ゾイド ZA(ズィーエー) ムラサメライガー

DSC_0503_201602071341292cf.jpg
今日はコトブキヤから発売されたゾイドのアクションフィギュアシリーズZAの第1弾、ムラサメライガーをご紹介。
「ZOIDS AGGRESSIVE」を意味するブランド名のZA(ズィーエー)とは、1/100スケールの手のひらサイズでフルアクションを実現、アクションフィギュアとして遊びやすさを追求したシリーズ。
その第1弾に選ばれたのは「ゾイドジェネシス」で主人公機として活躍して人気の高いムラサメライガーでした。
四肢のフル可動はもちろんのこと、頭部コクピットの開閉や前脚のパイルバンカーの可動、そして最大の特徴である背中に装備したムラサメブレードの可動・展開ギミックなどを搭載し、アクションフィギュアとして遊びがいのある可動ギミック満載のアイテムとなっています。

ムラサメライガーは背中に背負った巨大な日本刀「ムラサメブレード」を武器とするライガー系ゾイド。
その機体は非常に軽量で、ブースターなどの増設なしに、巨大なムラサメブレードを背負ってなお高速で活動することを可能としています。ムラサメブレードはエネルギーを使用せずとも厚い装甲を一刀両断できる切れ味を誇るだけでなく、基部の部分が自由に可動することによって斬撃や刺突など様々な立ち回りを可能とした優れた武装で、高い運動性と相まってムラサメライガー最大の武器となっています。
戦況に合わせ機体の形を変化、全く異なる姿に「変身」するエヴォルトというシステムを搭載していることが特徴。

DSC_0472_201602071305293ff.jpg
DSC_0474_20160207130531f5b.jpg
ムラサメライガー外観。
パッケージに梱包されている状態からしっぽとムラサメブレードを取り付けるだけで完成します。
シャープな造形と引き締まったボディラインで格闘戦用ゾイドらしい出で立ちに。

DSC_0475_201602071305325fc.jpg
サイドビュー。本体に駆動部分を搭載するという縛りもないため、腹部の造形もスマート。

DSC_0476_20160207130533d85.jpg
頭部も牙であるクラッシュバイトや鬣などシャープな造形で鋭い印象に。コックピットハッチはクリアパーツ。
鬣は可動して前脚の可動を妨げにくいように配慮されています。
デザイン的にどうしても干渉は避けられませんが…。

DSC_0477_201602071331035ca.jpg
コックピットは開閉します。

DSC_0478_20160207133104d04.jpg
もちろん口を開けることも出来るので咆哮する場面をイメージしたポージングも可能。

DSC_0479_20160207133105b4f.jpg
背中に装備したムラサメブレードの刀身は銀色で塗装され質感を高めています。
刀身に刻まれた文字も精密な造形で再現。

DSC_0480.jpg
DSC_0481.jpg
DSC_0482_201602071334337c6.jpg
DSC_0483_20160207133434630.jpg
ムラサメブレードは刀身の展開、スライドレールに沿っての可動、基部の伸長などの可動ギミックを完全再現。
展開すればかなりの迫力です!

DSC_0485_2016020713343633b.jpg
DSC_0484_20160207133437bd4.jpg
前脚に備えたパイルバンカーは可動します。

DSC_0486_20160207133439968.jpg
DSC_0487_20160207133740de4.jpg
腹部パーツは3mm経の穴が開いているものに交換して別売りのフライングベース・ネオなどに対応。

DSC_0488.jpg
気高い雄叫びを上げ、臨戦態勢に!

DSC_0500_20160207133743882.jpg
首や腹部、四肢の付け根などは引き出し式関節となっており、基部を引き出すことで可動域が広がります。

DSC_0494_20160207133744019.jpg
ストライクレーザークローを振りかぶるポーズもキマリます。

DSC_0493.jpg

DSC_0496_20160207133746926.jpg
ムラサメブレードを展開!

DSC_0492_2016020713405393d.jpg

DSC_0498_20160207134054171.jpg

DSC_0495_20160207134055fa8.jpg
通常兵装が通じないバイオゾイドを一刀両断!

DSC_0504_201602071340573da.jpg

DSC_0505_2016020713405822d.jpg
というわけでZAのムラサメライガーでした。
ゾイドらしい、野生動物のような荒々しいポージングを可能にする広い可動域、最大の特徴であるムラサメブレードの可動ギミックの再現、アクションフィギュアとして遊びやすい手のひらサイズなど、完成品アクションフィギュアとして手軽にいじりやすいアイテムとなっている…という印象。同じコトブキヤから展開されているHMMと比べ独自のデザインアレンジも控えめとなっており、アニメなどの劇中のイメージ通りのムラサメライガー、を具現化している感じがします。既に第二弾のハヤテライガーも発売が予定されているだけに、今後の展開が楽しみ。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
自分用メモを兼ねて気に入った玩具を紹介しようと試みる自己満足ブログです。基本的にこっそりひっそりと。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク希望の方はコメント欄からどうぞ。

こんなところも作りました。

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR