ULTRA-ACT/ティガダーク

DSC_5322_20120911200300.jpg
「たとえ人の心から、闇が消える事が無くても僕は信じる……!
人間は……自分自身で光になれるんだ!」

今日はULTRA-ACTから、黒き闇に染まりし光の巨人本来の姿、ティガダークを紹介。
映画「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」に登場したウルトラマンティガの本来の姿、ティガダークもULTRA-ACTで登場しています。ULTRA-ACTオリジナル設定による光線技を再現したエフェクトパーツが付属した、遊び心ある仕様で登場しており、広い可動範囲で劇中でのアクションポーズをキメることができます。

3000年前の超古代文明において、闇の力に取り込まれてそのパワーを身に付けた4人の闇の巨人。
その中でも最強の闇の巨人であったティガダークこそ、ウルトラマンティガの本来の姿。
しかし、正義に目覚め再び光を取り戻したティガダークは、他の巨人との戦いの中で光の力を獲得していき進化、我々の知るウルトラマンティガとなり闇の巨人を超古代遺跡・ルルイエに封じ込めることに成功します。
しかし現代において、ルルイエの封印が解かれたことで3人の闇の巨人が復活。
ティガ=マドカ・ダイゴに再び闇の力を与え、自分たちの仲間として共に世界を滅亡に導こうと誘う闇の巨人たちに対し、ダイゴは超古代からの因縁を断ち切るため、そして世界の滅亡に対して人として出来る事を最後まで貫くために、戦うことを決意。黒いスパークレンスによって闇の力を開放、ティガダークへと変身するのでした。
闇の力をその身にまとうティガダークですが、ダイゴはその闇を否定し、心に光を宿したまま変身しています。
しかしそれゆえ、力を十分に使いこなせず闇の巨人たちの戦いでは苦戦を強いられます。

DSC_5290.jpg
フロントビュー。黒とガンメタリックを基調とした闇の巨人の勇姿をスマートなプロポーションで再現。
やや塗装精度が悪く、膝を曲げると露出する部分の塗装が剥げていたりするのが残念。

DSC_5291_20120911200259.jpg
リアビュー。

DSC_5294.jpg
バストアップ。顔やプロテクターの色がもうちょっと暗かったらイメージ通りだったかも?
カラータイマーや瞳はクリアパーツで再現。

DSC_5295.jpg
カラータイマーは交換用パーツと差し替えてエネルギーの切れた赤い状態を再現できます。

DSC_5297.jpg
素早く投げる連続光弾・ハンドスラッシュを再現したエフェクトパーツ付き右手首が付属。
光弾の色はマルチタイプ付属のものと異なり、赤色に。
映画劇中ではティガダークが光線技を使用することはなかったため、このハンドスラッシュと後述するゼペリオン光線のエフェクトパーツはULTRA-ACTオリジナル設定。パッケージによれば円谷プロ公認設定だそうです。

DSC_5299.jpg
もしダイゴがティガダークの闇の力を肯定していれば、その力を使いこなしティガダークも光線技を使うことができたのかも……?などと、想像の余地を膨らませてくれる遊びココロのある付属品です。

DSC_5301_20120911202922.jpg
光線技をチャージするシーンを再現するスパークエフェクトが付属。
カラータイマーと差し替えることで、ゼペリオン光線をチャージするイメージでディスプレイできます。
このスパークエフェクトは別売りのウルトラマンティガ(マルチタイプ)にも装着可能。
装着した写真はマルチタイプの記事でどうぞ。

DSC_5313.jpg
腕をL字に組み、ゼペリオン光線発射!
ACTでの再現は、まだプロテクターの差し替えなどが確立されていなかった頃のアイテムであるため、プロテクターと腕が干渉してやや厳しい感じ?

DSC_5314.jpg
さらにゼぺリオン光線の光を表現したエフェクトパーツが付属。
右手首をいったん取り外し、装着します。
マルチタイプのゼペリオン光線の白い光と異なる、赤い光の光線。
前述した通り円谷プロ公認のULTRA-ACTオリジナル設定ですが、非常に美しい仕上がりです。

DSC_5316_20120911202921.jpg

DSC_5332.jpg
全身の関節が可動し、様々なポージングが可能。肘や膝は二重関節。
ですが、関節部分の塗装は動かしていると剥げることがあるので要注意です。

DSC_5329.jpg
「何を驚いているの?それが本当のあなた。
3000万年前、私達と一緒に世界を滅ぼした。それがダイゴ、あなたの姿なのよ」

都市を襲うシビトゾイガーの群れの前に、黒いスパークレンスによって再び変身したダイゴ!
しかし、その姿はかつてのウルトラマンティガと異なる、黒い姿………!

DSC_5318.jpg
泣き叫ぶ少女に手を差し伸べようとする黒いティガ。だが、脳裏に少女の悲鳴が響いた時、ティガの体は抑え切れない衝動に襲われ、少女へと向けた拳を振り下ろす………!
しかし、ゾイガーの襲撃も、少女へのティガダークの暴走も、全てはダイゴの心を揺さぶろうとする闇の巨人カミーラの見せた幻影に過ぎなかったのでした。

DSC_5317.jpg
交換用手首はマルチタイプと同じく、交換用手首として平手、手刀、ハンドスラッシュ用手首などが付属。
手刀パーツを使うことで基本ファイティングポーズも再現できます。

DSC_5319_20120911203052.jpg
股関節の付け根は引き出し式関節で可動範囲が広くなっており、キックポーズも可能。

DSC_5320_20120911203051.jpg
人間が宿す光を信じ、十分に力を発揮できないまま闇の巨人との戦いに挑むティガダーク!
その死闘の中で、ティガダークは闇の巨人の力を光と変え、光を取り戻していく……!

DSC_5330_20120911203051.jpg
というわけでULTRA-ACTのティガダークでした。
基本的にはマルチタイプと同じく、豊富なエフェクトパーツや広い可動範囲で遊びの幅は広く、プレイバリューはかなり高いアイテムです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
自分用メモを兼ねて気に入った玩具を紹介しようと試みる自己満足ブログです。基本的にこっそりひっそりと。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク希望の方はコメント欄からどうぞ。

こんなところも作りました。

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR