S.H.Figuarts/アイアンマン マーク3

DSC_0314_20161125164255fe8.jpg
今日はS.H.Figuartsから、アーマーを着て戦う億万長者にして天才発明家、アイアンマン マーク3を紹介。
映画「アイアンマン」からの商品化です。
コミックさながらの作品間の世界観の広がりやクロスオーバーで常に話題を呼び続けるマーベル・シネマティック・ユニバースに属するマーベル・コミック原作の映画シリーズ。映画「アイアンマン」より始動したこのユニバースは作品が公開される度に驚きと好評をもって迎えられています。

そんなマーベル・シネマティック・ユニバースにおける中心人物、トニー・スターク=アイアンマンの歴代スーツを立体化する「ホール・オブ・アーマー」プロジェクトがS.H.Figuartsで始動。第1弾のトニー・スタークに続き商品化されたのは、初めて実戦に投入され「アイアンマン」と呼ばれた最初のアーマー、マーク3。
好評を得た引き出し式関節による広い可動範囲やエフェクトパーツでマーク3の勇姿を再現しています。

天才技師にして、世界的な企業スターク・インダストリーズの社長である大富豪、トニー・スターク。
戦地にて武装集団に誘拐され、自分の会社が開発した兵器が武装集団によって使われ世界に混乱を招いていることを知った彼は、ありものの材料でパワードスーツを作り脱出。兵器の現実を見たことで、武器を作ってしまった者の責任として世界の平和を守ることが使命と感じた彼は持てる財産と才能をハイテクアーマー開発につぎこみアイアンマンとなりました。テロ活動との戦いで初めて実戦に投入されたアーマーがこのマーク3。
試作品であるマーク2の開発でノウハウを得たリパルサー・レイによる攻撃や超高速飛行をそのままに、超高度における凍結を防ぐべく装甲を金とチタンの合金にすることで解決したこのアーマーは、内蔵された数々の火器による攻撃力と戦車砲の直撃に耐える防御力、そしてジェット飛行による機動力を実現。
トニーの持つホットロッドから着想を得た赤と金のカラーリングをトレードマークに、テロ活動と戦います。

続きを読む

S.H.Figuarts(真骨彫製法)/仮面ライダーガタック ライダーフォーム

DSC_0206_20161123182435e3a.jpg
「人と人との信頼も利用するワーム…俺は絶対に許さない!」
今日はS.H.Figuartsより、新たに真骨彫製法で造形された仮面ライダーガタック ライダーフォームを紹介。
「本物感」を追求し、骨格モデルを芯に劇中同様のヒーローの姿を再現する真骨彫製法。
そんな真骨彫製法で制作される初の主人公以外のライダーとして選ばれたのは、ガタックゼクターに選ばれた「戦いの神」仮面ライダーガタック ライダーフォーム。
高速で移動するクロックアップを発動するライダーフォームの姿を忠実に立体化しており、劇中同様のプロポーションやマスクの造形などを実現。ベルトのガタックゼクターの角の可動なども差し替えパーツで再現。武器であるガタックダブルカリバーも大迫力のボリュームとシャープな造形で再現しています。

宇宙から飛来した侵略者・ワームと戦うため、秘密組織ZECTが開発した変身システム・ライダーシステム。
そのマスクドライダー計画の中心として、カブトと同じく開発されたライダーシステムこそ、仮面ライダーガタック。
35年前よりガタックへの変身を運命づけられていた加賀美新がガタックゼクターで変身します。
鎧に包まれたマスクドフォームから、装甲を弾け飛ばす「キャストオフ」で第2形態のライダーフォームに変身するガタックは、高速で移動する事が出来る「クロックアップ」能力を持ち、その瞬発力で格闘戦で活躍。
カブトに匹敵するパワーを持つその戦闘力は「戦いの神」と呼ばれるほど。
直情的な加賀美の性格から来るパワフルで豪快な戦法で次々とワームを撃退します。
必殺技は武器であるガタックダブルカリバーを合体させ鋏とし敵を捉えイオンエネルギーを放つ「ライダーカッティング」とベルトのボタンを押してパワーを開放し飛び回し蹴りを放つ「ライダーキック」。

続きを読む

S.H.Figuarts/ゾフィー

DSC_0099.jpg
「ウルトラマン、そんなにも地球が好きになったのか…」
今日はS.H.Figuartsから、ウルトラ兄弟の長兄にして宇宙警備隊隊長、ゾフィーを紹介。
ウルトラシリーズ50周年を記念し、S.H.Figuartsにてウルトラマンシリーズが始動。
映像のイメージを想起させる美しい体のラインと可動を両立するこのシリーズに、早くもゾフィー兄さんが参戦。
シリーズの特徴である映像作品の徹底的な再現を目指した左右非対称の造形に広い可動範囲を兼ね揃え、M87光線のエフェクトパーツやベーターカプセルなどのオプションパーツで様々なシーンを再現可能。ウルトラマン第39話「さらばウルトラマン」に登場したゾフィーの姿をベースに、徹底的な再現が図られています。

指導力と行動力に優れた宇宙警備隊隊長にして、伝説の「ウルトラ6兄弟」の長兄として勇名を轟かせるウルトラ戦士、ゾフィー。87万度の威力を誇るM87光線を必殺技として持つ戦士です。
地球にとどまって戦い続けたことはないものの、弟のピンチや人類の危機には幾度となく駆けつけそのリーダーシップでウルトラ兄弟を導き、数々の危機を乗り越える活躍を見せました。そして怪獣頻出期を超え平和を謳歌していた地球を、遠宇宙から見守り続けており、密かに侵略を目論む異星人から地球を守り続けていました。

続きを読む

S.H.Figuarts/仮面ライダーアマゾンオメガ

OPEN YOUR AMAZONS.

DSC_0191_201611231034049b3.jpg
「守りたいものは守って、狩りたいものは狩る。人でもアマゾンでも。
ぼくが狩るのはアマゾンだけとは限らないってことだ!」

今日はS.H.Figuartsから、アマゾン。それは内なる野性。仮面ライダーアマゾンオメガを紹介。
Amazon.co.jp限定版も存在しておりそちらは変身時の蒸気を再現したエフェクトパーツが付属するというもの。

Amazon.co.jpが行っている動画配信サービス、Amazonビデオ。
その国産ドラマ第1弾として制作された作品が「仮面ライダーアマゾンズ」です。
地上波で流すことを想定してないゆえのバイオレンス描写、謎が謎を呼ぶストーリーが話題になりました。
その主人公ライダーの1人が、この仮面ライダーアマゾンオメガ。
カラーリングこそかつての仮面ライダーアマゾンから継承されていますが、デザインはむしろ平成ライダー的なそれであるというデザインの妙を、このS.H.Figuartsでも完全再現しています。

水澤家の養子であり、難病を患っているという理由からその室内の狭い世界から一歩も出ずに過ごしてきた青年、水澤悠。しかしある日、彼は普段の日課となった投薬を中断したことからか、自分の内側から抑えきれない殺戮衝動を感じるようになり、その高ぶりとともにトカゲのような姿の怪人・素体アマゾンに変身してしまいます。
素体アマゾンとなった彼は街に4000体解き放たれたという人喰い怪人・アマゾンの一匹を倒してしまうのでした。
その後変身ベルト・アマゾンズドライバーを入手、仮面ライダーアマゾンオメガに変身できるようになり、自分が人間ではなく投薬によって覚醒を抑制されていたアマゾンであるということを知った彼は、人間でない自らの居場所を見つめるべくアマゾン駆除を目的としている駆除班の一員となり、人喰いの本能によって人間を襲うアマゾンとの戦いに身を投じることになり、その中で自分の中の戦いを喜ぶ本能にも直面していきます。
そして戦いの中で人喰いの本能に目覚めていない穏健派のアマゾンと出会い彼らと同調するようになってからは、アマゾンであるという理由で人間に狩られる側となる彼ら穏健派のアマゾンを守ることを自らの居場所と見定め、未覚醒のアマゾンたちとともに人間たちの前から姿を消しました。

続きを読む

S.H.Figuarts/ゼットン

DSC_0456_20161028131751c97.jpg
「ゼットン…」
今日はS.H.Figuartsより、ウルトラマンを倒した超強豪怪獣、宇宙恐竜ゼットンを紹介。
ウルトラシリーズ50周年を記念し、S.H.Figuartsにてウルトラマンシリーズが始動。
ウルトラヒーローだけでなくウルトラ怪獣もラインナップしていくこのシリーズに、早くもあのゼットンが参戦。
シリーズの特徴である映像作品の徹底的な再現を目指した左右非対称の造形に広い可動範囲を兼ね揃え、さらに劇中を再現する光線技のエフェクトパーツも付属した、ゼットンのアクションフィギュアの決定版となっています。

宇宙恐竜ゼットンはウルトラマン第39話「さらばウルトラマン」に登場した怪獣。
地球侵略を目論んだゼットン星人が切り札として用意していた侵略兵器で、科学特捜隊によって倒されたゼットン星人の断末魔の叫びに呼応するかのごとく現れ科学特捜隊基地を破壊しようと活動しました。
それを阻止するため現れたウルトラマンの放つあらゆる攻撃をものともしない強靭な肉体を持ち、格闘戦においてもウルトラマンを圧倒。ウルトラマンの持つ最強の攻撃であるスペシウム光線すら吸収し、逆に光線を放つことで完全にウルトラマンを打倒した、圧倒的な実力を持つ怪獣です。
顔からは1000000000000度の火球を放ち、バリアーを張ることで相手の攻撃を防ぐ防御力も備えています。
またテレポート能力も持っており、この能力でウルトラマンを翻弄しました。
初めてウルトラマンを完全に敗北に追い込んだことから最強怪獣の一角として広く認知されており、後年のシリーズにおいても常に最強格の扱いをされている、まさにウルトラ怪獣界の横綱です。

続きを読む

FC2カウンター
現在の閲覧者数
プロフィール

すとれーと

Author:すとれーと
自分用メモを兼ねて気に入った玩具を紹介しようと試みる自己満足ブログです。基本的にこっそりひっそりと。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク希望の方はコメント欄からどうぞ。

こんなところも作りました。

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
24位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR