S.H.Figuarts/ビートチェイサー2000

DSC_0420_201602052017194bb.jpg
「五代…頼むぞ!」
今日はS.H.Figuartsから、「未確認生命体第4号」専用マシン、ビートチェイサー2000を紹介。
S.H.Figuarts(真骨彫製法)の仮面ライダークウガ マイティフォームに対応して、魂ウェブ商店限定で受注発売され2016年1月に発送されたアイテムとなっています。「仮面ライダークウガ」中盤において仮面ライダークウガの新たなる愛車として登場、活躍したマシン・ビートチェイサー2000を仮面ライダークウガと同スケールで立体化しており、真骨彫製法の仮面ライダークウガに対応したハンドルを握る手首が付属。並べて飾るだけでなく搭乗させて遊ぶことが可能です。さらに別売りの魂Stageに対応したジョイントパーツが付属しており、劇中での激しいトライアルアクションを再現するかのごとく宙に浮かせた状態で展示できます。

ビートチェイサー2000とは、ゴウラムとの融合合体により車体に金属疲労が確認されていたトライチェイサー2000に代わる未確認生命体第4号=仮面ライダークウガの専用マシンとして、科警研が開発した新たなるマシン。
未確認生命体第41号=ゴ・バダー・バとの戦闘中に限界を迎え大破したトライチェイサー2000の代わりに仮面ライダークウガ=五代雄介に託され、以後彼の新たなる愛機として活躍することになります。

ゴウラムとの融合合体を前提として開発されたこのマシンは、ゴウラムとの融合合体における車体の変形に対応するために、特殊な形状記憶合金「BT鋼」をボディの材質として採用することによって、理論上ゴウラムとの500回の融合合体にも耐える強度を確保。さらに融合合体を解除した後、ゴウラムが化石状の破片として崩壊してしまうことを防ぐために後部タンクには補給用液体金属が充填されています。
当初より未確認生命体第4号による運用を前提として開発されたため、引き出せる最高速度も常人では耐えられない時速420kmまでの加速に対応しており、未確認生命体の追跡にも効果を発揮。
ボディの色を変えるマトリクス機能などのハイテク機能はトライチェイサー2000より引き継がれており、クウガが搭乗する際は黒い車体に赤いラインの走るレッドラインと呼ばれるボディカラーとなります。

DSC_0389.jpg
DSC_0391_201602052017228a0.jpg
バイク本体。カラーリングはクウガに変身した後のカラーであるレッドラインを再現した塗装になっています。
スタンドを立てることで自立させることが可能。

DSC_0394.jpg
付属の透明なスタンドを後輪に取り付けることで、安定して自立させることが出来ます。

DSC_0407.jpg
また、魂Stageに接続するパーツが付属しており、車体下部に取り付けることが出来ます。

DSC_0395_201602052033522b4.jpg
五代雄介が自ら書き入れた「戦士」のリント文字はプリントで再現。

DSC_0401_20160205203356642.jpg
ヘッドライトとウインカー部分はクリアパーツで再現されています。

DSC_0404_201602052033583b4.jpg
クリアパーツを採用した関係でヘッドライトの黄色が若干暗い感じはありますが、なかなかのリアリティ。

DSC_0396_201602052033538f3.jpg
DSC_0397_20160205203355a6c.jpg
前部カウルに内蔵されたパトライトを展開することが可能。
やはりクリアパーツにて再現されています。

DSC_0403_20160205203654d33.jpg
暗証番号を打ち込むことでカラーリングを変えるマトリクス機能を起動させるコントロールパネルも忠実に再現。
警棒であり始動キーであるトライアクセラー=右グリップはしっかりと塗り分けられています。

DSC_0405_20160205203656024.jpg
DSC_0406_2016020520365720f.jpg
後部に備えたマフラーは上下に可動します。

DSC_0408_20160205203659822.jpg
先代マシンであるトライチェイサー2000と。
実車のベース車両は同一であり、同スケールで立体化されたS.H.Figuartsでもほぼ同サイズ。
ビートチェイサーは黒いカラーリングになったことでより締まった、戦闘的なイメージに。

DSC_0410_201602052037003ca.jpg
S.H.Figuarts(真骨彫製法)の仮面ライダークウガとツーショット!
劇中のイメージ通りの対比で、ゴ・バダー・バを迎え撃つシーンが脳裏に浮かぶよう。

DSC_0411_20160205204630651.jpg
今回、右ハンドルのみ取り外しが可能で、劇中のトライアクセラーを差し込んで起動させるイメージで遊べます。
S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダークウガに対応したハンドルを握る手首が付属しており、クウガを搭乗させる事が可能です。このハンドル握り手は、今後発売されるライジングマイティには付属するのでしょうか…?
(ライジングマイティがビートチェイサーに乗るシーン自体が非常に限られてはいますが)

DSC_0412.jpg
クウガの可動範囲を活かして、バイクのライディングポーズも可能。

DSC_0415.jpg
付属の魂Stageに接続するパーツを使えば、劇中さながらのウィリーなどを表現可能!
超高速で突撃し、前輪で未確認生命体を跳ね飛ばす!

DSC_0417_20160205204634f5e.jpg

DSC_0424_2016020520463661f.jpg
車体をターンさせ、後輪をぶつけてアタック!

DSC_0422_20160205205150ce6.jpg
劇中でクウガが見せたまさに「仮面ライダー」である激しいトライアルアクションを再現することが可能。魂Stage接続用パーツの保持力も十分で、トライチェイサーの車体もプラ製で軽いため宙に浮かせた状態でも安定してディスプレイすることが出来ます。

DSC_0414.jpg
というわけでS.H.Figuartsのビートチェイサー2000でした。
基本的には先に発売されたトライチェイサー2000とほぼ同じセット内容・遊び心地となっており、魂Stageに接続することでトライアルアクションを再現することが可能。もちろん造形や塗装は非常に精密なものとなっており、ライト部分にクリアパーツを使用するなどバイクモデルとしても完成度を高めているのが嬉しい所。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
自分用メモを兼ねて気に入った玩具を紹介しようと試みる自己満足ブログです。基本的にこっそりひっそりと。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク希望の方はコメント欄からどうぞ。

こんなところも作りました。

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
20位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR