S.H.Figuarts/ウォーマシン マーク3 (シビル・ウォー)

WHOSE SIDE ARE YOU ON?

DSC_0402_20170516165135ea7.jpg
「おめでとうキャプテン。君は犯罪者だ」
S.H.Figuartsから、ウォーマシン マーク3 (シビル・ウォー)を紹介。
映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」からの商品化です。
コミックさながらの作品間の世界観の広がりやクロスオーバーで常に話題を呼び続けるマーベル・シネマティック・ユニバースに属するマーベル・コミック原作の映画シリーズ。
そのフェーズ3の先触れとなった作品「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、これまで団結してきた最強チーム・アベンジャーズが2つに別れ「内戦」を繰り広げる衝撃の展開を映像化しています。

その「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に登場するウォーマシンの新しいアーマーがS.H.Figuartsで立体化。これまで数多くのアーマーが立体化され、美麗な塗装や広い可動範囲、エフェクトパーツによるプレイバリューの高さに定評のあるS.H.Figuartsのアイアンマンシリーズ。
このウォーマシン マーク3も、これまでどおりのエフェクトパーツの付属や、ウォーマシンの新たな武装である電磁バトンが付属しており高いプレイバリューを誇ります。
魂ウェブ商店限定受注販売され2017年3月に発送されたアイテムです。

トニー・スタークの友人であるアメリカ空軍大佐、ジェームズ・”ローディ”・ローズ。
かつて死を目前とし自暴自棄になっていたトニーからアイアンマン マーク2のスーツを没収(実質的には譲り受けた形)し、それを空軍の技術力で改造したウォーマシン・アーマーを身に纏った彼は、トニーとともに世界を守るための活動を行うようになりました。

アベンジャーズにも正式に加入、ウルトロンとの戦いでも多くの敵を撃墜するなど活躍してきたローディは、強大な力を持つアベンジャーズを世界政府の管理下に置く「ソコヴィア協定」に早くから賛成の立場を取り、親友であるトニー率いるチーム・アイアンマンの側につきます。
その選択は、正義と自由、そして自分たちの責任について強い信念を持つキャプテン・アメリカやそれに共鳴するファルコンといったアベンジャーズの仲間たちとの対立・すれ違いを生んでしまい、やがてその対立はキャプテン・アメリカの親友ウィンター・ソルジャーがテロ事件の容疑者として指名手配される事件の中で、他の仲間をも巻き込んだ壮絶な「内戦」へと激化することになります。
そしてアベンジャーズの仲間同士での壮絶な戦いは、悲壮な結果を招くことになるのでした。

この戦いでローディは大きく武器をアップデートした「マーク3」アーマーを装着。
肩のミニガンを小型化かつパワーアップしたほか、電磁バトン(ウォーハンマー)を新たに搭載。
敵に回ったアベンジャーズの仲間を傷つけずに捕縛するための音波砲などの武装で内戦に挑みます。

DSC_0367_2017051616513698b.jpg
フロントビュー。
ウォーマシンのトレードマークとも言えるガンメタリックのカラーリングは健在。
スマートだったマーク2から変更され、最初のウォーマシンに近いマッシブなプロポーションです。
肩には主武装であるミニガンを搭載。

DSC_0368_20170516165138d9a.jpg
リアビュー。

DSC_0369_201705161651397e9.jpg
バストアップ。胸のアーク・リアクターはクリアパーツで再現。

DSC_0370_20170516165141133.jpg
空軍出身のローディらしい撃墜マークも精密なプリントで再現されています。

DSC_0371_201705161651422e4.jpg
マーク3にアップデートされたウォーマシンの新たな武装であるウォーハンマー。
こちらはコンセプト・アートを元に立体化されており、劇中とは多少異なったデザインに。
メタリックレッドで塗装され美麗な印象。

DSC_0377_20170516171512959.jpg
肩のミニガンは可動し前を向かせることが可能。
さらに先端に付属のマズルフラッシュエフェクトパーツを取り付けることが出来ます。

DSC_0400.jpg
交換用手首は手刀、武器持ち手、平手、エフェクトパーツ取付用手首の4種類付属。
手刀パーツを使えばローディらしい敬礼ポーズも可能です。

DSC_0373_201705161715138d2.jpg
もはや恒例のエフェクトパーツは飛行を再現する手足に装着するものと、リパルサー・レイを再現するものの二種類が付属。こちらは飛行用のエフェクトパーツを取り付けた状態。
首は大きく上を向かせることが出来るので、飛行シーンを再現できます。

DSC_0379_201705161715157be.jpg
空中で静止するポーズももちろん可能。

DSC_0380_2017051617151613e.jpg
ウォーハンマーを電子キャノンとして取り付けることは残念ながら不可能。
内蔵武器の展開などのギミックもありません。

DSC_0398.jpg
リパルサー・レイのエフェクトパーツもいつもどおりの造形。
エフェクトパーツを取り付けるときは専用の手首を使います。

DSC_0378_201705161718495c8.jpg
音波砲はかなり効果的な武装として活躍していただけに展開ギミックが欲しかった所。

DSC_0387_20170516171851b46.jpg
「悪いなキャプテン。死にはしないがちょっと痛いぞ」
ウォーハンマーを武器持ち手に持たせることが可能。

DSC_0393.jpg

DSC_0394_20170516171853076.jpg
広い可動範囲でウォーハンマーを叩きつけるポージングも可能。
手足の付け根は引き出し式関節となっており干渉を避けて可動させることが出来ます。

DSC_0395_201705161721597bb.jpg

DSC_0396_2017051617220000d.jpg
キャプテン・アメリカと激突!
新たな武装であるウォーハンマーも、ヴィブラニウムの盾の前で効果を発揮できずじまい。

DSC_0403_201705161722026a9.jpg
アイアンマン、そしてブラックパンサーと。
チーム・アイアンマンからは三人が立体化されました。
これにブラック・ウィドウとヴィジョン、そしてもう一人を加えた6人が協定賛成派であり、テロ容疑をかけられたウィンター・ソルジャーを追跡するためにキャプテン・アメリカの前に立ちふさがります。
ある者は仲間を世間の敵意から守るため、ある者は復讐のために…チーム・キャプテン・アメリカと対決するという一点で集まった彼らは、各々の信じる正義のために戦います。

DSC_0399_20170516172203d45.jpg
長年の友であり、ウォーマシンとなってからも何度も共に戦ってきたアイアンマンとは抜群のコンビネーションを見せます。しかし、仲間同士の「内戦」はこれまでの戦いとは異なる結末を迎えます。

DSC_0401_201705161722059e3.jpg
「出撃の度に、これが最後だと思って飛んできた。
だが…こんな結果になって、正直キツい」

世界を揺るがす禁断の戦いの果てに待つものとは。分裂が、破滅を引き寄せる―。

DSC_0382_20170516172206507.jpg
というわけでS.H.Figuartsのウォーマシン マーク3でした。
電磁バトンの造形が本編と異なる、内蔵武器の展開などのギミックは省略などの難点もありますが、良好な造形と広い可動範囲の両立はさすがのS.H.Figuarts。
アクションフィギュアならではの対決シーンの再現などが大きく捗ります。
エフェクトパーツなどもいつも通り付属しているので、プレイバリューは高いです。
特に今回は手持ち武器のウォーハンマーも付属するため、これまでのウォーマシンとはまたイメージが違ったディスプレイが可能。遊びがいのあるアイテムに仕上がっています。
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR