S.H.Figuarts(真骨彫製法)/仮面ライダーガタック ライダーフォーム

DSC_0206_20161123182435e3a.jpg
「人と人との信頼も利用するワーム…俺は絶対に許さない!」
今日はS.H.Figuartsより、新たに真骨彫製法で造形された仮面ライダーガタック ライダーフォームを紹介。
「本物感」を追求し、骨格モデルを芯に劇中同様のヒーローの姿を再現する真骨彫製法。
そんな真骨彫製法で制作される初の主人公以外のライダーとして選ばれたのは、ガタックゼクターに選ばれた「戦いの神」仮面ライダーガタック ライダーフォーム。
高速で移動するクロックアップを発動するライダーフォームの姿を忠実に立体化しており、劇中同様のプロポーションやマスクの造形などを実現。ベルトのガタックゼクターの角の可動なども差し替えパーツで再現。武器であるガタックダブルカリバーも大迫力のボリュームとシャープな造形で再現しています。

宇宙から飛来した侵略者・ワームと戦うため、秘密組織ZECTが開発した変身システム・ライダーシステム。
そのマスクドライダー計画の中心として、カブトと同じく開発されたライダーシステムこそ、仮面ライダーガタック。
35年前よりガタックへの変身を運命づけられていた加賀美新がガタックゼクターで変身します。
鎧に包まれたマスクドフォームから、装甲を弾け飛ばす「キャストオフ」で第2形態のライダーフォームに変身するガタックは、高速で移動する事が出来る「クロックアップ」能力を持ち、その瞬発力で格闘戦で活躍。
カブトに匹敵するパワーを持つその戦闘力は「戦いの神」と呼ばれるほど。
直情的な加賀美の性格から来るパワフルで豪快な戦法で次々とワームを撃退します。
必殺技は武器であるガタックダブルカリバーを合体させ鋏とし敵を捉えイオンエネルギーを放つ「ライダーカッティング」とベルトのボタンを押してパワーを開放し飛び回し蹴りを放つ「ライダーキック」。

DSC_0198_201611231603512f6.jpg
フロントビュー。スタイリッシュなプロポーションで精悍な印象を与えるガタックの勇姿を忠実に再現。
骨格モデルから造形されたそのボディは、アクションフィギュア映えする等身でありながら実際のスーツのバランスにも限りなく近づけられており、本物さながらの存在感を実現。
かつて仮面ライダーカブトに登場するライダーが商品化されていた時期のS.H.Figuartsは概ねスマートなアレンジがされており、実際のスーツと比べると過剰に細身になりがちなフシがありましたが、この真骨彫製法では骨格モデルを芯に造形する、という工程がとられていることでバランスの良いプロポーションに。
基本的にカブトのリデコアイテムですが、腹部はガタックのイメージに合わせやや細身の新造型になっています。

DSC_0199_20161123160352f89.jpg
リアビュー。カブトの赤と対をなす青いボディはメタリック塗装でその質感を十分に再現。

DSC_0200_20161123160354f70.jpg
バストアップ。マスクの造形も完全に見直されており、実際のスーツの印象に近づけられています。
複眼はクリアパーツを使用し、内部構造も造形されています。
クワガタを上から見た図を模した胸から頭部のデザインも忠実に再現されています。

DSC_0201.jpg
DSC_0202_20161123161909704.jpg
両肩にマウントした専用武器・ガタックダブルカリバーは手に持たせる時のために大きめに造形されています。
左右の色の違いもしっかりと再現。

DSC_0203_20161123161911ffe.jpg
ベルトのガタックゼクターもしっかりと塗り分けられています。

DSC_0204_2016112316191245a.jpg
交換用のバックルパーツが付属しており、取り替えることでライダーキック前の溜めを再現できます。

DSC_0205_20161123161914916.jpg
関節を動かしても身体のラインが崩れないように配慮されており、見栄えは抜群。
派手な見得を切るようなポーズも、ガタックならではの魅力。
交換用手首は平手と武器持ち手二種類の計三種類が付属。
掌の色も左右でしっかり塗り分けられています。

DSC_0207_201611231619151fb.jpg

DSC_0209_20161123162254a77.jpg
武器持ち手は新造形のものが付属しており、縦にスイングする軸がついているので、両肩のガタックダブルカリバーを掴み取るポーズも取らせることが可能になっています。

DSC_0211_20161123162256cd1.jpg
ガタックダブルカリバーは手に持たせた時のバランスを考慮して造形されており、ボリュームのある造形で迫力満点です。塗装の省略も見られず非常にいい出来。

DSC_0212_201611231622577d8.jpg

DSC_0213_201611231622591a0.jpg
ガタックダブルカリバーで闇を切り裂く!

DSC_0215_20161123162300097.jpg
さらに左右のガタックダブルカリバーをジョイント穴で組み合わせることで、必殺のライダーカッティングを決める鋏にすることも可能。もちろん刃を閉じることも出来るので、臨場感たっぷり。

DSC_0216_20161123162649f19.jpg
「ライダーカッティング!」RIDER CUTTING!

DSC_0217_20161123162651749.jpg
1.2.3. RIDER KICK!!「ライダーキック!」
ガタックゼクターを操作し必殺のライダーキックを放て!

DSC_0220.jpg
ガタックならではの飛び回し蹴り型のライダーキックも、広い可動範囲で再現可能。

DSC_0024_20161123162654076.jpg
稲妻が迸り、青き戦士の蹴撃が闇に蠢くワームを粉砕する!

DSC_0231_201611231630406c8.jpg
「お前は、甘い…」
「俺は俺にしかなれない。でもこれが…俺なんだ!」


DSC_0223_20161123163042a59.jpg

DSC_0234_2016112316304304e.jpg

DSC_0236_201611231915295e7.jpg

というわけで真骨彫製法の仮面ライダーガタックでした。
元々スマートかつスーツ感のあるプロポーションに定評のあったカブトのリデコアイテムであるため、全体のバランスなど非常にいい出来栄え。新造形された装甲やマスクの造形も非常によくなっています。単体でもガタックダブルカリバーの合体など遊びの要素があり、対応したガタックエクステンダーも3月に届くので組み合わせて遊ぶことも出来るなどプレイバリューも高いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR