トランスフォーマーオルタニティ/NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

突発新連載企画!トランスフォーマー25周年記念シリーズ「トランスフォーマー オルタニティ」を振り返る!

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS1
というわけで今日は実車変形シリーズ・トランスフォーマーオルタニティより、コンボイを紹介。
日産のスポーツカー・GT-Rがコンボイに変形。GT-Rを1/32スケールで忠実に立体化しています。
限定アイテムを含め4色のカラーバリエーションが発売されたこのアイテム。
今回紹介するのは第1弾アイテムとして発売されたうちの1体、アルティメイトメタルシルバーです。

多分にバイナルテックの要素を含んだシリーズですが、設定もそれを意識しており、彼らオルタニティはバイナルテックの世界で見つかった超物質オルタニウムによって誕生し、次元を超えた戦いを繰り広げているとのこと。
コンボイはオルタニティの一員となって多次元宇宙の守護者として全次元制覇を目指すメガトロンと戦います。
で、肝心のオルタニティとは一体何なのか!?ってことなんですが……。

オルタニティ―それは、別世界の90万年後の未来のTFが進化を果たした、高次の生命体である。
彼らの身体は「オルタニウム」と呼ばれる上位次元物質で構成され、無数にある平行世界にまたがって存在している。通常の宇宙で活動する際には、「オートアバター」とよばれるTFの身体を使用。
オートアバターは平行世界における自分自身であり、オルタニティの力により超次元的能力を発揮するのだ。

それでは説明書からキャラクター設定を紹介。

GT-Rスポーツカーに変形するコンボイの新形態は、体内に組み込まれた超物質フレームを通じて、未来の高次元存在”オルタニティ”とリンクする、極めて異色の変化形である。
”オートアバター”と呼ばれるこのボディは、高みの存在に進化したコンボイの、いわば化身なのだ。
オルタニティは「他次元の様々なコンボイの集合体」を表しており、それらの数だけアバターも存在しうる。
現在まで、オルタニティ発祥の地”BT世界”で造られた銀色の1号機体、通称”ベクター01”と、赤い伝統的な配色の”ベクター109”の、2種のオートアバターが確認されている。いずれも両腕に遠隔時空兵器タキオンブラスターを装備し、カーモードでは超空間の扉を開くティマイオス・ドライブを発動する。地上の平和と自由の防衛を不変の使命とするコンボイは、この新たな力をもってメガトロンの野望に立ち向かうのだ。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS2
玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS3
ビークルモードのNISSAN GT-R(アルティメイトメタルシルバー)。
GT-Rのイメージカラーとでもいうべき銀色のカラーを塗装で再現しています。
フレームにはダイキャストが使用されているため重量感もあり、プラ製の外装のディテールは精密です。
カーモデルとしてもかなりの完成度を誇っています。
このベクター01は、オルタニティ生誕の世界、バイナルテックのコンボイがオルタニティになった姿とのこと。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS4
フロントのGT-Rのマークも再現されています。豆粒みたいな大きさですがちゃんと塗り分けられています。
これには正直脱帽。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS5
タイヤはゴム製、ホイールの奥のベンチレーテッドディスクブレーキも造形されており、足周りも隙がありません。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS6
リアの日産エンブレムが分割する事態を避けるために片側のパーツに埋め込むように分割されているのが芸コマです。エクシリオンのフロントのサイバトロンエンブレムの処理を思い出させます。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS7
玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS8
ドアも開き、ダッシュボード、ハンドルやセレクターレバーにシートも再現しています。
後部座席まで再現されている入魂の作りこみ。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS9
玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS10
ボンネットやリアトランクも開閉。ボンネット内部にはエンジンルームも造形されています。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS11
フルオープン。カーモデルとしてのギミックもぬかりなし。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS12
彼らオルタニティが戦うのは超次元の生命体「時の野獣ハイセリオン」。
メガトロンに率いられたハイセリオンと戦えるのは同じ超次元の生命体オルタニティのみ!

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS13
玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS14
ロボットモード。
オルタニティには直感的に変形させる場所がわかる新機軸の連動変形「シンクロテック」が搭載されています。
……が、正直ただの連動変形という感は否めないかも。
フロント部が胸になるという伝統的な変形パターンながら、フロントの幅が縮み細身のスタイルを実現しています。
また、ドアがウイング状に展開している変形も伝統的なカーロボットを踏襲したスタイルです。
ただし、足の変形は複雑かつタイトなので破損には注意が必要です。
このアルティメイトメタルシルバー版は銀を基調に纏められた配色が神秘的な印象です。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS15
頭部アップ。コンボイの意匠を引き継いだヒロイックな頭部デザインです。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS16
眼には集光ギミックがあり、上から光を当てると光って見えます。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS17
各関節はもちろん自在に可動。
ただし、肩の付け根が後ろに付いているためか、腕を上げると腕が短めに見えてしまうのが残念。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS18
両腕に仕込まれた武器「対ハイセリオン徹界タキオンブラスター」を展開することが出来ます。
設定では過去から未来、それだけでなく別世界の標的をも狙い撃つことができる超遠隔射程の武器です。
どんだけチートだよ。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS19
股関節・膝関節はクリックが仕込まれており、足を広げたポージングをしてもしっかりと保持できます。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS20

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS21
90万年後の未来に存在するという世界で誕生し、多次元宇宙の守護者として戦うオルタニティ。
「世界」を食らい尽くす時の野獣ハイセリオンとの戦いに挑む!

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS22
バイナルテック・コンボイと共に。このアルティメイトメタルシルバーはバイナルテックの世界のコンボイということで、同一人物同士の夢のツーショットです。

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS23

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS24

玩具いじりの隠れ家-GT-RUMS25
というわけでオルタニティコンボイ・アルティメイトメタルシルバーでした。
カーモデルとしての完成度の高さとアクション性の高さは特筆もの。連動変形・シンクロテックのおかげで変形難易度も下がっており、バイナルテックより遊びやすくなっているのも見逃せません。
25周年を祝う新シリーズ1発目のアイテムとして、満足いく完成度だったと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR