ULTRA-ACT/グリッドマン

マイトガインだったりグリッドマンだったりと今年のバンダイはまるで93年のタカラみたいですね。

DSC_6700.jpg
「戦闘コードを打ち込んでくれ!アクセスコードは『GRIDMAN』!!」
今日はULTRA-ACTより、夢のヒーロー、電光超人グリッドマンを紹介。
1993年に放送された円谷プロダクション創立30周年記念作品「電光超人グリッドマン」よりグリッドマンが、これまでウルトラシリーズのヒーローを立体化してきたULTRA-ACTで待望のフルアクションフィギュア化。
ULTRA-ACTならではの広い可動範囲やエフェクトパーツで様々なシーンを再現できます。さらに、グリッドマンの特徴であるアシストウェポンとの合体も考慮された設計になっており、今後の展開も期待です。

異次元世界・ハイパーワールドより脱走した魔王カーンデジファー。
我々の世界におけるコンピュータの中の世界、コンピュータ・ワールドに逃げ込んだ彼は、コンピュータ・ワールドを支配することで、この地球をも征服しようと企んでいました。コンピュータ・ワールドの異変に気づいた中学生、直人・一平・ゆかの三人は、カーンデジファーを追ってきたハイパーエージェントと出会います。
ハイパーエージェントは一平の描いたCGの姿に乗り移り、電光超人となります。
そして、直人と一体化することでコンピュータ・ワールドにグリッドマンとして実体化。
カーンデジファーがコンピュータオタクの中学生・武史を意のままに操りコンピュータ・ワールド上に生み出す怪獣に、グリッドマンは一平やゆかのサポートを受けながら敢然と立ち向かいます。


DSC_6633.jpg
フロントビュー。ウルトラヒーローとはまた異なる、プロテクターを纏ったようなデザインを忠実に立体化。
マスク部分の原型は、放送当時のスーツの造形を担当した人が造形しているとのこと。まさに本物!?
最近のULTRA-ACTらしく、スーツ部分まで塗装が施された質感十分の仕上がり。
胸部などにはクリアパーツが使用されています。

DSC_6635.jpg
リアビュー。

DSC_6637_20121013191252.jpg
交換用手首3種類6個が付属。さらに、必殺技・グリッドビームを再現したエフェクトパーツや、アシストウェポン・プラズマブレード、バリアシールド、そして電光雷撃剣グリッドマンソードが付属しています。

DSC_6641.jpg
可動に定評のあるULTRA-ACTでのリリースということもあり、非常によく動きます。
下腕や太ももなど、プロテクター部分はロール軸が仕込まれており、細かい動きにも対応可能。
ただし、何故か腰の関節は固定されており、そこだけは残念かも?今後の合体をしっかり保持するための処理だったりすればいいのですが……?

DSC_6645_20121013194326.jpg

DSC_6642_20121013191251.jpg
ファイティングポーズもバッチリキマリます。

DSC_6649_20121013193147.jpg
腰の後ろには別売りの魂Stageの支柱を差し込める穴が開いており、ダイナミックなポージングでのディスプレイが可能に。炸裂!超電導キック!

DSC_6652.jpg
左腕のグラン=アクセプターのパーツを取り外し、そこに付属のグリッドビーム再現用エフェクトパーツを取り付けることが可能。エフェクトパーツはクリア成型に塗装が施され、光線の輝きを再現。
かなりシャープな造形であるため取り扱いには注意が必要です。

DSC_6659.jpg
「グリッドォ……ビィームッ!!」

DSC_6657.jpg

DSC_6661.jpg
武器持ち手が二種類付属しており、付属のアシストウェポンを装備することが可能。
まずはバリアーシールドを装備!

DSC_6663_20121013193146.jpg
さらにプラズマブレードを装備だ!プラズマブレードの刀身にはメッキが施され、キラリと輝きます。

DSC_6667_20121013193232.jpg

DSC_6670.jpg

DSC_6671_20121013193232.jpg
剣と盾を備えたポージングも広い可動範囲でバッチリキマリます。

DSC_6669_20121013193231.jpg
そして、プラズマブレードとバリアーシールドを一つに……!

DSC_6674_20121013193231.jpg
電光雷撃剣・グリッドマンソードの完成だ!
ULTRA-ACTではグリッドマンソードを別に用意することで見栄えのいい造形を実現。
もちろん刀身にはメッキが施され輝きを再現しています。

DSC_6678.jpg
残念ながらグリッドマンソードを変形させたサンダーアックスは付属していません。

DSC_6688.jpg

DSC_6690.jpg

DSC_6685.jpg

DSC_6697_20121013193310.jpg
グラン=アクセプターを掲げたおなじみのポーズもバッチリと。

DSC_6701_20121013193310.jpg
「アクセス・フラーッシュ!」

DSC_6702_20121013193309.jpg
というわけでULTRA-ACTのグリッドマンでした。
塗装やクリアパーツの使用による質感十分の見栄え、腰以外の箇所の広い可動範囲、そして記事では触れませんでしたが、今後の合体を想定したジョイントの存在などなど、非常に出来は良好。
このグリッドマン(の前に、アンドロメロスも?)の登場で、ULTRA-ACTで商品化される範囲はウルトラヒーローだけでなく、円谷プロ作品全体に広がったようで、今後の展開にさらなる期待がもてますねっ!

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
自分用メモを兼ねて気に入った玩具を紹介しようと試みる自己満足ブログです。基本的にこっそりひっそりと。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク希望の方はコメント欄からどうぞ。

こんなところも作りました。

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
20位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR