Amazing Yamaguchi 002 Spider-man スパイダーマン

DSC_0826_20170128140613d86.jpg
「少年はようやく理解したのだ。大いなる力には大いなる責任が伴うと」
今日はAmazing Yamaguchiの第二弾として登場した貴方の親愛なる隣人、スパイダーマンを紹介。
アメコミ・キャラクターを中心に、コミック劇中のイメージを再現した造形と高いアクション性を両立したリボルテックの新シリーズ、Amazing Yamaguchi。第1弾のデッドプールが爆発的ヒットしたのも記憶に新しいこのシリーズの第二弾として、マーベルコミックでも屈指の人気キャラクターであるスパイダーマンが参戦!

コミック劇中の筋肉表現をイメージした造形に、精密なディテールを彫刻。さらに可動と保持力に定評のあるリボルバージョイントと通常のボールジョイントを併用した関節機構が合わさり、あたかもコミックの一コマのようなポージングを可能としています。オプションパーツとしてスパイダーマンの特徴であるスパイダーウェブのパーツが付属しているだけでなく、付属のスタンドの先端アームに接続できるマグネットが付属。壁や天井に張り付くスパイダーアクションを再現できる、プレイバリューの高いアイテムとなっています。

スパイダーマン=ピーター・パーカーは、偶然にも放射線を浴びた蜘蛛に噛まれたことで壁に張り付き、ケーブルの上を伝う蜘蛛と同等のパワーや怪力、周囲の危機を感知できる超能力、スパイダーセンスを得た青年。最初はそのスーパーパワーを名誉欲のために使っていた彼は、ある時自分が見逃した強盗が最愛の叔父であるベンおじさんを殺害してしまった事件を期に、「大いなる力には大いなる責任が伴う」という教訓のもと、ニューヨークで悪人と戦うヒーローとしての道を歩むことになりました。
悪との戦いでプライベートが犠牲になる、新聞には悪人と同じ、いやそれ以上の極悪人として取り上げられる、最愛の恋人を悪との戦いの中で失う…あまりにも多すぎる不運な事態に幾度となく心が折れそうになる悲しみを背負いながら、自分が持つ大いなる力に伴う責任を果たすために戦い続ける、高潔な心を持ったヒーローです。
その一方で戦いの途中でも軽口を飛ばすなど、ユーモアにも溢れた彼は人間味溢れるヒーローとして、世界中で愛されています。

DSC_0798_20170128140614ca0.jpg
フロントビュー。コミック劇中を思わせる筋肉質なフォルムが力強い印象。
全身のラインを崩さないように関節が仕込まれており、美しさすら感じさせます。

DSC_0797_20170128140616dab.jpg
リアビュー。

DSC_0800_20170128140617647.jpg
バストアップ。胸の蜘蛛のマークなども精密な造形。

DSC_0801_201701281406199c4.jpg
DSC_0802_20170128140620d17.jpg
DSC_0803_2017012814062290d.jpg
表情違いの「眼」のパーツが付属しており、差し替えで様々な表情を再現することが出来ます。

DSC_0804_20170128140624ffa.jpg
眼のパーツは片目ずつ変える事が出来るので、さらに表情豊かに。

DSC_0805_20170128140625810.jpg
ピーターお手製のウェブシューターから発射されるクモ糸、スパイダーウェブを再現したエフェクトパーツが付属。

DSC_0813_20170128143037420.jpg
一番長いスパイダーウェブパーツは軟質素材で、先端のリングにピンを通すことで輪っかになります。
様々な場所にぶら下げて遊ぶことが可能。スパイダーマンならではのプレイバリューです。

DSC_0814.jpg
さらに、付属のクリップに接続できる磁石パーツが付属。

DSC_0815_20170128143040602.jpg
これで鉄板などを用意すれば天井に張り付いたり…。

DSC_0816_20170128143042a8b.jpg
壁に張り付く、アメイジングなスパイダー・アクションを再現可能!

DSC_0806_20170128143043d98.jpg
各部関節にはリボルバージョイントが使用され、広い可動範囲と高い保持力を両立。
柔軟な動きが要求される股関節部分には通常のボールジョイントを採用する使い分けによって、スパイダーマンならではの特徴である低い体勢のポーズもバッチリときまります。

DSC_0812.jpg
専用手首でスパイダーウェブを握りぶら下がるポーズもしっかりと保持できます。


DSC_0941_20170205224038889.jpg
ウェブを引き絞るポーズもしっかりと決まります。
腕の付け根の二重リボルバージョイントがかなりの可動範囲を実現。

DSC_0943_20170205224041a46.jpg
前屈できる範囲も非常に広いです。

DSC_0819_20170128143501776.jpg
スパイダーウェブを発射する際の中指と薬指を曲げた手首ももちろん付属。

DSC_0940_20170205224037a50.jpg
足のラインが可動させても崩れない、美しい仕上がりを実現。

DSC_0821.jpg
スパイダーマンの最大の特徴であるウェブ・スイングのポーズも、広い可動範囲でしっかりと再現。
腕の付け根の二重関節パーツで腕を上げたポーズでも体のラインが途切れません。

DSC_0823_20170128143504444.jpg

DSC_0833_201701281605026c5.jpg
短いスパイダーウェブのエフェクトはウェブを発射する手首に、中間のスパイダーウェブのエフェクトは握り拳に対応しており、ポーズに応じてスパイダーウェブを使い分けることが出来ます。

DSC_0826_20170128143831762.jpg

DSC_0828_2017012814350712f.jpg
Amazing Yamaguchiの第1弾アイテムだったデッドプールと。
スパイダーマンはデッドプールのことを毛嫌いしていますが、デップーはなぜかスパイダーマンに妙に懐いており(憧れている?)、デップーが巻き起こす事件に巻き込まれるような形でチームアップすることも度々。バディを組むことが主軸のシリーズまで発刊されており、人気の高いコンビです。

DSC_0830_201701281435088eb.jpg

DSC_0831_20170128143510b47.jpg

DSC_0944_201702052240422de.jpg

というわけでAmazing Yamaguchiのスパイディでした。
非常に凝った造形と分割でポーズを付けても体のラインが崩れず、ポージングがキマるのには驚き。
コミックのような筋肉質なフォルムで、ウェブ・スイングのポーズがキマるのは非常に快感です。
フィギュアとしてのクオリティの高さもさることながら、ぶら下げられるスパイダーウェブ、壁に張り付かせることが出来るマグネットなど、おもちゃとしての遊びの要素も用意されているのが嬉しい所。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR