S.H.フィギュアーツ/マグナギガ

DSC_6388 (2)
今日はS.H.フィギュアーツから、圧倒的な火力と装甲を併せ持つ鋼の猛牛、マグナギガを紹介。

仮面ライダーゾルダと契約を結んだバッファローのモンスター、マグナギガ。
武器庫の如き多くの火器を厚い装甲で覆った鋼の巨人というべき威容を誇る、パワフルなミラーモンスターです。
動きは鈍重ながら、それを補って余りある6000APもの攻撃力を誇り、その鋼の装甲はゾルダの体をあらゆる攻撃や熱風から守る盾となります。

そんなマグナギガがついにS.H.フィギュアーツで登場。その巨体をボリュームある造形とメタリック塗装で完全再現。さらにボディを分解し、別売りの仮面ライダーゾルダが装備できる各種武器へと変形させることが可能です。
魂ウェブ商店で2012年5月8日から7月5日までの期間、受注販売されたアイテムです。

DSC_6382_20121007211712.jpg
マグナギガ・フロントビュー。重厚なフォルムを精密な造形で完全再現。
メカニカルなデザインをシャープな造形でかっちり表現しています。グリーンのボディはメタリック塗装で再現。

DSC_6384_20121007211712.jpg
リアビュー。

DSC_6385.jpg
バストアップ。顔の部分に至るまで塗装は丁寧に施されています。

DSC_6386.jpg
ゾルダのカードデッキの紋章がプリントされた特製魂Stageが付属しています。
支柱はACT-4仕様。

DSC_6387.jpg
手足の付け根や肘、膝、首といった各部関節が可動。
劇中では召喚されてもほとんど動いた覚えがありませんが、おもちゃならではのポージングが可能に。

DSC_6394.jpg
左手のクローも開閉。

DSC_6389.jpg
さらに胸のハッチやクロー内部のミサイルポッドを展開、足のキャノン砲を前に向けることでファイナルベント「エンドオブワールド」時の全弾発射態勢を再現可能。
ミサイルの一つ一つまで塗り分けられた、精密な出来栄えが嬉しい!

DSC_6391.jpg

DSC_6388.jpg

DSC_6395_20121007212612.jpg
「ADVENT」
「アドベント」のカードをマグナバイザーに装填!マグナギガを召喚せよ!

DSC_6397_20121007212612.jpg
契約者であるゾルダとのツーショット。ゾルダとマグナギガとの身長差を見事に再現。
Web限定アイテムならではのマグナギガの大ボリュームが嬉しい!

DSC_6398.jpg
「STRIKE VENT」
このマグナギガには仮面ライダーゾルダに付属するマグナバイザーに装填できるフィギュアーツサイズのアドベントカードが2枚付属。ゾルダに付属していなかった「ガードベント」「ストライクベント」のカードが補完されました。

DSC_6399_20121007212704.jpg
マグナギガはボディを分解し、ゾルダの武器に変形させることが可能。
頭部は「ストライクベント」・ギガホーン。両腕は「シュートベント」・ギガランチャー。
胸部は「ガードベント」・ギガアーマー。脚部は「シュートベント」・ギガキャノンになります。

DSC_6400.jpg
2つのシュートベント・ギガランチャーとギガキャノンはゾルダにも付属していましたが、このマグナギガが変形するシュートベントはより大型化しています。まずはギガランチャーの比較。
ゾルダ付属のもの(手前)と比べると、全体的にボリュームアップ。

DSC_6401.jpg
ギガキャノンの比較。ゾルダ付属のもの(手前)と比べると一回り以上大きくなっており、大迫力。

DSC_6402.jpg
ギガランチャーをゾルダに装備。
ゾルダ付属のギガランチャーも劇中の印象を再現した大ボリュームの造形でしたが、このマグナギガの両腕を変形させたギガランチャーはより大きくなり、オーバースケールな感はありますがすごい迫力です!
足首がダイキャスト製であるゾルダ、この大きさのギガランチャーを構えても問題なく自立します。
ちなみにギガランチャーを手に持たせる時はグリップ部分を専用パーツに交換します。

DSC_6405_20121007212703.jpg
静かに、そして慎重に。標的に狙いを定めた深緑の射手の砲撃が火を噴く……!

DSC_6404_20121007212742.jpg

DSC_6407.jpg
ギガキャノンは背中のジペット・スレッドを取り外し、そこに装着します。
ゾルダ付属のギガキャノンよりも格段に大きくなっており、すごい迫力であると同時に自立も難しくなります。
それを補うべく、ギガキャノンに魂Stageの支柱を接続できる穴が開いており、接続することで安定して自立。

DSC_6409_20121007212741.jpg

DSC_6410.jpg
ガードベント・ギガアーマー。

DSC_6411.jpg
ギガアーマーは内部に収納されたパイルバンカーを展開することができます。

DSC_6412.jpg
ギガランチャーをギガアーマーの発射台にするシーンも再現可能。

DSC_6414.jpg
また、ギガアーマーの裏のグリップ部分をゾルダの手に持たせることも可能。
パイルバンカーは展開した状態で自立できるジョイントパーツも付属しており、バンカーの先端に装着できます。

DSC_6416_20121007212847.jpg
ストライクベント・ギガホーン。マグナギガの頭部に付属のグリップパーツを接続することでゾルダに装備できます。印象の薄い武器ですが、マグナギガの角がシャープでなかなかカッコイイ!

DSC_6418.jpg

DSC_6417.jpg

DSC_6419.jpg
「こういうゴチャゴチャした戦いは好きじゃない」
「FINAL VENT」

「ファイナルベント」のカードをマグナバイザーに装填。
必殺技・エンドオブワールドを放て!

DSC_6420.jpg
マグナギガの腰の後ろにあるマグナバイザーとの接続口も再現されており、ファイナルベントのシークエンスを完全再現できます。

DSC_6424.jpg
マグナギガと接続したマグナバイザーの引き金を引くことで、マグナギガの体内に備わる全ての砲門よりありったけの砲弾が撃ち出される!これが仮面ライダーゾルダのファイナルベント・エンドオブワールドだ!
辺り一面を一瞬のうちに吹き飛ばす威力を持つ、劇中でも屈指の派手さを誇る大技。
マグナギガの強固な装甲は自ら放つこのエンドオブワールドの衝撃からゾルダを守る盾としても機能します。
深緑の射手が放つ最後の一撃が、世界を灰塵に帰す……!

DSC_6426.jpg
というわけでフィギュアーツのマグナギガでした。
名作おもちゃ・R&Mシリーズを思わせるボディを武器として分割出来るギミックのプレイバリューの高さはさすがのもの。さらにフィギュアーツならではのシャープな造形や美しいメタリック塗装で、見栄えもプレイバリューも良好な秀作アイテムに仕上がっています。ミラーモンスターは今後も魂ウェブ商店限定アイテムとなりそうですが、これからの展開にも期待が持てる出来栄えですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相互リンクの件ありがとうございました。

マグナギガは素晴らしい出来でしたね。

実際R&Mと比べて少し大型化されてたので驚きましたw

分離変形もしっかりしてましたし。
高い出費を出した甲斐がありました・・・(泣)

エンドオブワールドは原作でもかなり印象的な技でしたよね。ドラゴンナイトではこのFVでキャモ(ベルデ)をベントしたのにびっくりでした。

Re: No title

>就活エクストリームさん

こちらこそ、これからもよろしくお願いします~。

マグナギガ、web限定アイテムならではのボリュームと高いクオリティでしたね~。
R&Mシリーズのノウハウを活かして、更に進化したものに仕上げてくれたと思います。

ドラゴンナイトはまだ未見なのですが、ベルデがまさかエンドオブワールドでやられているとはw
今度見てみようかな……w
FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
こっそりひっそりと再起動するおもちゃブログ。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクしてあげてもいいかなって思ってくださった人は拍手欄で知らせてくれるとうれしいです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
17位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR