トランスフォーマー 最後の騎士王/オプティマスプライム

DSC_0137_20170507211418d4d.jpg
実写映画10周年に公開されるシリーズ第5作、「最後の騎士王」から、オプティマスプライムを紹介。
言わずと知れたオートボットのリーダーにして、自由を愛する戦士、オプティマスプライム。
しかし前作「ロストエイジ」の最後で宇宙に旅立ち消息を絶っていた彼は、「最後の騎士王」の予告編で地球に帰還したものの、長きに渡って共に戦ってきた戦友・バンブルビーに襲いかかるという謎の行動を行い、その瞳はかつて正義の為に戦っていた時の青い光ではなく紫色に輝いているなど以前とは幾分様子の異なる雰囲気に。
公式のツイッターでも「ダークオプティマス」と呼ばれる彼に、いったい何が起こったのでしょうか?

そんなオートボットなのか、ディセプティコンなのか、それとも別の勢力の軍門に降ったのか…謎の立ち位置が反映されたのか、一般販売ではなく、トイザらス限定アイテムとして登場したこのアイテム。
ボイジャークラスという手頃な大きさながら30ステップという手応えのある変形パターンで、「ロストエイジ」において姿を変えた騎士のようなスタイルを再現。
付属の剣も劇中の「テメノスソード」により近い造形となっています。

DSC_0123_201705072114209ec.jpg
DSC_0124_2017050721142168d.jpg
ビークルモードは「ロストエイジ」で再スキャンし姿を変えたウェスタンスタートレーラー。
もちろん転がし走行が可能です。

DSC_0125_201705072114237f1.jpg
DSC_0126_2017050721142438f.jpg
付属の武器を、剣は車体底面に、盾は連結器にセットしておくことが可能。
武器が余らない配慮はさすがトランスフォーマーといったところ。

DSC_0127_20170507211425392.jpg
もはやオプティマスプライムのトレードマークとも言えるファイヤーパターンは健在。
赤と青の二色の塗装で再現されています。

DSC_0128_20170507211427b57.jpg
消息を絶ち、宇宙に消えたオプティマスプライムが、混迷を極める地球に帰還する―。
しかしその様子は、かつての自由と平和を求めて戦った戦士とは明らかに異なっていた…。

DSC_0130_20170507213554444.jpg
DSC_0131_20170507213555937.jpg
ロボットモード。
ビークルモードからの変形は箱や説明書によれば30ステップと、なかなか手応えのある変形パターン。
「ロストエイジ」からの新たな姿である騎士のようなフォルムを再現しています。
背中に背負ったガワもそこまで目立つほどではなく、良好なプロポーションを実現しています。

DSC_0133_2017050721355682d.jpg
バストアップ。
前述した、今作のオプティマスの最大の特徴であろう、「目」の色は、青く塗装されており、このアイテムがオートボットの戦士である時のイメージを再現したアイテムであることがわかります。
紫色の目はセブンイレブン限定で販売される「ダークオプティマスプライム」で再現されるようで、そちらも気になるところ!

DSC_0134_2017050721355705c.jpg
映画10週年を記念して販売された「ムービー ザ ベスト」のオプティマスプライムと比較。
今回のアイテムが、騎士を思わせる姿に一新された、「ロストエイジ」以降のオプティマスのイメージを再現していることがわかります。ビークルモードの面影を残す所謂「クラシックオプティマスプライム」からイメージが一新されています。

DSC_0135_201705072135598a8.jpg
付属の武器を装備することが可能。盾は腕の5ミリジョイントに装備。

DSC_0145_20170507213600e08.jpg
剣(テメノスソード)は、背中に収納することも可能。

DSC_0146_20170507213601a19.jpg
ただ持たせるだけでなく背中に収めていた剣を取り出すイメージで遊べるのがうれしいです。

DSC_0138_201705072145572b1.jpg
変形パターンの都合もあり、腰を撚る事もできるのでポージングの幅は広いです。
手足の関節も特に制限なく動かせます。

DSC_0140_20170507214559f59.jpg
変形機構を活かせば腕を前に出すことが出来るので、盾を構えたポーズも可能。

DSC_0139_2017050721455889c.jpg
テメノスソード一閃!上腕にロール軸もありポージングしやすいです。
かつて生命の自由のために振るわれたその剣は、果たして次の戦いで何のために振るわれるのか…。

DSC_0141_201705072146007c1.jpg
公開された予告編で最もショッキングなシーンであった、戦友であるバンブルビーとの激突。
キービジュアルでもバンブルビーの破壊された体の一部を見下ろすカットが公開されています。
オプティマスが旅だった後、オートボットの代理リーダーとして地球のオートボットをまとめていたバンブルビーの前に立ち塞がるオプティマスプライム。果たして宇宙で何があったのか?
それは、本当にヒーローなのか。

DSC_0142_20170507214602e59.jpg
今回の「最後の騎士王」おもちゃの発売に合わせ店頭で配布されたシルバーテメノスソードを持たせた状態。付属のテメノスソードは短いですが、ここまでいくと今度は長すぎるかも?
しかし銀メッキに塗装が施されたその刀身は迫力満点。
塗装が剥がれそうで扱いに気を使いますが、嬉しいキャンペーンアイテムです。

DSC_0143_20170507214604510.jpg

DSC_0144_20170507214605864.jpg
というわけで最後の騎士王版オプティマスプライムでした。
まさかの店舗限定アイテムとなった今回の司令官ですが、やや複雑な変形パターンながら、「ロストエイジ」で姿を変えたオプティマスプライムのイメージをボイジャークラスで見事に再現したアイテムです。ガワ変形でありながらガワを上手く処理しており、そこまで目立つほどではないように処理しているのはお見事。「ロストエイジ」劇中のイメージを再現した武器の造形も嬉しいところです。
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR