超ロボット生命体 トランスフォーマープライム アームズマイクロンシリーズ/航空科学者 サンダークラッカー

撮影ブースを買いました。これでちょっとは撮影のセッティングが楽になるといいのですが……w

DSC_6965_20121021215010.jpg
今日はアームズマイクロンシリーズから、ディセプティコンの航空科学者、サンダークラッカーを紹介。
最新アニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマープライム」に登場するキャラクターたちがおもちゃで登場。
武器に変形する小型のトランスフォーマー・アームズマイクロンが付属しており、アームズマイクロンを武器に変形させ装備(アームズアップ)させることが出来ます。さらに複数のアームズマイクロンを集めればそれらを合体(リンク)させ、さらに巨大な武器を造り出す事が可能となっています。

そんなアームズマイクロンシリーズの店舗限定アイテムとして、メッキ仕様のメタルアームズマイクロンが付属するアイテムが登場。エディオン・ヤマダ電機・ヨドバシカメラの各店舗で限定販売されたのがこのサンダークラッカーです。スカイワープの成型色を変更し、G1以来のジェットロンそろい踏みが実現。
さらに、銀メッキ仕様のシルバーメタルバロが付属したアイテムとなっています。

サンダークラッカーはスタースクリーム・スカイワープと同型のボディを持つ、ディセプティコンの航空師団ジェットロンの一員。冷静かつ知的な存在である彼は、衝撃音波を発生する能力を持ちながら、戦場よりも研究所にいることを好んでおり、めったに前線に出ることはありません。
ディセプティコンの科学力のために全力をつくす彼は、アームズマイクロンにあらゆる攻撃を跳ね返す特殊合金をコーティング。研究所の機密情報を死守するべく攻防一体のメタルアームズマイクロンで戦います。

それではパッケージよりプロフィールを引用。

うぬぼれ屋のスタースクリームやいたずら好きなスカイワープと違い、サンダークラッカーは航空師団ジェットロンの中で冷静かつ知的な存在である。彼は衝撃音波を自由に発生できるという有効な戦闘能力を持っているが、戦場よりも研究所にいることを好むため、前線で戦うことは珍しい。時にメガトロンやショックウェーブの行為に納得出来ない事もあるが、ディセプティコンの科学力のためなら全力を尽くす。

DSC_6872.jpg
DSC_6874_20121021215009.jpg
このアームズマイクロンシリーズの特徴は、完成品の本体にシールを貼り付けることで完成すること。
というわけでまずはシールを貼り付けていない状態でのビークル・ロボットモードの写真を掲載。

DSC_6978_20121021215008.jpg
DSC_6979.jpg
シールを貼り付けた状態のビークルモード。青いボディのジェット戦闘機に変形しています。
主翼の赤ラインや尾翼の赤いライン、ディセプティコンエンブレムがホイルシールで再現されています。
元になったファーストエディション版スタースクリームから、主翼の形状が変更されており、マイクロンを取り付け可能な5ミリ穴のポイントが増設されています。プロペラントタンクみたいな感じ?
航空機に変形するTFのこだわりとして、ランディングギアもきっちり造形。

DSC_6980_20121021215007.jpg
衝撃音波を発生!高い知性が計算した最善のタイミングで放たれる音波攻撃が、オートボットを襲う!

DSC_6881_20121021221747.jpg
アームズマイクロンシリーズのもう一つの特徴、それは付属のアームズマイクロンが組み立て式キットになっていること。というわけでランナー状態を掲載。中央にはエネルゴンクリスタルを表現するクリアパーツがあります。
メタルアームズマイクロンの名の通り、銀メッキが施され金属感あふれる仕様に。
メッキの厚みで組立はしにくくなっているので、破損に注意が必要です。

DSC_6975_20121021221747.jpg
DSC_6976.jpg
シルバーメタルバロ。バッファロー型のマイクロンです。
エネルゴンクリスタルは六角形の「アタックポイントクリスタル」。属性はマッド。
シールの図版は新規で、銀メッキの輝きに紫色のシールがアクセントとなってカッコイイです。

DSC_6977.jpg
バロもなかなかバリエーションが多いアームズマイクロン。
シルバーメタルバロはシャープなデザインと銀メッキの輝きがベストマッチ。

DSC_6971.jpg
シルバーメタルバロは手裏剣型の武器に変形。銀メッキの輝きが刃の鋭さを演出しています。
Wasshoi!

DSC_6972_20121021221745.jpg
さらに手裏剣の刃を閉じればドリル型の武器に!

DSC_6981.jpg
翼のジョイントにバロを装備(アームズアップ)させることが可能です。

DSC_6945_20121021221833.jpg
DSC_6948.jpg
ロボットモード。戦闘機から変形するとは思えない細身のプロポーションを見事に再現。
つま先やかかともしっかり造形されているため自立もしやすくなっています。
つま先や、胸の黒のラインはホイルシールで再現。青いボディはメタリック調の成型色でカッコイイです。

DSC_6950_20121021221832.jpg
バストアップ。角は軟質素材のため、開けるとクセがついていることも……。
元がスタースクリームとして造形された型だけあって、大胆不敵な表情。

DSC_6951.jpg
手足の付け根、肘、膝、首と一通りの関節が可動。手足の付け根はボールジョイント。
手足には横回転のロール軸もあるのでポージングの幅が広いです。

DSC_6965 (2)
肘と膝は90度曲げることが可能。
つま先とかかとの位置を調節すれば足を開いた大胆なポージングでもしっかり自立します。

DSC_6953.jpg

DSC_6955.jpg
ファーストエディション版スタースクリームが腕に装備していたミサイルを、サンダークラッカーに取りつけることも可能。基本的に同型ならではのお遊びですw

DSC_6961.jpg
背中のノズルを上げることで、背中に手裏剣に変形したバロを武装(アームズアップ)することが可能。

DSC_6960.jpg
個人的には上下逆にアームズアップしたこの状態がお気に入り。

DSC_6962_20121021221918.jpg
腕のパーツを動かすと5ミリ径の穴があり、そこにバロをアームズアップさせることも出来ます。

DSC_6964.jpg
衝撃音波をメタルアームズマイクロンで増幅!攻防一体のアームズアップで研究所を死守せよ!

DSC_6982.jpg
DSC_6969.jpg
ファーストエディション版スタースクリーム、そしてスカイワープと並べて航空師団ジェットロン集結!
三者三様の個性を持つジェットロン。オートボットを空から襲う、ディセプティコンの主戦力だ!

DSC_6967_20121021221943.jpg
というわけでサンダークラッカーでした。
元になったファーストエディション版スタースクリームが、可動・変形共にハイレベルなアイテムだっただけに、リデコアイテムのこちらも優秀。新規パーツでアームズマイクロンとの連動あそびが楽しめるようになり、さらにプレイバリューが増大。シルバーメタルバロは手裏剣やドリルの鋭いイメージを銀メッキでより強調しており、単なるリカラーを超えた魅力を持ちます。そしてジェットロン3体が揃うのもなかなか嬉しいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
自分用メモを兼ねて気に入った玩具を紹介しようと試みる自己満足ブログです。基本的にこっそりひっそりと。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク希望の方はコメント欄からどうぞ。

こんなところも作りました。

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR