トランスフォーマーオルタニティ/光岡 オロチ/スカイワープ

連載企画「トランスフォーマー オルタニティを振り返る」第10回!

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ1
今日は衝撃の実車変形シリーズ・オルタニティから、デストロンのクエスター兵士・スカイワープを紹介。
光岡のハンドメイド・スポーツカー、オロチ(ウィッチハープルパール)がスカイワープに変形します。
同型のスタースクリームと2010年5月に同時発売され、スタースクリームとは頭部とカラーが異なっています。
メガトロンの直属部隊<クエスターズ>の一員となった姿です。

玩具としてはこれまでのシリーズと同様、モデルカーとしての高い完成度を追求しているビークルモードが最大のウリ。
さらに、破綻のないプロポーションのロボットモードへの変形や、中間形態のフライトモードへの変形もこなします。
それでは説明書からプロフィールを紹介。

デストロン・オルタニティの候補者に選抜されたスカイワープは、メガトロンの直属部隊<クエスターズ>の一員になるとともに、陸上車両に変化する特製ボディを与えられた。
この機体は、いずれ彼が高次の存在に進化したのち、引き続き3次元世界で活動する際の<オートアバター>となるべく設計されたものである。単独での星間航行と次元移動を可能とし、様々な高次戦闘を展開するポテンシャルを備える。
また、彼の持つ瞬間移動スペシャルパワーに「現実を操作・湾曲する」リアリティ・ワープ能力が付加され、彼はデストロン屈指の卑劣さをもって、これを活用する。知性の欠如ゆえに高次元世界の概念を殆ど理解しておらず、新たに得た能力を使うにも、メガトロンや部隊指揮官の指示を欠かす事ができない。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ2
玩具いじりの隠れ家-スカイワープ3
ビークルモードは光岡・オロチ。ボディカラーはウィッチパープルパールです。
幅広で低い車体、そして神獣ヤマタノオロチを思わせる有機的なラインを1/32スケールで忠実に立体化しています。
私の入手した個体はパーツの合いが悪く、ボンネットを閉じるとフロントに隙間ができます……orz
ドアパーツはダイキャストで、重量感を与えています。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ4
ドアやトランクフード、エンジンフードの開閉というオルタニティ共通のギミックももちろん健在。
ただし、これまでのシリーズと違ってリアのエンジンは再現されていません。
ロボットモードの見た眼を重視した設計のためか、ややビークルモードの内装が犠牲になっている感はあります。

$玩具いじりの隠れ家-スカイワープ5
独特の車高の低いフォルムがカッコいいですね。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ6
ビークルモードでスタースクリームと比較。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ7
フライトモード。後輪をたたみ、翼を出した飛行形態で、設定では超光速移動を行う程度の飛行の能力を持ちます。
ただし、この超光速移動も、オルタニティにとっては中距離移動手段にすぎないとのこと。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ8

$玩具いじりの隠れ家-スカイワープ9
玩具いじりの隠れ家-スカイワープ10
ロボットモード。
肩や大きな翼など、G1ジェットロンを思わせるフォルムを現代風にアレンジした見事なデザイン。
ルーフ部が横になり翼になる変形パターンはアイデア賞ものです。
胸部パーツのデザインはビークルのボンネット部と、腰アーマーはリアフードと酷似したデザインです。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ11
頭部アップ。スタースクリームとの形状的な唯一の差異です。
コブラを思わせるデザインで、かなりのイケメン造形です。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ12
眼には集光ギミックがあり、後ろから光を当てると光って見えます。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ13
可動範囲は基本的にスタスクと同一ですが、頭部の形状の違いのため頭部を上に向かせることができません。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ14
腕の武器は「スポーン・ガン」という名称。
マガジン内に超圧縮保存されたリザーブ物質から、様々な弾種の投射体を自己生成・発射する実態兵器です。
玩具いじりの隠れ家-スカイワープ15
変形機構を活かした腕組みももちろん可能です。

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ16
全てはメガトロンのために!
新たな身体と力を得たスカイワープは、親衛部隊<クエスターズ>の一員としてメガトロンのために戦う!
メガトロンの野望のために、二次元世界・フラットワールドと呼ばれる平面宇宙に住む生命体<プラニクロン>を狙う<クエスターズ>の侵攻を、サイバトロン・オルタニティは防ぐことが出来るのか……!?

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ17

玩具いじりの隠れ家-スカイワープ18
というわけで、オルタニティ・スカイワープでした。
ジェットロン的なラインを現代風にアレンジした雄姿はかなりのカッコよさ。
その大胆な変形パターンは一度は手にとって試してほしい……!
難点は強度が不安な部分があること。実はビークルモードのマフラーを一回折ってしまいました……。
接着しましたけどね。


さて、この「トランスフォーマー オルタニティ」というシリーズ、最後の新規金型として発売されたのがこの光岡オロチ型でした。2010年10月に発売されたサンダークラッカー(スカイワープのリペイント)の説明書の中でオルタニティのストーリーは完結、シリーズも終了となっています。
私はこのサンダークラッカーを買い逃したため、このブログでは取り上げられませんのでここで触れておきます。
そしてこの連載も次回で完結!オルタニティ唯一の限定アイテムが登場予定!

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■かっけぇ…

コレ、コレね~…どっち買うか迷った挙げ句スルーしてたのです。メインキャラで揃えるならスタスクなんだけど、個人的にあまり好きくない白ボディだし、かといってもう一方はスカイワープだしなぁ(超失礼)とか思ったり。 や~、でも紫カッコいいですね。やはり買うならこっちかなあスカイワープだけど(おい)紫でカッコいいし…余裕ができたら買います。次は誰がオルタニティになるのかな?

それではまた。

べっ、別にスカイワープのこと…嫌いってわけじゃないんだからっ。

2 ■Re:かっけぇ…

>イオさん
オルタニティは悩むのは仕方ないと思いますw
どっちもかっこいいし……。
そしてスカイワープは地味ですけどけっこういいキャラしてますよw
個人的に次のオルタニティにはロディマスが来てほしいなあと思ったりしています。

最後、それはツンデレですね?w
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR