FC2ブログ

S.H.Figuarts/ウルトラマン

DSC_0707_20180131200722851.jpg
「貴様のような宇宙の掟を破る奴と戦うために生まれてきたのだ」
S.H.Figuartsから、不滅のヒーロー、ウルトラマンを紹介。
ウルトラシリーズ50周年を記念し、S.H.Figuartsにてウルトラマンシリーズが始動。
その第1弾アイテムとなったのは、もちろん初代ウルトラマン。映像のイメージを再現した体のラインと可動を両立することをテーマに、初代ウルトラマンの「ウルトラマン」第30話より使用された「Cタイプ」と呼ばれるスーツを再現した造形で発売されました。
劇中の造型を忠実に再現した造形に、広い可動範囲と体のラインが崩れない関節機構を搭載。
必殺技のスペシウム光線のエフェクトパーツが付属し、劇中シーンを再現できます。
また、別Ver.として「50th Anniversary Edition」と題し魂OPTIONACT BUILDINGのSpecial Color Ver.やバルタン星人の宇宙船も付属したセットも発売されました。

M78星雲の光の国からやってきた、不滅のヒーロー。その名はウルトラマン。
宇宙警備隊員として、怪獣墓場に護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラーを追跡して地球を訪れた祭、誤って死なせてしまった科学特捜隊のハヤタ隊員に自分の命を分け与えて一心同体となり、地球の平和を守るために戦うことを決意した彼は、地球の平和のために怪獣や宇宙人と次々に対決。
後に「ウルトラ兄弟」の次男としてその名を連ねることになる彼は、「怪獣退治の専門家」とも呼ばれるほどの熟練した技を持っていますが、同時に、罪のない怪獣はいたわり、故郷や宇宙に還す優しさも持つ、強さと優しさを兼ね備えたヒーローです。

DSC_0694_20180131200750517.jpg
フロントビュー。初代ウルトラマン特有のスマートなプロポーションを再現しています。
一方でCタイプの再現というにはやや胸板が薄い印象もあり、特定のスーツの再現というよりは最大公約数としての「ウルトラマン」のイメージを再現した、という感じがします。
関節構造は身体のラインを崩さないように配慮されて設計。
やや股関節が緩く、ポーズを保持できないほどではありませんが気になるところです。

DSC_0695_20180131200751553.jpg
リアビュー。

DSC_0697_20180131200756c4e.jpg
バストアップ。
マスクは口角が幅広い「Cタイプ」ならではの造形を再現しています。
鼻筋の横に塗装ダマ?があるのが残念。複数個体購入しましたがこれはどれも共通の模様。
目はクリアパーツで再現されています。

DSC_0698_20180131200754273.jpg
胸のカラータイマーは差し替えで点滅する赤の状態を再現可能。
かなり固く、塗装剥げにも注意が必要です。

DSC_0701_20180131200908fdb.jpg
ウルトラ戦士の頼もしさを表現した腰に手を当てたポーズがバッチリ決まります。

DSC_0703_201801312009120c0.jpg
フラッシュ・ビームが輝けばウルトラマンの活躍だ!

DSC_0706_20180131200912fc4.jpg
下半身の可動範囲も広く、片膝立ちも決まります。

DSC_0709_2018013120091283d.jpg
ウルトラアタック光線だ!

DSC_0708.jpg

DSC_0710_201801312010075e5.jpg
ウルトラスラッシュを再現したエフェクトパーツは残念ながら付属せず。
後に魂ウェブ商店限定で販売されたメフィラス星人に付属する形でフォローされました。

DSC_0714_201801312010091ba.jpg
ジェロニモン相手に使用したリバウンド光線を再現したエフェクトシートが付属します。

DSC_0715_20180131201010e96.jpg
そして十字を組んで放つ最大の必殺技・スペシウム光線!
シンプルなデザインのウルトラマンだけあって、このポーズもしっかりと決めることが出来ます。

DSC_0717_20180131201012f7f.jpg
スペシウム光線を再現したエフェクトパーツが付属し、より臨場感あるディスプレイが可能に。

DSC_0711_20180131201013d08.jpg

DSC_0716_201801312010141ec.jpg
というわけでS.H.Figuartsのウルトラマンでした。
シリーズ第1弾だけあってスーツの徹底再現とまではいかないレベルや関節の緩さなどの弱点も(今のシリーズが充実した目からすると)残念な印象。しかしリバウンド光線を再現したエフェクトシートや、スペシウム光線を再現したエフェクトパーツなど付属品は充実しており、単体で見た場合のプレイバリューは高くしあがっています。特に今はシリーズが充実し対決する怪獣も多々発売されているので、遊びがいはかなりのものですね。出来ることなら再販されてくれると(特に股関節の緩さを改善しただけでもかまわないので!)嬉しいのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
ひっそりとおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人はコメント欄や拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
23位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR