FC2ブログ

S.H.MonsterArts/ガメラ(1996)

THE GUARDIAN OF THE UNIVERSE

DSC_0380_20190212202231104.jpg
消滅するのは、日本か、レギオンか。
S.H.MonsterArtsからガメラ(1996)を紹介。

「ガメラ2 レギオン襲来」に登場するガメラをアクションフィギュアとして立体化したこのアイテム。
原型制作は原口智生氏、若狭新一氏のもと行われており、精密な造形を実現。
シルエットを崩さない自然な分割でアクションポーズが決まるようになっているだけでなく、印象的な飛行形態用の差し替えパーツが付属し、飛行形態を再現可能。さらに迫力の造形のプラズマ火球エフェクトパーツが付属し、樋口撃ちが印象的な劇中のシーンを再現可能になっています。
そしてラストバトルで見せた最終最後の技、ウルティメイト・プラズマの発射シーンを再現するために、腹部に開閉機構を搭載。差し替え無しで発射口の展開を再現することが出来ます。

DSC_0386_20190212203008f7b.jpg
フロントビュー。
頭部がやや小さくなり、肘からエルボークロ―が露出したG2ガメラの勇姿を忠実に再現。
関節の保持力も良好で甲羅は中空で軽いため、前傾姿勢にしても倒れることはありません。
手足の関節部にはカバーパーツがありジョイントを隠すようになっており自然なシルエットを実現。

DSC_0387_20190212203010b2f.jpg
リアビュー。甲羅の傷のディテールなども精密に再現されています。

DSC_0389_20190212203015ded.jpg
正面から見た図。
腹部のパーツは後述するウルティメイト・プラズマの展開のためズレることもあるので注意が必要。

DSC_0392_201902122030162f4.jpg
顔つきもG2ガメラの特徴をうまく再現していると思います。

DSC_0393_2019021220301624b.jpg
口は開閉可能で、舌も可動します。

DSC_0394_20190212203751bd9.jpg
平成ガメラといえば!のプラズマ火球を再現したエフェクトパーツが付属。
専用の支柱と台座が付属ししっかりと保持できます。かなり大きめのエフェクトで迫力満点!

DSC_0395_20190212203753704.jpg
口を開けてエフェクトを添えることでプラズマ火球発射を再現可能。
やや支柱が長く、直立させないと口に合わせづらい感じ。

DSC_0398_20190212203755395.jpg
プラズマ火球エフェクトは3mm経の穴で保持されているので、別売りの魂Stageでも保持可能。
こちらを使えば高さ調節も可能です。

DSC_0399_20190212204322af3.jpg
DSC_0400_2019021220432271e.jpg
両腕と下半身をまるまる差し替えることで、印象的な飛行形態を再現可能。
専用の支柱も付属します。
ただ、支柱がかなり短い(安定した自立のためしょうがないといえど)ので飾り方は限定される感じ。
差し替えパーツも翼の先の爪までしっかり塗り分けられており精密な出来栄え。

DSC_0401_20190212204325ee2.jpg
魂Stageの支柱三本で無理やり支えてみました。

DSC_0402_20190212204327ac0.jpg
甲羅の上部分が分割され可動するので、首をしっかりと上に向けることが出来ます。

DSC_0403_20190212204537838.jpg
レギオンの進撃を食い止めるため、復活したガメラが飛来した!
着地と同時にプラズマ火球を連射し、レギオンに炸裂させる!

DSC_0405_20190212204721c12.jpg
手足の付け根はボールジョイント接続で、可動範囲は広くなっています。

DSC_0406_2019021220472335c.jpg

DSC_0381.jpg
ついにレギオンの外殻を破壊することに成功したガメラと自衛隊。
しかし、怒りのレギオンはさらなる攻撃を見せ…!

DSC_0410_2019021220472837a.jpg
光の鞭に貫かれたガメラ。絶体絶命の危機に、ガメラは天を仰ぎ吼え…!!
地球自身のエネルギー「マナ」が、金色の光となってガメラに集まる!

DSC_0411_20190212204731bce.jpg
ガメラの腹部が開き、巨大なウルティメイト・プラズマ発射口が展開!
S.H.MonsterArtsではこのウルティメイト・プラズマ発射口の展開を差し替え無しで再現。
…ですが、通常時にズレやすかったり、ヒンジが小さいので開きにくい感じもあるのでやや扱いにくい印象。ここは差し替えでも良かった気はします。

DSC_0412_20190212204732b70.jpg
ウルティメイト・プラズマ発射口はクリアパーツに塗装で再現されています。

DSC_0413_20190212204735427.jpg
プラズマ火球を遥かに凌駕したまさに最終最後の技、ウルティメイト・プラズマ。
その威力の前についにレギオンも灰燼に帰す…!

ですが、この勝利の代償として、地球はマナを大幅に失うこととなってしまい、地球の各地で休眠状態であったギャオスの卵が一斉に活動を開始。そしてイリスの封印も綻びを見せるという結果に。
そこまでの代償を払わなくては勝てなかったレギオンの強大さが浮かび上がります。
そして、ここから始まるギャオスの活動開始とイリスの復活。
人類とガメラにとっての試練は、まだこれからなのです。

DSC_0407_20190212204725b44.jpg
というわけでS.H.MonsterArtsのガメラ(1996)でした。
やや扱いにくいですが、ウルティメイト・プラズマの差し替え無しでの展開ギミックなどはさすがバンダイと思わさせられる技術力の証。実際に展開して発射シーンを再現できる遊びの要素が用意されているのはアクションフィギュアとしてだけでなくおもちゃとしての完成度の高さを感じさせます。
また、飛行形態用の差し替えパーツや、プラズマ火球エフェクトパーツなど付属品も充実しているのが嬉しいです。もちろん可動範囲も広く、精密な造形も施されたアクションフィギュアとしての完成度の高さも絶品です。








「それじゃあ、もし人間が生態系の破壊を続けたら…?」

「ガメラの敵には、なりたくないよね」


コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
ひっそりとおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人はコメント欄や拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR