トランスフォーマーギャラクシーフォース/情報参謀サウンドブラスター

記事をリニューアル。

DSC_6829.jpg
「復讐という終曲(フィナーレ)を奏でよう!!」
今日はギャラクシーフォースから、第三勢力プラネットXの情報参謀サウンドブラスターを紹介。
サウンドウェーブのリカラーアイテムで、アニメには登場しない玩具オリジナルキャラクターとなっています。
トイズドリームプロジェクト限定商品として発売されたアイテムです。
特に固有の設定はありませんが、プラネットXのTF・サウンドウェーブのパワーアップした姿と思われます。
また、「ビーストウォーズリボーン」ではビーストコンボイとビーストメガトロンを蘇らせた謎の存在・ロゴスプライムとして登場した模様。ステルス戦闘機からロボットモードに変形し、武器やサポートロボに変形するヘキサゴンと呼ばれる3つのユニットを装備・内蔵することが可能になっています。

DSC_6828.jpg
DSC_6831.jpg
ビークルモードはSF的なデザインのステルス戦闘機。
サウンドウェーブの青から黒にカラーが変更されよりそれらしいカラーリングになっています。

DSC_6836.jpg

DSC_6838.jpg
付属するフォースチップはプラネットXのもの。

DSC_6844.jpg
フォースチップを機体後部のチップスロットにイグニッション!すると……。

DSC_6843.jpg
DSC_6841.jpg
本体底面のハッチが開き内部に付属のユニット・ヘキサゴンを収納、もしくは取り出すことが出来ます。
イグニッションでヘキサゴンを投下!

DSC_6846.jpg
六角柱型のユニット・ヘキサゴンは3種類付属しており、それぞれ武器やサポートロボに変形します。
ちなみに武器に変形するのは2つで、ビークルモードでは翼下の武器になっています。

DSC_6848.jpg
DSC_6850.jpg
ロボットモード。GF玩具としては比較的複雑な変形ですが、非常にスマートなプロポーションになっています。
G1サウンドブラスターから受け継いだ黒を基調としたカラーリングもあり、さらに引き締まった印象。
アクセント的な赤と金の塗装も似合っており、格調高さすら感じさせます。
ちなみにこの写真の状態ではヘキサゴンを肩のレーザーカノンと手のブラスターガンに変形させて装備させています。スマートな体型が災いしてか、立たせていると内股気味になってしまうのが弱点かも?

DSC_6855.jpg
変形の際、説明書の指示から首のヒンジをもう一段折り曲げると首を縮めることができます。
デフォルトでは首がやや長いのでこちらのほうがちょうどいいかも?
以後、こちらの状態で紹介しています。

DSC_6857.jpg
頭部アップ。G1サウンドウェーブの顔をより現代風にアレンジしたデザイン。
シャープな造形でかなりカッコいいです!

DSC_6858.jpg
眼には集光ギミックがあり後ろから光を当てると光って見えます。

DSC_6861.jpg

DSC_6880.jpg
各関節が自由に可動。足が細いためやや立たせづらい以外は特に問題ありません。

DSC_6862.jpg
肩に装備した武器は、手に持たせることも可能。

DSC_6864.jpg
また、武器に変形する2種類のヘキサゴンは翼の裏に搭載することが可能です。

DSC_6865.jpg
背中のチップスロットにフォースチップをイグニッションすると……。

DSC_6868.jpg
DSC_6867.jpg
イグニッションで胸のハッチが開閉!
ヘキサゴンを収納/取り出しが出来ます。G1サウンドブラスターのイジェクトをイメージしたギミック。
ですがチップがないとハッチが開かないのはなんともかんとも……w

DSC_6871.jpg
胸から取り出した最後のヘキサゴンはサポートロボ・キラーバズソーに変形します。
精巧な展開ギミックが特徴。サウンドウェーブ付属のキラーコンドルのリカラーです。
G1コンドルとバズソーのカラーリングの違い(コンドル→赤 バズソー→金)を踏襲した形に。

DSC_6873.jpg
キラーバズソーには5ミリジョイントの凸部があり、翼端のジョイントに接続することが出来ます。
もちろん、左右両方のジョイントに装着可能。

DSC_6874.jpg
また、右手にもジョイントがあるので、腕にキラーバスゾーを停まらせることが可能。

DSC_6877.jpg
ビーストウォーズリボーンではベクタープライムと同じ古代のTF・エンシェントの一人であるロゴスプライムとして登場したこのサウンドブラスター。何らかの目的を持って、ビーストコンボイとビーストメガトロンのどちらかを自らの力の後継者にしようとしていたらしいですが、その目的は明かされていません。

DSC_6881.jpg

DSC_6893.jpg

DSC_6891.jpg
というわけでサウンドブラスターでした。
変形前後共に非常に整ったプロポーションとヘキサゴンのギミックが特徴のアイテムです。
特にヘキサゴンのギミックは同じ形の物体が武器・サポートロボへの変形をこなすなかなかに楽しいもの。
広い可動範囲と相まって総合的なプレイバリューはかなり高くなっています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
ギャラクシーフォースのTFは出来がいいのが多いですね!
変形も凝っているものが多いですし。
首の変形については強度的な問題で説明書から消されたと噂で聞いたことがあります。

なかなかプレ値が付いていることが多いので入手困難ですが、いつかGETしてみたいです。個人的にはヘケヘケサウンドウェーブとして遊ぼうとした思い出があります。

No title

ギャラクシーフォースのサウンドウェーブはすさまじく格好いいですよね
勇者シリーズに出てきてもおかしくないです
今再販しても余裕で通じる
カセットテープギミックが無いのが残念ですよ

Re: No title

>SSさん
お久しぶりですー。
GF期のTFは適度な変形難易度と可動、それにギミックを兼ね揃えていていいですよね。
首の変形はたしかにロボットからビークルに戻す時にちょっと無理があるので消されたのもわかる気はしますw

G1サウンドウェーブの特徴も残っているので変形!ヘンケイ!との相性もよさそうですよね。入手できることを祈ってます!

Re: No title

>エアトスさん
カッコいいですよね。確かに今でも通じるとは思います。

No title

お疲れ様です。 やっぱりGFの商品は出来がいいですね。私も持っていますが当時は近くのトイザラスでしか見かけなかったです。 トイザラスでMPウルトラマグナスが叩売りされたときに売れ残ってたスパリンオメガスプリームと一緒に買いました。 でも何で残ってたんだろう…

Re: No title

>りょうたさん
GFの商品は可動と簡単な変形が両立されていて出来がいいですよね。
店舗限定だけに見かける店が少なかったのは仕方ないかもw
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR