずれも「当人が何らかの形でパワーアップした、もしくはifの存在」として販売されました。

3 ■Re:無題

まさかの字数制限ww



一話かぎりのゲストキャラも可能な限り商品化されたり、モブキャラの中に懐かしいキャラが居たり、TF祭的な要素が楽しかったです。

リベンジ玩具もアニメイテッド玩具もそうですが、最近のTF玩具は変形前と後でまったく形が変わり、かつ両方のプロポーションが取れてる素晴らしいアイテムが盛りだくさんでした。まさに"More than meets the eye!" 写真見ただけではどう変形させるのかわからんのが多いですw

玩具的に残念だったのは(開始前から未発売が公言されていたとはいえ)スリップストリームが発売されなかった事だなぁ…
まぁ彼女の場合はリデコじゃなく新規金型が必要になるので難しいかもですがw

日本語版OPでメガトロンの肩に乗ってたりしたので、アクティベーターとかEZコレなんかで出たりしないかな?なんてちょっと期待してましたw

アニメイテッド繋がりで、最後に自分の動画を他人様のブログで宣伝していっちゃいますよ(*゚∀゚)=3

【TRANSFORMERS】ANIMATED OP【弾いてみた】
www.nicovideo.jp/watch/sm10282585

【今度はピアノソロ】TRANSFORMERS EVO.【弾いてみた】
www.nicovideo.jp/watch/sm10654520

【今度は海外版】TRANSFORMERS ANIMATED【弾いてみた】
www.nicovideo.jp/watch/sm10753517

4 ■無題

総括記事お疲れ様です!

確かに思い起こせば不安な部分も多かったですけど僕的には期待以上にアニメイテッドは楽しめました。

しかしなんという購入率w 僕なんかこれの3分の1にも満たないや・・・ 

ユナイテッドも一緒に多々買い頑張りましょう!

5 ■Re:Ichiさん

>Ichiさん
お疲れ様の言葉ありがとうございます。
わずか9カ月で50種以上の玩具が出た、というのは本当に怒涛のラインナップでしたね……。
どれもクオリティーが高く、こうして日本で発売されたのは本当に良かったと思います。

6 ■Re:グラグラピアノさん

>グラグラピアノさん
普段こんな量の文章はブログでは書かないので幾分疲れましたw
アニメイテッド、アニメの方は今までのTFを思わせる小ネタやスピーディーな物語など、楽しめる要素が多かったですよねぇ~。
日本版の声優さんも、ビーストウォーズからG1まで過去作品に参加していた声優さんが多数参加していたのが楽しかったです。
色が違えば別人、そういえばほとんどありませんでしたね。
色と頭部が違う、まで含めればラチェットとアーマーハイド、なんて例もありますがw
1話限りのゲストがここまで商品化されたのもTFならではですね。
手にとって触るまで、どのような変形をするのか想像もつかない……これはまさにTF玩具ならではの楽しさだと思います。

7 ■ReNUDAさん

>NUDAさん
お疲れ様の言葉ありがとうございます!
アニメイテッドの日本展開、始まる前は不安なところもありましたが蓋を開けてみれば大満足な展開だったと思います……。
ユナイテッドもお互い頑張って多々買いましょう!w

No title

かなり前に安値で売られていたレックガーを手に入れました。
思った以上に遊びやすいですね。
今ではミクダヨーの隣に飾っています。
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
18位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR